4月19日(日) 2009 J2リーグ戦 第9節
鳥栖 0 - 1 熊本 (13:03/ベアスタ/6,527人)
得点者:44' オウンゴ-ル(熊本)


今季初めての鳥栖との対戦。九州ダービー第2戦ということで、熊本からも大勢の赤いサポーターが駆け付け、アウェーのゴール裏を染め、中継画面からもはっきりと分かるくらいの圧倒的なコールを響かせます。われわれはこの日、ダービーという“意地”よりも更に強く、この試合での“勝敗”にこだわる気持ちが上回っていました。同じ2勝2分4敗で並んだ11位と12位。今日の勝敗がはっきりと互いの順位を分かつのはもちろんなのですが、ここ2戦、内容は伴っているものの勝ち点3という“果実”をもぎ取っていないなか、熊本としてはなんとかこの一戦で勝利して、中位戦線に喰らいついていきたい。最下位・横浜とは1試合以上の差があるものの、その上とはまだわずか勝ち点3の差しかない。負ければその下位の混戦にも呑み込まれかねない状況。加えて、前節書いた「掴みかけているようで確信までには至っていない今期の熊本の新しいサッカーの“強さ”」。それをなんとか早く実感したいというファンの気持ちそのものでした。

一方の鳥栖にも人一倍この試合に掛けるものがあったはずです。東京Vとの前節、開始早々の相手選手の一発退場によって、ほぼ90分間数的優位で戦ったにもかかわらず、2失点のうえ完封負けを喫した。その不甲斐なさを挽回する。この一戦に向けたその“余分な”モチベーションに、熊本は手こずることになりました。

鳥栖は昨年の草津(大宮からのレンタル)の好調を支えた島田が左サイドハーフ、C大阪から移籍した柳沢が右サイドバックに入る4-4-2の布陣。どちらも警戒すべきクロスキッカーでした。対する熊本は前節と同じ先発陣での4-3-3。

鳥栖 (先発フォーメーション)
25池田 7廣瀬
10島田13日高
23島嵜14高橋
3磯崎2柳沢
5飯尾20渡邉
 21室 
互いに主導権を奪おうと激しくぶつかり合う序盤。なかなかボールは落ち着こうとしません。しかし、15分、20分頃から次第に鳥栖の激しいプレッシャーに軍配が上がってくる。高いポジションでアグレッシブにプレスを掛けてくるのが鳥栖本来の持ち味ですが、それに今日は“より以上”のモチベーションの高さを感じる。押し込まれ感のある時間帯。少し熊本としても集中力を欠いたプレーが目立ちます。

サイドの攻防にはやや鳥栖に分がある。ボランチを含めて厳しくチェックし、奪うやボールを前に推進していく。それは熊本の市村、原田を厳しくスカウティングしている故のことと映りました。そんななかで、熊本にもPAわずか外、右側からのFKのチャンス。どちらも原田の左足の射程距離。一度目はバーを越えましたが、押さえの利いた二本目のシュートは枠を捉え、GK室の肝を冷やします。そろそろ決まりそうな予感もしてきます。

先制点は熊本(結果的にはこれが決勝点でしたが)。PA右の最深部に入り込んだ藤田から木島にバックパス。最終ラインを押し下げ、誰もチェックに行けないところから木島が放ったシュートはゴール前の敵DFのオウンゴールを招くことになります。

そう、この日、振り返ってみれば、熊本の好機は数えるほどでしたが、勝敗を分けた大きな要因はこのPAへの侵入の度合いにありました。GKも出て行けない微妙な“場所”。自らシュートも選択できれば、追従する見方へのパスも選択できる。受けてのフィニッシャーは、ゴールはもちろんGKもDFも視野に入れて振りぬくことができる。最もゴールの可能性のある“場所”なのでした。後半も度々、この“場所”を藤田が侵します。ワン・ツーで市村を使う。市村の放った強烈なシュート。これは防いだGK室がみごとでしたが…。

後半の鳥栖、この日の強い日差しのなかで、足を止めるのは相手に違いないと信じて最後まで走り止むことはありませんでした。度重なるCK。試合後のスタッツを見ても、このCKの数は、どれだけ鳥栖が攻め込んでいたかを物語っています。しかし、熊本は後半開始早々から相次ぐ交代のカードを切り、そして集中力を持続させることで凌ぎ切りました。藤田に代わって宮崎が入った後半33分からは、ついにフィールドの11人中6人が熊本出身という布陣で、ファンを喜ばせます。一方で鳥栖は、サイドから確かに起点を作るものの、そこからの単調なクロスの放り込みに終始した。雨あられように放たれたクロスボール(CKも含めて)。しかし、今日の鳥栖にはその角度をゴール枠へ向ける場面はおろか、熊本の選手を制して足元に落とせる高さもなく、クロスボールは最後までも収まりどころを見出せないままでした。

「監督がやろうとしているサッカーとは違うかもしれないんですけど」(河端)
「僕の中ではロアッソらしくない戦い方だったんですけど」(原田)
「ウチにとってはいいゲームじゃなかったと思いますけど」(木島)

試合後の選手のコメントは異口同音に、“けど”が先行するものの、結果を得た喜びに満ち溢れています。それは、確かに相手を凌駕するポゼッションを示した圧勝ではなかったかも知れません。しかし、そこにあったのは先制したあと凌ぎきるというチームの総合的な“技量”。それは、質とともに時間という“量”を得た昨年からの経験値にほかならないと思うのです。今年目指している本来の熊本のサッカーを十分に発揮したとは言えなかったかも知れない“けど”、選手たちが言うほどじゃあない。お互いに読みと運動量で数的な優位を作って、プレッシャーをかけて主導権を取ろうというチーム同士。そのせめぎ合いのなかで、やろうとしていることをやり続けたこと。押される局面でもセンターラインでの早い潰しを忠実に実行し、相手を外に外に追いやったこと。そして結果を得ることができたこと。

今日は“勝敗”にこだわっていた。元来、1-0という試合内容が大好きなわれわれだからではありませんが、そこには、相手の良いところを丹念に消していく作業があったことを見過ごすわけには行きません。本来PAに深く侵入する素早いパス回しは鳥栖の本領だった(昨シーズンの鳥栖は…)。その鳥栖にして、サイドからの淡白なクロス一辺倒に終始させたチーム全体に共有された守備意識。PA内に人数をかけさせないように、相手ボランチほかを押し込んでいたのも事実だったと言えます。

痺れる試合を制しました。そしてきわめて戦術的な試合運びだったなと。凌ぎきる重要な時間帯で、本来チームを落ち着かせる立役者・藤田を下げて“逃げ切る”ことができたのも、熊本にとっての今日の重要な経験値でした。終了のホイッスルが鳴った瞬間、ベンチを飛び出し、ハイタッチで喜びを表していた藤田自身がそう感じていたのではないでしょうか。まさに勝ち点を確実に積み上げていくサッカー。

「今日はここ2、3試合の中ではいちばんバタバタしたと思うけど、こうした試合をゼロで抑えて勝ちきるっていうのは、リーグ戦の中で何試合か続いてくると力になると思います。」(藤田:試合後のインタビュー)

もちろん課題もありました。FWのポジションで先発した西、後半45分の時間を与えられた山内。いずれも大きな期待を背負った出番でしたが、持ち味を生かすことができませんでした。おそらく彼らは、今日の試合のすべてのシーンを何度も反すうしながら眠れない夜を過ごしているでしょう。これもまた経験値。しかし、与えられるチャンスはそれほど多くはないのも事実です。頑張れ。

今日の勝利。51試合のなかでの1試合ではありますが、何か今季が終わったとき振り返ると、きっと重要な意味を持つ、“節目”の勝利であるように感じた試合。9節が終わって10位。まだまだ順位を云々する時期ではもちろんありませんが、なんとかこの中位(7~12位)をキープしていこうというモチベーションも、今季大事な要素になるのかと思っています。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/182-03b3295a