6月3日(水) 2009 J2リーグ戦 第19節
湘南 3 - 3 熊本 (19:03/平塚/3,797人)
得点者:15' 西弘則(熊本)、18' 西弘則(熊本)、38' 寺川能人(湘南)、44' チョソンジン(熊本)、62' アジエル(湘南)、89' ジャーン(湘南)


湘南 (先発フォーメーション)
 34田原 
22中村10アジエル
8坂本7寺川
 2田村 
4山口5臼井
19村松3ジャーン
 32野澤 
仕事から急いで帰って、スカパーをつけて先発フォーメーションにびっくり。なんと藤田のワントップ。5月は勝利なしで目下3連敗という状況にあって、前日の熊日の予想とも違う布陣。北野監督も遂に“迷走”を始めたのかという危惧が走りましたが、しかし、考えてみればこれはこれまでこだわり続けてきた熊本版ゼロトップに違いなく、今日はベンチスタートの小森田へのいい“お手本”になるかもしれません。高橋という点取り屋がいなくなった熊本が、今年目指そうというスタイルそのものでした。

北野監督の狙いは「湘南の田村くんを動かして、あのスペースを西や宇留野が集中して前半から狙っていこうと」(J’sゴール)いうことにありました。トップの藤田は、もちろんハイボールを競えるわけではありませんが、前線で厳しくプレスをかけ続けます。その運動量も相まって、高い位置で奪っては湘南のバイタルエリアを早いパス回しで混乱させます。4分には西が奪って積極的にシュートを撃つ。6試合ぶりの先発に気合が入っている西。同時に彼独特の“落ち着き”も感じられました。湘南は明らかにそんな熊本の出足に翻弄されている。奪っても崩しの段階でのパスミスが連発します。

15分、カウンターぎみに藤田から右の西に通る。DFともつれながら西が素早く振りぬいたシュートは左ポストに当たりゴールに吸い込まれました。ルーキー西の待望の初得点で先制!続く18分には宇留野の右からのクロスを藤田が後ろに落として、走り込んできた西が追加点!「俊哉さんがキープしてくれるので、追い越していこうという狙いでした。俊哉さんに入ればパスが出てくるので、信じて走りました」(J’sゴール)と試合後の西。完全な崩し。まさにゼロトップのお手本のような藤田のプレーに、大のおじさんが、子どものようにぴょんぴょん飛び跳ねてしまいました。

試合を通して今日の主審の笛はみごとでしたが、それ以上にテレビ中継を楽しませてくれたのは解説の三浦俊也、プレイヤー解説の名波浩という豪華なコンビでした。バイタルエリアの狭いところで崩しを狙ってパスを通す熊本をして、「名波さんがいたころの磐田のようですね」と三浦。正直なところ何でこのチームが16位なの?といいたげな。時間が経つほど、両人の熊本評価が高まっていきます。われわれは藤田の古い盟友のピッチ解説の中身の濃さに心地よく耳を傾けながらも、「どうだい名波。こんなに自由に、思いっきりサッカーが出来る藤田のことがうらやましくないかい」と。ピッチ上の競演という、ロートル臭い夢まで描いてしまいそうになりました。

もちろんこんな早い時間の2点で試合が決まってしまうはずがないこともわかっていました。今日も熊本の“心臓”石井が守りの読みよく効いていましたが、38分、アジエルからのパスを田原が落として、拾った寺川がDFをかわしてゴール。寺川らしいけれんみの無いみごとなゴールでした。2-1という、サッカーでは一番難しい点差になって、テレビの前でしばし腕を組んでしまいました。その思いを払拭したのは前半も終了間際のCK。三浦も認める原田の質のいいボールを、チョ・ソンジンが点であわせて追加点。逃げ切りの重要な1点でした。

しかしさすがに湘南。首位という位置は伊達ではありません。後半、中村に代えてトゥットを前線に投入。熊本のDFのマークを拡散させる意図でしょう。熊本は10分、宇留野に代えて木島。藤田を右に配置し、木島をワントップに。しかし、ちょっと今日の木島にはボールが繋がらなかった。さすがに連戦の疲れもあるのでしょうか。17分、ひとり気を吐いていたアジエルが、一瞬にしてDF裏にスルーパス。反応した田原のエリアへの突進に、たまらずGK吉田が倒してしまいます。デジャヴーのようなシーンでした。アジエルがPKを決めて1点差に迫る。それでも映し出されるベンチの敵将・反町監督の表情は晴れないものでした。

戦評の多くがここからの熊本の選手の運動量低下を指摘していますが、それ以上に、熊本のイレブンの意思統一が図れなかったこともあるかと思います。名波も解説していたように、時間にして残り30分近く。守るのか攻めるのかという二者択一にしては非常に微妙な時間が残され、熊本は選手間の距離が間延びしていきます。石井が相手と接触して傷む。宮崎が足を攣り西森と交代。逃げ切るための戦術変更が必要な時間帯。ロスタイム突入間際、チョのファウル。FKからゴール前で湘南はパワープレー。混戦のなかで必死に掃きだそうとする熊本。しかしボールは不運にもジャーンの足元に。瞬間振りぬいたシュートが熊本から勝ち点2を奪いました。

引き分けという結果。悔しくないわけはありません。しかし熊本にとっては収穫の多い、財産として残る試合ではなかったでしょうか。形になった西の追い越す動き。初のCKからの得点。的確なスカウティングで田原、アジエル、田村はともかく、もうひとり嫌な相手だった坂本という攻撃のキーマンには全くといっていいほど仕事をさせませんでした。確かに湘南は本物の強豪でした。あの流れ、あの時間帯からしぶとく同点まで追いすがる強さは印象深いものでしたが、反省点が多かったのも湘南のほうではなかったのでしょうか。

ベストパフォーマンスと評価した第一クール大阪戦の前半。今日もまた前半はベストと言っていいものでしたが、昨シーズン、広島や山形に対してどれだけ戦えるか(食い下がれるか)が課題だと思っていたように、今シ-ズンは次にJ1に上がるであろう大阪や湘南相手にどれだけ自分たちの目指す戦い方が出来たかというところが一番のポイントではないかとわれわれは思っています。現時点では90分間、そしてシーズンを通してそれができるわけではありません(もちろんそれができたらJ1ですから)。そのいいときのイメージが常に“目標値”になり、その戦える時間量を増やしていくことが、今年積み上げるべき財産なのではないでしょうか。

前節のエントリーを書いたあと、“ハードワーク”という言葉をしばらく使っていないことに気づきました。ピッチ上で何が勝負を決めるのか、前節の鳥栖が思い出させてくれました。北野監督は「1オンスも体力を残すな」と原点回帰を指示した(4日付・熊日)。それに従ってハードワークした選手たち。昨年積み上げた財産を知っているものからすれば、試合後、反町監督の「後半で足がつってボールを外に出してくれと言ってるようではチームとしてはよくないですよね。」という皮肉なコメントも、単なる“強者の負け惜しみ”にしか聞こえてこないのでした。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/193-63a4f634