6月28日(日) 2009 J2リーグ戦 第24節
熊本 5 - 2 岐阜 (13:04/水前寺/2,787人)
得点者:24' 福王忠世(熊本)、29' 西川優大(岐阜)、44' 福王忠世(熊本)、51' 中山悟志(熊本)、70' 田中秀人(岐阜)、73' 宇留野純(熊本)、74' 山内祐一(熊本)


何とも言いようのない嬉しさで、まだ陽も高いのにビールはもちろん“しろ”まで進んでしまいました。FC岐阜に撃ち勝ち、この日、福岡が負けたため、順位も13位まで上がりました。

7度目になる同期対決。これまで岐阜の3勝3分。熊本にとってはどうにも勝てなかった相手。舞台は水前寺競技場。天気予報はいい意味で裏切られたものの、雨が降りそうで降りきらない、ものすごい蒸し暑さになりました。木島を出場停止で欠く熊本は、中山の相棒に山内を置いた2トップ。それに藤田、宇留野、西、石井というダイヤモンドの中盤。熊日の予想フォーメーションを見たとき、何と攻撃的かと思いました。対する岐阜は前節、上位の徳島を3-0で下し勢いもある。いつにも増して用心しなければいけない相手でした。

開始前、いつものようにスタンドの端にポツンと座っていると、山内選手のお父さんが隣に。「先発ですね」と水を向けると「頑張っているみたいです」と。「点とって欲しいですね」と言うと、「そう言われるとものすごいプレッシャーです」と。その落ち着かない様子が、プロのひとつの試合にかかる重みや思いを示しているようで、こちらの気持ちも引き締まるものがありました。

岐阜 (先発フォーメーション)
18佐藤 16西川
11高木20染谷
7菅23橋本
6秋田19冨成
4田中3菊池
 1野田 
さて試合は立ち上がりから完全に岐阜のペース。押し込む相手に、5度のCKのピンチ。佐藤、西川という大学新卒2トップの高さは脅威でした。何とか流れを引きよせようと、CKからこぼれたボールを石井が大きく前線へフィード。これを受けた山内。ドリブルから思い切りよくロングシュート。しかし、岐阜も直後、前目に陣取るボランチの菅からスルーパスが西川へ。目を覆うような一対一の場面も、木下が素晴らしい集中を見せてセーブ。

15分を過ぎると徐々に熊本もポゼッションをとり始め、西が右サイドへ飛び出しクロス。これはDFに阻まれる。先制点は24分、右CKをファーサイドに入ってきた福王が右足で押し込みました。GKが飛び出すこともできない、美しく巻いて落ちる原田のキックでした。これまでの対戦からも、また今日の攻守の入れ替わりの激しさからも、これで終わるような試合でないことは誰もが感じていたでしょう。28分、菅がドリブルでエリア左奥まで持ち込み、深く切り返すマイナスのパス。飛び込んだ西川に決められます。

あっと言う間に試合は振り出しに。ここで岐阜の勢いのまま勝ち越し点を奪われるのか、それとも同点で凌ぎきれるのか。どちらかと言えばそれが熊本ファンの“見方”だったのではないかと。しかし今日の展開のすさまじさは実はここからでした。前半終了間際、CKから福王が完全にフリー。今度はヘッドで突き刺す。西のエリア内での仕掛けで得た三度のCK。スススッと後方から侵入してきた福王を、岐阜は捕まえ切れませんでした。なんとなんと、前半のうちに勝ち越しの2点目。それもセットプレーからの福王の連続得点というめったに無い展開になります。

今期初先発の山内、前半はまだまだしっくりフィットしていない様子でしたが、シュートへの意識の高さはビシビシ伝わってきました。藤田が拍手を送って称える場面も。そして今日はなんと言っても原田のうまさが光りました。足元軟らかくボールを落ち着かせ、後方から的確なパスを供給する。前節負傷し4針縫ったという瞼の上の絆創膏も痛々しい。しかし果敢に空中戦にも挑みます。加えて宇留野の運動量とキープ力。相手DFが手を焼いているのがわかりました。

後半も早々の6分、藤田からのパスに中山が裏を取る動き出し。DFと競りながら体半分抜け出して左足。ゴール右すみに押し込み3点目とします。ピッチ看板を二つ飛び越え、ゴール裏のスタンドに駆け上がって喜びを爆発させる中山。これまでにはないパフォーマンスに、先週の復帰戦で深々とスタンドに頭を下げた彼の姿を思い出し、この試合に賭ける彼の思いに感じ入りました。

試合は3-1。2点のアドバンテージ。しかし、まだ時間はたっぷりと残っています。これでも決して、安心できないのが岐阜との戦いだと誰もが知っていました。まさにその直後、右サイドから西川の絶妙のクロス。後は“決めるだけ”の佐藤がシュートミスしてくれる。熊本はスローインから山内が粘ってDFを振り切りGKと1対1。しかし浮かせたシュートは惜しくも枠の右に外れます。悔しがる山内。互いにカウンターの打ち合い。一瞬も目が離せない。

西が自陣でボールを受け敵のゴール前まで一気にドリブルで抜いていく。もうファウルでしか止められない岐阜。緩いキープと見せて、いきなりトップスピードに持っていく西のドリブル。それはまるで“やまなみ”のワインディングをマニュアル・シフトで自在に走り抜けるコンパクトなスポーツカーのような。

岐阜はたまらずFW佐藤に代えて嶋田を投入。染谷を左サイドに置き換えて、西川をトップに、嶋田、染谷をシャドー的に配置します。この2シャドーの速さに混乱する熊本。左サイドを駆け上がった染谷が見切りよく早めのクロス。これが攻めあがっていたDF田中の頭にピタリ。あり得ないようなピンポイント。1点差に追いすがります。「3-1になってゲームを終わらせないといけない状況で、相手に息を吹き替えさせるような失点をした」と福王が反省する展開でした。

襲ってくる“追いすがる力”の恐怖。これを振り払ったのはすぐその後の宇留野の追加点でした。同じ1点ではあるにせよ、今日の試合の最大のポイントはこの4点目ではなかったかと思います。石井からのフィードが山内へ。小さな体を相手DFの間にこじ入れて倒れ込みながら西へ。西からのパスは小森田がDFをブロックし、裏でフリーの宇留野に。難しい角度からGKの位置を見極めた見事なシュート。実に彼自身、第2節横浜戦以来のゴールでした。胸のエンブレムを叩き、ゴール裏を鼓舞する宇留野。一気にヒートアップするスタジアム。そして続けざま。ゴールキックから敵DFに競り勝った山内がGKも交わして駄目押し5点目。このゴールがファンに勝利を確信させてくれました。

この3シーズン、同じような境遇で戦い、一度も勝てなかった岐阜への初勝利。それもこれまで経験したことのないような撃ち合いを制した。そして岐阜は今日も岐阜だった。あれだけ突き放したつもりでも決して下を向かない。5-2となってからも次のひとつのゴールへひたむきにプレーしていた。染谷も嶋田も。敵ながらその姿勢にはかすかな感動すら覚えた。そんな岐阜に勝った。だから嬉しい。

終わってみればシュート数は熊本の15に対し岐阜の14。その他のスタッツもほぼ互角。それが結果的にこの点差に終わったことを、多くの人は決定力という言葉で片付けようとすると思います。確かに当たり続けているGK木下のファインセーブも随所にあったし、岐阜の完全なシュートミスも何度かあったように思います。しかし、岐阜が全くついていけなかった細かいパス回しによる崩し、相手の攻勢に対してはいなすようなボールポゼッションの妙。緩急。要するに試合運びに関して、今日の熊本は岐阜に勝っていた。それはスタッツにも現れない、あるいは5-2の結果でも見えない、まさしく“内容”というものでした。それはスタジアムに足を運んだ人だけが感じ取ることが出来たのではないかと。

福王、中山、宇留野、山内。得点者は4人。しかし今日の勝利は、誰かの活躍で得たものではなく、明らかにチームとして得た勝利。それでも振り返ってみると選手一人ひとりのプレーが鮮明に浮かんでくる。それぞれの特徴を強烈に意識し、アピールしながらチームとして連動していく。一歩づつ。イメージする理想の姿に近づいていく。収穫も自信も、課題も反省も。ひたむきに一歩づつ。そんな過程を目にしている喜びを感じて、また杯が進む。このまま連勝街道に入ってほしい。そうならないかなあと。それが全てのファンの願いだと思います。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/198-58442904