Jリーグ開幕。先週あれほど仕上がりの良さを感じさせた鳥栖が、福岡の前に何もできずに0-5の完封負け。サッカーの世界は恐ろしい・・・。

さて、われらがロッソは開幕を2週間後に控え、昨日は宮崎県綾町でHondaFCと、今日は七城で九州リーグのニューウェーブ北九州とトレーニングマッチを行いました。
今日のNW北九州戦には、昨日出場しなかった控え組が出場。結果は3-0の完封勝ちだったものの、内容は詰めかけたサポーターを決して満足させるものではありませんでした。

去年まで琉球で指揮を執っていたジョージ与那城が率いる北九州は、玉際の強さは相変わらず。隙を見せられないのですが、細かいところのミスに助けられた感じ。一方、ロッソもミス多し。というか、視野と判断にまだまだ改善の余地が多く、妙なところでブレーキを踏んだり、せっかくのスペースを活かせなかったり・・・。
もちろん、決してターンオーバーの2軍なわけがなく、オプションも秘めた1.5軍なのですから、もっと修練してほしいところです。
では、とりあえず印象だけ。

小林。しなやかなバネのような身体が印象的。北川とは全く違うタイプのFWなのですが、まだまだうまく使われていないよう。
関。いつも開幕に間に合わないのは仕様なのか?しかし、キレはかなり戻ってきているし、今日はサイドをかなり走って活躍。
吉井。先日も感じたように、この人が攻撃に上がっていけるときはいい感じ。
河野、遠藤。まだまだ新しいポジションになじめていなくて危なっかしい。
山内。持ち前のスピードから、後半、裏に飛び出しワンゴール。前半もドリブルで粘ってワンアシスト。持ったらもっと早く撃てれば、もっとゴールが・・・。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/21-13885a84