2009.09.03 試練。岐阜戦
9月2日(水) 2009 J2リーグ戦 第37節
熊本 2 - 5 岐阜 (19:03/熊本/2,337人)
得点者:2' 西弘則(熊本)、7' 嶋田正吾(岐阜)、29' 冨成慎司(岐阜)、37' 西川優大(岐阜)、65' 佐藤洸一(岐阜)、67' 佐藤洸一(岐阜)、89' 西森正明(熊本)


岐阜 (先発フォーメーション)
18佐藤16西川
 7菅 
11高木14嶋田
 23橋本 
6秋田19冨成
4田中3菊池
 1野田 

開始早々にスコアボードに灯った1点。右サイドをえぐった市村のクロスに前線の3人が飛び込んで、ファーサイドの西が綺麗にヘッドで捉える。こんな幸先のいい先制点は、実に何試合ぶりだったでしょう。藤田をダイヤモンドの一角に敷いた4-4-2の布陣。熊本にとってはやはりこれが“正眼の構え”のようで。これまでのモヤモヤを一発で吹き飛ばし、「今日は行ける!」そう思わせる一撃でした。が、しかし、あにはからんや5分後には同点。前半のうちに逆転。さらには追加点…。前掛かりの熊本の背中を突くとき、岐阜の攻撃は思い切りよく縦に猛進してきました。

後半、前節に続いて2枚代え。市村、原田の両SBを引っ込めて、矢野を右SB、木島を前線に置いて、西を左SB。藤田を下がり目に置いたボックス型の4-4-2に見えましたが、試合後J‘sゴールのインタビュアーは4-3-3と言いました。前半、果敢に攻め上がりチャンスを演出していた市村を何故下げるのかと思いましたが、疲労が理由のようでした。

しかし意外なことにこのシステムはかなり奏功したように見えました。一方的に熊本が押し込む時間帯が続きます。左SBの西の前にもスペースが出来て、得意のドリブルが冴える。矢野も右から起点を作る。ワンタッチのボール回しに岐阜が翻弄され始める。岐阜を自陣に釘付けにする。ただ、いかんせん残念だったのは、どうしても最終ラインを破れない。岐阜が作ったブロックに何度もぶつかっては弾かれる。逆にそこから、くさびで入れるボールを狙われては、反撃される。

20分ほど続いた熊本の猛攻を凌いだところで、突然の岐阜のカウンター。左サイドに出来た大きなスペースに走りこまれ早いクロス。飛び込んできた佐藤に豪快に決められました。呆然とするスタジアム。通路を隔てて座っていた見知らぬ老人が、「今のは、入ったのですか・・・?」と尋ねる。私がうなずくと、「そうですか…」といって後は聞こえない声で何かつぶやいている。

すぐ後も、エリア内に進入されて再び佐藤に渡り押し込まれる。スコアボードには、一方的に岐阜の得点だけが積み重なっていく。この惨状を目の前にして、さすがに居心地が悪くなった私。しかし、今日も訪れた2300人のファンは(少なくともわれわれのまわりでは)、一人として席を立とうとはしないのです。ある人は口を真一文字に食いしばり、ある人は腕組みし、ある人は呆然と口を開けていても…。目の前の若い女性ふたりは、マイボールになる度に、一生懸命拍手している。ゴール裏からは、絶え間なく応援のチャントが響いている。

岐阜も最後は集中力が切れたのか、決定機をことごとく外してくれる。最後の最後、もうロスタイムだったでしょうか。西森が足元に入ったボールを、DFを背にしながらも思い切りよく振りぬくと、GKの手をかすめ、ゴール右角に突き刺さりました。西森のJ初ゴールは、熊本の意地の一撃。見上げるスコアボード。熊本側に「2」が点灯されるのに、実に90分近くの時間を要しました。ホームゲームとしてこれほどの挫折を感じたことがない試合にもようやくホイッスルが吹かれました。


見ての通り、典型的なカウンター・サッカーに屈した、と言うことでしょう。さらに穿った見方をすれば、松永監督はその策をより効果的にするために、熊本にある程度攻め込ませ、自陣に深くに引きずりこんでいたのでは、とさえ考えられます(考えすぎでしょうが・・・)。対する熊本は、バイタルエリアで最後の崩しまで行けず、逆に狙いを定められてボールを奪われると、前がかりの体勢のままいとも簡単に2枚、3枚とかわされ、攻守の切り替えが“甘い”シフトは、ファースト・ディフェンダーもセカンドもないような状態で、いきなり最終ラインのCBがすべてリスクを背負い込んでしまう状況。成すすべもなくシュートを見送るという脱力感の漂うシーンが目の前で繰り返されました。

前回、大阪戦後のエントリーで、池谷GMの「今後は守備の意識を徹底していく」という方針を取り上げました。しかし、現実は、今シーズン、ここまでの戦いで染み付いた意識はそうそう簡単に入れ替わるものではなかったようです。チーム全体はやはり相当に前がかりでしたね。もちろん“引いて守る”といった単純な守備ではないので、それはそれでこの切り替え自体が戦術的な変更ということでもあるでしょう。しばらく時間がかかるのかもしれません。守備意識を高めるということは、より早い切り替えと、運動量を求めるということでしょう。夏場の消耗戦を戦った後のこの時期、なかなか思うようにはいかないということも想像できますが・・・。

終了後、スタンドに頭を下げる選手たちには、けれどもいつものように拍手が送られました。しかし、それは決して賞賛であろうはずはなく、むしろうつむき、うつろな視線を落とす選手たちを、なんとか鼓舞しようとする精一杯の拍手のように感じられ。スタンドから発せられる大声も、野次と言うより叱咤激励のものに聞こえました。いつまでも続くロアッソ・コール。この光景を目にして、われわれも何だか名状しがたい切なさがこみ上げてきて、それをこらえながら帰るのがやっとというところでした。家で見直したスカパーの録画。最後のところで、GK木下の目には決して汗とは言えないものが・・・。これほどの経験も初めてだったのでは。それは自分のプレーに向けられた悔し涙なのか。あるいは自分ひとりの力では如何ともし難かったゲームへの失望感なのか。もちろんそれは彼ひとり背負い込むべきものでもなく。今、われわれは初めての大きな試練に直面し、たじろいでいます。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/211-9fe28a72