2009.09.21 惨敗。徳島戦
9月20日(日) 2009 J2リーグ戦 第40節
徳島 6 - 0 熊本 (18:34/鳴門大塚/3,931人)
得点者:1' 登尾顕徳(徳島)、10' 柿谷曜一朗(徳島)、48' 六車拓也(徳島)、52' 羽地登志晃(徳島)、77' 徳重隆明(徳島)、84' 石田祐樹(徳島)


初の3連勝を狙うどころか、記録的な大敗を喫してしまいました。徳島相手に0-6。第1クール、第2クールとも0-3の完封負けでしたから、通算ではなんと0-12の完膚なきまでの一方的な敗戦です。

徳島 (先発フォーメーション)
 18羽地 
13柿谷7徳重
29六車6倉貫
 15青山 
16挽知17麦田
20ペ・スンジン5登尾
 21上野 

徳島の美濃部監督は、4-3-3へのシステム変更を、当日の朝に決断したそうです。その六車、青山、倉貫の3ボランチに、思うように中盤を支配されました。羽地、柿谷、徳重の3トップは、実に流動的にポジションチェンジを繰り返し、どこからともなくDF裏に飛び出してくる。ここ2試合、相手FWをきっちり押さえ込んでいた矢野とソンジンの両CBも、捕まえ切れませんでした。熊本は前節と同じシステム。同じ布陣。しかし、前節より幾分か高く上がった両SBが、徳重、柿谷の前に大きなスペースを与え続けました。

開始早々にGK小林のミスからCKを与えると、これを登尾に押し込まれる。まだ「何もしていない」うちに1点ビハインドの状況。続いては、左サイドから麦田のクロスに、ファーの柿谷が体勢を崩しながらのボレーシュート。当たり損ない気味のボールは小林の手に当たるものの、ふわっとゴールにすい込まれ追加点。なんと開始わずか10分のうちに2点差となってしまいました。

その後も高い、故に“薄い”DFラインで戦う熊本。奪われてはそのまま決定的なピンチを招くという、連敗中に何度も見せられたようなシーンが続きました。藤田がボランチの位置まで下がってみるものの、徳島の早く激しいプレスの前に“繋がり”は寸断される。

2点差ではあったものの、後半45分もあれば、どこかで好機が現れるもの。なにしろ草津相手に6点も取ったのだから…。そんな思いがあったのはわれわれだけではなかったはずです。しかし、結果は全く逆に。われわれが都合6点もの大量失点を喫することになってしまいました。これから行こう、という矢先にまたしても小林のキャッチミスからの失点で出鼻をくじかれると、ますます前掛かりになったところにインターセプトなどから一発で裏を取られ、失点を重ね続けました。

C大阪からのレンタル。柿谷の、敵をあざ笑うかのようなドリブルと、絶妙に溜めたスルーパス。J通算200試合出場を自ら祝うように徳重も決める。6点の大量点を、それぞれ別の6人が決めるというのも、珍しいことではないでしょうか。

スカウティングが甘かったのか、あるいは直前のシステム変更に戸惑ったのか、今日の熊本はなす術もなく敗れた感じがします。しかし、相手3トップにあれほど翻弄されていながら、途中の修正も効かず、(テレビ画面を見る限りにおいては)両SBをいつも以上にあれほど上がらせていたのもどうも腑に落ちません。

サッカーって、選手一人ひとりのコンディション、一人ひとりのメンタル。一人ひとりのモチベーション、相手の戦術、こちらの戦術、選手交代のタイミング、気温、風、芝の長さ、パスの長さ、角度、スピード、トラップの技量、シュートの体勢、果てはアイコンタクトでの意思疎通などなど、まだまだ無数に近いたくさんの“変数”があって成り立っているスポーツなのだと思います。まるでそれらの変数を多変量解析に掛けて、そのなかでのベストの解を見つける。果てしない作業なのではないかと。

集中力を欠いたプレーだ、連携がなっていない、奪われても追わない、出足で負けている、玉際で負けている、なぜ立て直せない…。確かに今日の熊本はそのとおりだったのですが。確かにこの時期のこのカード。傍で見るよりは選手のモチベーションは難しいのかもしれませんが、誰も好き好んでそんなプレーをするわけがないわけで。まさになす術がなかったわけです。勝負事にはこういった大敗ということが間々起こります。力の差とか客観的な条件以上に、一方的な経過、結果となってしまう。変数がことごとく相手に有利なベクトルを描き、ある意味で心理学的な研究対象になるようなことかもしれません。

6-0で完封する試合もあれば、まったく逆の負け方をしてしまうことがある。ダイナミックと言ってしまえばそれまでですが、その変数のうちのいくつか制御可能なものをコントロールしてくことが、藤田がコメントで言っている「力が安定していない」ことを安定させることに繋がるのではないでしょうか。

草津に勝利したときも、6-0の勝利は1-0の6倍も嬉しかったか、価値があったかというと、そんなことはありません。確かにショックで、ガックリと膝にくるような結果ですが、ことさらに深刻にならないようにしたいなと。スカパーの画面に映るゴール裏には、びっくりするくらいの赤いサポーターの数。関東からも駆けつけてくれて…。皆が今日願ったことは、「切り替えて次!」にということ。モチベーションという変数だけでも大きくできるように、われわれはスタジアムに足を運び声援を送ります。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/214-caade8c0