10月18日(日) 2009 J2リーグ戦 第45節
熊本 0 - 1 福岡 (13:03/熊本/12,730人)
得点者:35' 久藤清一(福岡)


何もかもが残念でしたね。他ならぬ指揮官が、試合後のインタビューで「凡戦」の一言で総括してしまいました。サッカーフェスタと銘打った今期最後の九州ダービー。1万人以上が動員されたスタジアム。新しくお目見えしたビッグフラッグの披露。試合前の興奮、期待がいつもより高かっただけに、結果よりもこの「内容のなさ」にいっそうがっかりしました。選手たちのモチベーションは高かったはずなのに、それが空回りしたのか。ミスの多さ。ファールの多さ。カードの多さ。少しずつ積み上げようとしている積み木が、何度も何度も崩れてしまうようなイライラを感じてしまいました。

福岡 (先発フォーメーション)
 9黒部 
 18高橋 
7久藤8鈴木
31阿部20宮原
17中島13柳楽
5長野27丹羽
 23六反 

立ち上がりは熊本が押し込みました。左サイドを崩してチャンスを作り出すものの、シュートには至らず。今度は木島が右サイドに流れてドリブルで突っかける。守っては久しぶりの先発・高橋に福王が張り付き、松岡がそれをカバー。ほとんど自由を与えません。一瞬、黒部のロングシュートがゴールマウスをかすめて肝を冷やしますが・・・。熊本は奪ってから素早く前線に送るロングパス。これが福岡DFの弱点と知ってのことと、最初は安心して見ていたのですが。

市村のサイドでの攻防。不運とも言えるようなイエローや、中島と交錯したあたりで、熊本の選手にも少しずつ苛立ちが広がっていき、チームの集中力が崩れかけます。それでも依然として流れは熊本のほうにあったように見えました。しかしポゼッションは保持しているものの、崩しはロングボールに偏りがち。ワンタッチパスが影を潜め、相手を置き去りにするような縦の攻撃は皆無で、パスは平行線を辿るばかり。福岡は守備のバランスを維持できました。

結局、決勝点になった失点の場面は、六反のゴールキックから中盤で繋いだところ。フィフティ・フィフティのボールに松岡が飛び出しますが、久藤が先に頭で落としてがら空きになった左サイドのスペースに走りこんだ高橋に渡る。カバーに入った福王でしたが、次に走りこんだ久藤までは対応できず、フリーでゴールに撃ち込まれました。流れのなかとは言え、ポカンと空いたような“何でもない”時間帯での失点。それはまるで今期何度も見せられたセットプレーからの失点シーンのようでもありました。

その後の前半は全く福岡の勢い。中盤に下がる藤田のフリーなポジショニングも織り込み済みのように慌てることなく。山本と吉井の両ボランチも後手後手に回ってしまいます。奪っても、ボールの出しどころを探しているうちに相手に詰められ、相変わらずロングパス頼みの展開。あるいはサイドを運べるところで、中にこだわるシーンも。

ベンチからGKを外してまでも攻撃的に行きたいと思っていた北野監督。後半、宇留野に代えて西森を投入しますが、なかなか打開できません。ようやく流れを掴んだのは、山本に代えて原田をボランチに入れてから。本来、ボランチを本職としていた原田でしたが、熊本では左SBで使われ続けてきた。その持ち味は、従来の左SBのような上下の運動量を求めるものではなく、左奥からの正確で大きなサイドチェンジや、グラウンダーのスルーパス、あるいはタメだと以前のエントリーで書いたことがります。戦前も、松岡が疲れたら原田、と当然のように同僚と予想していただけに、この采配には俄然注目しました。面白くなりそうだ、と。

福岡の中盤陣にも疲れが見えていた時間帯。原田がタメる、捌く、柔らかく繰り出すパスは、福岡を徐々に押し下げました。決定的な場面は、木島のクロスから作り直して、バイタルの狭いところを原田と藤田がワンツー。短いパスで崩した藤田のフィニッシュは、しかし残念ながら六反の胸のなかに収まりました。

熊本、最後のカードは藤田を下げて中山。それでも福岡の守備バランスは崩れない。熊本は攻撃の反転が遅く、サイドへのロングパスに追いついてクロスを上げるものの、中に誰も入って来ていないシーンが目立ちました。落胆するホーム・スタジアム。終了間際、あるいはロスタイム4分ぎりぎりまで攻め続け、ラストプレーと思えたFKにはGK木下まで前線に上げ、ファンも全員が手拍子で後押ししたものの実らず。福岡のゴールマウスを最後まで割ることはできませんでした。

冒頭に概観したように、1万人のファンに見せるにはお寒い内容に終始した感があります。試合を通した熊本のシュート数はわずか3本。与えたFKはなんと27本にも及びます。相対する福岡に決して猛烈な強さを感じたわけではなく、むしろバランス重視で消極的ともいえる今日の相手だっただけに一層悔やまれます。前回対戦時のエントリーでは、福岡に対する「意識過剰」=雑念がなかったか。と書きました。どのチームよりも福岡に「勝ちたい!」そう思うのは当然であり、われわれもそう思います。しかし、控えGKなしという“背水の陣”を作ってまで、いつもと違う状態にする必要があったのかと思うと、結果論かも知れませんが首も傾げたくなります。

自分たちのサッカーをやらせてもらえなかったのならまだしも、自分たちのサッカーを自分たちが壊してしまったようなゲーム。“雑念”に囚われて集中を欠いたまま終わってしまったような。なにより今年は福岡に、「嫌な相手だ」という印象すら与えられなかったのではないか。初めて、あるいは久しぶりにロアッソの試合を見にきた大勢の熊本ファンに、一番いいときの“今年のサッカー”が見せられなかったことがとても残念です。試合後、そういう思いが沸々と湧いてきて・・・、これを“凡戦”と括ってしまうのはあまりにも他人事すぎないかと。しかし、今シーズンもあとわずか、早くこの気持ちを整理して、ミッドウィークの水戸戦に向かわなければなりません。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/220-0e646d14