3月25日(日)13:00KKウィング
ロッソ熊本6-0FC琉球
得点者4分高橋(熊本)、6分高橋(熊本)、39分高橋(熊本)、49分小森田(熊本)、53分北川(熊本)、83分小林(熊本)

大勝。快勝。一気に首位奪取です。
第1節、第2節と薄氷のなか勝利を納めたロッソ。今節、中盤の修正が予想されましたが、ボランチに喜名を先発起用。この沖縄が産んだ初のJリーガーが故郷チーム相手に大奮闘。攻守に激しく動きまわり、小森田とのコンビネーションもかみ合って起点になります。高い位置でのディフェンス、奪ってからの組み立て。ようやく4-4-2のボランチらしい動きを見ました。なにより2人して90分走り切れることを証明してくれたことが最大の収穫でした。
対する琉球は、右サイドバックにおなじみ濱田、左サイドバックには佐藤という大津高同級生コンビ。しかしロッソの左サイド関、右サイド熊谷が、高い位置取りで、この2人に仕事をさせません。特に今日の関は、シャドーストライカー。高橋と何度もポジションチェンジし、敵DFを翻弄します。中央でDFを背にボールを収める北川、流動的に動き回る高橋と関、右サイドの熊谷を含め、ルーズボールを奪い、サイドチェンジやスルーパスから幾度もDFラインを抜け出しチャンスを作りました。今日はエース高橋デー。前半だけでハットトリックを達成。
後半早々、琉球の攻勢。佐藤をボランチに上げてポゼッションを上げようとしましたが、ここでも小森田、喜名が頑張り奪い返します。有村に代わって入った左SB森川も積極的に前線をうかがうため、浜ちゃんは防戦一方に。
CKから抜けてきたボールをファーサイドの小森田が押し込んで4点目。北川がGKに倒されて得たPKを自ら豪快に決めて5点目。琉球も小野弟などを投入し打開策を図りますが、北川に代えて小林陽介、熊谷に代えて吉井を入れたロッソは、決して守りを固めるわけではなく、関を1列目の右にチェンジさせ、まるで3ボランチ、3トップの布陣。最後はこのトップ3人がからみ小林が押し込んで6点目。FW3人がそれぞれ得点し、ロッソ大量得点の完封勝利となりました。

課題の組織的プレスが完全に改善されたかといえば、首を縦に振るのは難しいかも知れません。DFのミスも相手のシュートの精度のなさに助けられたし、もっと無心に走ってくる相手に対して、どう対処するのか、今後も慢心は許されません。琉球は元々相性の悪くない相手ですが、更に玉際もプレスも弱くなった感じがしました。元Hondaの吉澤監督が目指すサッカーには、まだまだ時間が掛かるのかと。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/24-b30de4d4