2010.03.22 岡山戦。五分
3月21日(日) 2010 J2リーグ戦 第3節
岡山 0 - 0 熊本 (16:03/カンスタ/6,513人)

勝ち点3を掴むための1点のゴールが、どちらのチームに転がり込んでもおかしくない。最後まで目が離せない試合展開。90分間通して攻守の入れ替わりが激しい試合でした。戦前のJ‘sゴールのプレビューを読んでいて、「岡山の『やりたいこと』とは、まずは『守備面では、奪われた後の切り替え。攻撃面では、数名が絡むゴール前でのボールコントロール』(影山雅永監督)」という表現に、それはまるでうちのやりたいことじゃないか、と思っていました。ある意味、似たようなコンセプトを持ったチーム同士の戦いはまさに「ミラーゲーム」(高木監督・試合後の談話)と言えましたね。

岡山は、西野を中央に置き、その横に松本山雅から帰ってきた新中、かつてYKK・APに在籍していた元神戸の岸田という3トップといえる布陣。水戸から移籍したキムテヨンが中盤を締めて、昨年から様変わりした印象。対する熊本も先発で山内を起用し、井畑の周りで松橋や宇留野とともに走り回らせようといった構えでした。

岡山 (先発フォーメーション)
 19西野 
9岸田27新中
 33小寺 
8キム・テヨン39福本
25田所2澤口
4近藤6野本
 21真子 

雨は上がったものの、前夜から春の嵐のように吹きすさぶ強風。その風上を利用するように開始から猛烈に押し込んできたのは岡山。ホームでの初勝利に賭ける意気込みに威圧されそうになりますが、熊本は10分、右サイド奥を崩して市村が短く低いクロス。ニアの井畑が頭から飛び込みますが、これはキーパーの正面。対する岡山は14分、澤口がもらうと迷わずミドルシュート。ドライブのかかったボールは、GK南も触れられませんでしたが、バーに当たって事なきを得ました。

とにかく今季の岡山は、シュートパスを繋いで素早く攻め上がるスタイルに変貌している。かといって守備が手薄なわけではなく、奪われると全員の戻りが早い。もちろん攻撃も。まるで、ボールの行き来を合図に“よーいドン”とダッシュするような切り替えの早さ。熊本は今日もGKから一発、ロングボールでサイドのスペースを利用する意図。井畑もボールを収めるのがどんどんうまくなってきた。

守りに関してはきっちりと人数を掛けて守る岡山に対して、攻勢にまわりボールポゼッションしたときの熊本の連携が今ひとつ。サイドからの攻撃に徹していますが、原田、吉井の攻撃参加があまりないせいなのか。両ボランチの守備の意識が強すぎるのか。一方、守りのバランスではDFラインが上げきれないのか、ボランチとの間に大きなスペース。まるで懐に岡山の3トップを抱えているように自由にさせていましたが、サイドに追い込んだり、プレスバックして奪うことで守っていました。開幕戦から続いている感じがするこのバランス。こうも同じ絵柄を目にすると、あるいはこれも意図的な戦術なのかも知れないなどと思ってしまうのはわれわれだけでしょうか。試合後、藤田が自身のブログで、「まだまだ遠慮しているように感じる」と原田に“要求”していますが、遠慮は監督の戦術に対してのことなのでしょうか。この序盤戦、監督の方針は、守備的であり“リスク回避”ですが。監督の戦術のなかでどう自分を出していくのか。藤田の要求はわれわれが考えるような単純な話ではないのでしょうが…。

前半アディショナル・タイム。中盤から岡山の新中にフワっと入れられる。エリア内に走りこんだ岸田にぴったりと収まりシュート。これは矢野が身体を投げ出してクリアします。この“フワっと”に今年は要注意です。

後半もまずダッシュしてきたのは岡山。対する熊本は主に山内の右サイドから起点を作る。パス交換から山内のシュートぎみのクロス。ボールポゼッションからロングボールで、松橋に裏を狙わせる。執拗に繰り返す熊本。ゲームの“流れ”の綱引きは、徐々に熊本に引き寄せられていきます。市村や筑城も上がって波状攻撃。岡山はエリア内に8人も入ってこれを跳ね返します。

喜山を入れて守勢を跳ね返そうと意図する岡山に対し、熊本も宇留野に代えて西を投入。原田のミドルレンジからの強烈なシュートは、ブレ球となってGKを慌てさせますが、詰める選手がいませんでした。今度は西が右サイドで起点になり、シュートパスで繋いで中央にグラウンダーで入れたボールは、中央の選手がスルーしてファーの松橋に渡りますが、シュートはGK正面に収まりました。惜しい。

主導権は熊本にありましたが、岡山も上がったSBのスペースを狙ってくる。熊本の右サイドをえぐって田所が低くて速いクロス。ニアに飛び込んだ西野のヘッドはサイドネットを揺らす。一瞬、凍りつき、ホッとため息。

今節も藤田の出番は残り15分になってからでした。西とのワンツー。エリア前でのコンビネーション。狭い局面をアイデアで仕掛けますが、いかんせんゴールが遠い。後半のアディショナル・タイムは3分。バイタルエリアから西。ドリブルの“エンジン”がかかりますが、まだ本来の“切れ”には達していない感じ。最後はエリア内まで突っかけてフィニッシュ。しかしミートせず、シュートはGKの手中にありました。

昨季、リーグ失点数1、2を争った両チームの今季初戦は、スコアレスドローで「痛みわけ」(岡山・景山監督)に終わりました。結果から言っても、ゲームの中身を観ても、両チームが目指している“守りの再構築”。まずは、はっきりとした形が見えてきているのではないでしょうか。思えば昨年の第2クール、3-2での壮絶な撃ち合いを制した熊本でしたが、試合は終始、バタバタした印象を拭えませんでした。今季の岡山、あの時のチームとは全く違ってきているし、熊本もまた同様。自ら描いているゲームプランを忠実に実行していくということも含めて…。

ゲームプランと言えば、今節もまた西と藤田は後半投入になりました。相手をじっくりと見据えた高木監督のプランは、勝ち点という“結果”が伴っている以上は、変更する必要はないものなのかも知れません。ただ、アウェーのアナウンサーや解説者までに周知のこととなった熊本・高木監督が標榜する「残り15分の攻勢」ですが、これは、決して選手交代というカードを使うことで攻勢を奪うという意味ではなく、相手も疲れている時間帯に、相手よりさらに走り抜くことで“勝ち切る”ということだと、われわれももう一度確認しておきたいと思うのです。最初から入っている選手が、最後の15分でもう一度、一層の力を出して走り抜くこと。そういう意味では本当の熊本の「残り15分の攻勢」は、まだまだ途上なのかも知れません。

さてここまで3節を終わって見渡せば、今季のJ2はこれまでの2年間とはまた違った“景色”が。広島、大阪といった圧倒的な存在は見えないなかで、横浜、徳島が3連勝。前評判の高かった千葉が苦戦を強いられています。このドローは「負けに等しい」のか「勝ちに等しい」のか。まだまだ毎節の結果で順位が激しく入れ替わる序盤戦とはいえ、試合数の少ない今シーズン、一戦一戦の重さは言うまでもありません。それは、単に数の上でのことだけでなく、われわれにとって、チームの戦術とシーズンの流れを追っていくうえで、一試合が終わった途端、その次の試合の持つ意味、意義がスーッと浮かび上がってくるような。そういう質的な意味での凝縮感は格段に高いものがあります。そして次節、ホームに迎えるのは岐阜。運動量、ゲームの速さは昨シーズンからさらに進化しているような印象です。選手起用も含めて、この岡山戦からどう繋がっていくのか。また、来週の岐阜戦から逆にこの岡山戦の見え方がクリアになるのかも知れません。なんにしても楽しみです。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/244-14b89c75