2010.05.06 福岡戦。大敗
5月5日(水) 2010 J2リーグ戦 第11節
福岡 6 - 1 熊本 (14:04/レベスタ/8,850人)
得点者:30' 岡本英也(福岡)、39' 中町公祐(福岡)、48' 中町公祐(福岡)、61' 市村篤司(熊本)、62' 永里源気(福岡)、77' 大久保哲哉(福岡)、90'+3 永里源気(福岡)


これほどの大敗に、あまり細かい状況を描写しても仕方ないですね。完敗といえる内容でした。この連休中に引き分けに終わった前の2連戦。ギリギリ踏ん張っていた緊張の糸が「ぷつん」と音をたてて切れたかのように大量失点を喫してしまいました。

福岡 (先発フォーメーション)
 14岡本 
 19大久保 
14永里7久藤
22末吉15中町
17中島20宮路
5田中6丹羽
 1神山 

4連敗中の福岡はスタメンをいじってきました。右サイドに曲者の久藤。トップは高橋ではなく岡本。しかし休養十分な福岡は、檻から放たれ“勝ち”に飢えた猛獣のように開始から襲い掛かってきました。熊本は低いギアのペースで、序盤はこれをいなしていこうといった感じ。いなすなかで先制点をうまく取って、時間を支配してしまおう。というプランだったのでしょう。しかし、見た目以上にこの連戦のスケジュールが身体と心に疲労を与えていたようです。猛獣の勢いに圧倒されてしまいました。

熊本のローギアがなかなかシフトアップしない。DFラインが押し上げられないのか、選手間の距離が開きすぎているように感じます。パスが寸断されるし中盤で一向にボールが持てない。あるいは福岡があえて中盤を省略してきているともとれました。前半の2失点は、いずれも似たような形から。一気にロングボールを放り込み(あるいは頭で繋いで)熊本のDFラインの裏に飛び込んだ。1点目は岡本。2点目はボランチの中町。ダイレクトでボレーシュート。この勢いに南も呑まれました。

公式のシュート数では福岡8に対して熊本0。なすすべもなく前半を終えた熊本は、井畑を諦め藤田を投入します。前半での2点ビハインドを追いかけるのは、今季初めての展開でした。ボールに絡めていなかった原田も次第に前線に顔を出し攻撃に参加できるようになります。しかし、左サイドを攻められた熊本。一旦下げさせるも宮路からのクロスに中町。ヘッドで決められ3点目を失います。厳しい展開。

それでも懸命に“流れ”をたぐり寄せようとする熊本。中盤のインターセプトから山内がワンタッチで裏に出すと松橋がGKと1対1に。しかしシュートはクリアされます。61分、右サイドをえぐった市村のクロスはシュート性になってゴールに向かう。GK神山がパンチングで逃れようとするが跳ね返りがゴールマウスに吸い込まれました。しかし直後、ハーフウェイラインから永里にスピードに乗ったドリブルで突破されると、そのまま撃たれてゴールイン。このところ不調に陥っていた永里の復活の決定打。熊本の反撃の狼煙に一瞬にして水をかけられてしまいました。

なんとか引き寄せようとしたロープが、また思い切り伸びきってしまったような印象。この試合の事実上の決勝点はこの永里の4点目ではなかったでしょうか。それから福岡は大山、鈴木と余裕を持って次々にカードを切る。力尽きた感のある熊本は、もはや予測の動きはなく、ただただ反応の動きだけに終始している。さらに消耗する体力。もはや長い長いロスタイムを戦っているような有様。5点目も6点目も、ディフェンスは全く付いていけませんでした。

日本ではサッカーの運動量を「持久力」だけに考えがちだと、元日本代表のフィジカルコーチだった里内猛氏が言っています。日本人はどうしても海外に比べて「最後のパワーやスピード」が劣るのだと。それは例えばロングキックやヘディング、強烈なシュートなど一瞬に必要なパワー。そして相手よりもわすかでも早くボールに触るためのスピード。それを彼はエクスプロシブ(爆発的)なパワーと称して、必要性を説き、トレーニングを施しているのだそうです。われわれのチームの目指す“最後の15分”に必要なのもこのパワーだろうし、今日の試合では90分を通して、この力が相手より劣っていたということでしょう。

福岡というチームをこれまで客観的に見てきたとき、ひとり一人の能力は高く、乗せると恐ろしいチームだと思っていました。が、一方で90分間のなかでの波が激しく、メンタルが持続しないという印象も…。しかし、今回は熊本自身が自滅することで、福岡に90分間“切れる”ことなく“持続”させてしまいましたね。特に昨年は手薄といってもよかったボランチのポジションに、中町、末吉という有能なルーキーの補強が実にみごとに効いています。熊本への勝利で、調子の上がらなかったあの甲府を勢いづかせてしまいましたが、この試合でまた福岡にも同じことをしてしまったのではないかと心配です。

厳しい日程のなかで、身体がいつもどおり動かなかったのは見ていてわかりました。前節札幌戦の後、「(次の試合まで)48時間で何ができるかということなんですけど、まずコンディションを整える事が優先順位としては一番だと思います」と語っていた高木監督。見た目以上に厳しいものだったのかもしれません。もちろん福岡とのコンディションの違いも明らかでした。しかし、それだけを敗因にしてしまうのはいかがなものかとも思います。戦っている選手達には決してそんな気持ちはなかったとは思いますが、われわれファンもそれを言い訳にはしたくないと思うのです。世の中には公平でないことは数多くあって、もっと理不尽なことだっていくらでもある。主審のジャッジだって、クラブの環境だって、なにひとつ思いのままに操れるものない。われわれの仕事だって、人生だってそうじゃないですか。そんなことと一緒に向き合っているからこそ共に戦える。

名手・南が1試合で6度もゴールネットを揺らされることが、かつてあったのでしょうか。しかし、負け惜しみだと承知のうえで言うなら、ここまでの大敗も潔く受け止め、もう一度、一から出直すいい機会にしたいものです。ひとつ言えることはこの敗戦で失ったのは、勝ち点3だけ。大敗の原因にこれまでの自分達を“疑う”ことだけはやめてほしい。ぶれる理由も、必要もない。今年の高木サッカーをやり抜き通してほしい。それより、好調にスタートしたシーズン序盤の“ステージ”がこの敗戦で幕を引かれ、新たな段階に入ろうとしている。“大事な節目”。そんな気持ちでもいいじゃないですか。われわれもそんなふうに新たなモチベーションをかきたてていきたいと思います。

次節は松橋、福王が出場停止。藤田とソンジンでその穴を埋めるのか。あるいはこの2試合でゲームに馴染んだ感のあるファビオが先発か。新たな伏兵は現れるのか。しかも日程には余裕などなく、また中2日。そのなかで切り替えができるのかどうか。熊本のチーム力が問われ、試されています。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/252-e9ea7758