8月14日(土) 2010 J2リーグ戦 第22節
千葉 2 - 0 熊本 (19:03/フクアリ/10,435人)
得点者:52' ネット(千葉)、88' オウンゴ-ル(千葉)


「サッカーに事故的な失点はつきもの」というのは、これまで何度も引用してきた高木監督のゲームに向かう基本的姿勢。しかし…、またしてもというのか、こう“事故”が続いてしまうと…。そもそも千葉との“力”の差は、織り込み済みだっただけに、なんともやるせなさが残る結果となりました。

劇的なロスタイム同点弾で引き分けに持ち込み、今シーズンの序盤戦の流れを方向付けたともいえる開幕戦の相手・千葉。まだ昨日のようにも思えれば、遠い昔のようでもある不思議な感覚。そして二度目の戦い、熊本が初めて乗り込んだ敵地・フクダ電子アリーナは、テレビ画面で見る限りびっしりと黄色いファンやサポーターで埋め尽くされ、聴こえてくるチャントも地響きのようで、さすがにJ1時代の数々の試合を思い起こさせる。そこには必ず巻の勇姿があったものでしたが、彼は・・・遠いロシアの地に旅立ったばかりでした。

去年までのわれわれなら、もうこの雰囲気、このスタジアムでこの相手と戦えることだけで満足してしまっていましたが、今は違う。この試合は、昇格圏内3位の千葉にわずか勝ち点差5で追いかける6位のわがチームの、ヤマ場ともいえる大事な試合でした。

千葉 (先発フォーメーション)
 20ネット 
9深井10工藤
 16矢澤 
7佐藤6山口
3アレックス31青木
33茶野15福元
 17櫛野 

「個の力では千葉の方が勝る。われわれは組織で粘り強く戦いたい。」戦前、高木監督はそう言っていたそうです。その“粘り強く”という戦術どおりの前半でしたね。ポゼッションは完全に千葉。山口と佐藤という両巧者のダブルボランチは、球際の寄せも早く、そこに深井、工藤、矢澤、ネットというタレントが、入り乱れるように走り回る。熊本は渡辺、吉井だけでなく、両SBの筑城、西森が守備に忙殺され、自陣に釘付けにされてしまいます。前線のカレンや松橋との距離は遠く、収まらず、くさびのパスは佐藤やDF陣が狙っている。しかし、前半11本のシュートを放たれたものの、千葉のフィニッシュはどこかしら“怖さ”を感じさせない。別に飛ぶこともなく、枠に来たボールだけを、淡々と南がパンチングではねかえしている。さすがに28分のネットが壁になってアレックス、最後は矢澤のシュートは危ない場面でしたが、ゴールラインで福王が身体を張りました。

熊本は30分過ぎ、初めてバイタルエリアで作る。2列目、3列目も攻撃参加。短くボールを回すと、最後は左サイドからの高いセンタリングに右から筑城が飛び込みますが、クリアされます。凌ぎながらも、この一瞬と決めたところではズバッと前に行く。この日の戦術がはっきりと見えた瞬間でした。そのまま凌ぎつづけて前半スコアレスで折り返す。ゲームプラン通りでした。

後半、千葉はちょっとミスが多かった深井に代えて倉田を入れてきます。熊本は慎重に入って、しばらくはまだ相手にペースを持たせて。7分、さぁ、攻撃的カードの西を投入してスウィッチを入れようかと準備していた頃でした。くさびに入ったボールに福王がチェックに入ってDFの人数が足りないところに矢澤が入ってくると裏にパス。ネットの猛烈な突破。そこに南が飛び出して。もんどりうつネット…。何度スローを観てもボールに先に触っているのは南の方でした。しかし、主審が示したイエローカードの先は南。スカパー解説の田中氏も、さすがにこの判定にははっきりと疑問を呈しました。また、珍しく高木監督も試合後のコメントで言及していました。唯一、ピッチ上の南も福王も、そして他の選手も、どのチームでもPK判定時に見せるような激しく執拗な異議や食い下がり方を示しません。“判定は覆らない”。それよりもその後の異議で、不要なカードを貰ったり、主審の心証を悪くしてはいけない。選手としてなすべきは次のプレーに集中することだけ。そんな指導が徹底されているのかも知れません。潔ささえ感じる振る舞いでした。

それにしても、さあ、これからというときの“事故”でしたが、この1点のビハインドが重く重くのしかかりました。西が入ったものの、全体が押しあがりません。マイボールに動き出す選手がいない。サイドが上がれない。上がったときは使われない。パスミス。悪循環。この日、何回か攻撃の起点を自分で潰してしまっていた松橋を下げ、藤田を投入してからは、さすがにチャンスが増える。右サイド筑城からのクロスをカレンが落として、西がダイレクト。惜しくもDFに当たります。しかし、今度はカウンターに戦法を変えた千葉の反転力に、自陣の戻るのもやっとの熊本。試合から遠ざかっていたからか、渡辺の反応、判断が遅く、何度も奪われる。遂には足を痙攣させて片山と交代。やむなく藤田をボランチに下げる。残り10分。最後のカード。それは、せっかくの藤田を敵ゴールから遠ざけてしまう結果になりました。

そして、最後の最後に、さらにオウンゴールという事故が熊本を襲いました。アレックスのFKをゴール前で競り勝った福王のクリアが、なんと直前にいたカレンの頭に当たり、自陣にゴールインしてしまい2点差に。あとはしっかりと千葉に時間を使われて万事休しました。

今日のゲームプラン。事故によって大きく修正を余儀なくされましたが、同点にできる時間は十分にあったし、同点を狙っていました。しかし、誤魔化しようのない個の力の差が、時間とともに熊本から組織力までも奪っていった感じがします。「控えの選手層が厚く、個性的で充実してきた」と前節のエントリーで書いたものの、まだまだビッククラブ千葉との差は歴然としていました。活躍しては何がしかのアクシデントで次の試合を棒に振ってしまうファビオの不運。そのために熊本はまた試合の流れを変えられる藤田という支柱を、ベンチスタートさせざるを得ませんでした。最後に足をつった渡辺もしかり。コンディション面も含めた“層”の厚さの問題。「やはり誤魔化しは効かない。」昇格戦線に生き残るか否かの戦いのなかで、そんな言葉が脳裏をよぎりました。

その思いにはもうひとつの意味があります。問題になっている練習場確保の件。先々週でしたか、やっと見つけた県北の練習場では、予定されていた二部練習の午後の部が急遽中止されました。それは天候のせいではなく、あまりにピッチ状態が悪かったためと聞きます。選手に怪我をさせるより、休ませたほうが無難。そこまでチームは追い詰められているのだと思います。

チームは7月に新戦力を迎えました。これまでリーグ中盤で他のチームが次々と補強を行うのを傍目に見るだけだった熊本にとっては初めての経験。クラブの本気度が伝わるし、だから第3者からも“本気”だと噂される。しかし、その新戦力がなかなかフィットしてこないのも事実ではないでしょうか。もちろんシーズン前のように、しっかり連携を図りチーム作りをする時間がないことはわかっています。しかし、今のような練習場ジプシーの状態では、それはさらに厳しいことだろうし、もはやフィジカルだけでなく選手のメンタル面への影響も心配される状況ではないかと思うのです。

これはもう、希望的な観測をこねくり回している場合ではない。看過できない深刻な問題ではないでしょうか。まずわれわれのチームの最優先の課題は、専用(あるいは優先的に使用できる)練習場の確保に集約されたと言っていいでしょう。それも中長期的な目標ではなく、喫緊の課題として…。それは行政を動かすのか、民間の篤志家を口説くのか。そのとき芝の種を持って集まる人たちはいるのか。ローラーを曳いて汗をかく覚悟はあるのか。水を撒き、芝を刈る者は集まれ。知恵を持っている人は知恵を。人を知っている人は人を。汗をかいていい人は汗を。みんなが何かを出し合い、何かを始めないと…。この課題の“重さ”はそこまで来ていると思います。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/265-eee75d7e