8月22日(日) 2010 J2リーグ戦 第23節
熊本 3 - 2 東京V (19:05/熊本/7,574人)
得点者:6' 松橋章太(熊本)、75' ファビオ(熊本)、80' 矢野大輔(熊本)、81' 南秀仁(東京V)、86' 高橋祥平(東京V)

終盤は、正直なところ肝を冷やしましたが、なんとか逃げ切っての勝利。この試合で2アシストの宇留野が試合後、「上に行くか下にいくかの分岐点の試合だった」と振り返る試合。7500人のファンが久々のホーム勝利の歓喜に酔いしれた試合でした。

千葉戦敗戦のショックのなか、迂闊にも東京ヴェルディに追い抜かれていたとは気づいていませんでした。東京Vは経営体制が入れ替わって以降、プラスの効果があったのか直近の3連勝を含めて8試合負け無し。そのなかでも後半戦に入って甲府、柏に土をつけるなど、今最も勢いのあるチーム。一方、熊本は後半に入っていまだに勝利なし。前節千葉戦の内容もあって、ファンの気持ちのなかには不安の方が大きかったことは否めないでしょう。

今シーズン2度目の古巣との対戦となる高木監督は、この一週間は、相当に苦慮していたのではないでしょうか。それはもちろん、よく知るヴェルディのチーム力とその勢いを更にスカウティングしたうえで、今のわがチーム状況のなかで、どう戦うべきなのかと。直前の練習で試した色々なコンビネーションから、この日先発に選んだのはカレンと松橋の2トップ。そして左SH・片山でした。さらに週中日でのオフ。遂に練習場が見つからなかったのか、とまでファンに心配させましたが、これはどうもこの猛暑のなかでのコンディションを考慮しての初めての試みだったようで…。こんなところにも、“何かを変えたい”という監督の意図が読み取れました。

東京V (先発フォーメーション)
 25平本 
 33高木 
10飯尾10菊岡
5佐伯8柴崎
3吉田2福田
14富澤17土屋
 1土肥 

やはり好調の東京V。試合開始から果敢に攻め込んできました。開幕のころは左SBで試されたりもした平本が、今は堂々のワントップ。そのサイドに若手の高木。このチームで要注意なのは、テクニックのある菊岡と柴崎か。しかし先制は熊本。中盤で受けた宇留野が右サイドを一人ドリブルで突破。DFをかわすと更にサイドをえぐってクロスを上げる。中央の松橋が、一度DFの視野から消えて遠ざかる。ボールはDFの頭を越えて松橋は完全なフリー。しっかり捕らえたヘディングはGK土肥の手をかすめるとゴール右に突き刺さりました。早々にして先制。開始からわずか6分でした。

その後の熊本は“深追いはしない”という戦い。しっかりブロックを形成すると、中へのくさびのパスを確実にチェック。左サイドでは、ようやく福王と堤のコンビネーションが合ってきた。中盤では確かにまだミスがあって潰されるものの、千葉戦の反省からかダイレクトプレーが多用されている。東京Vは、平本から中央に走る高木へ。通ればビッグチャンスと思われたがCBが潰す。中へ中へと通そうとするヴェルディのパスをしっかりブロックして守りきった、そんな前半でした。

後半の入り方がいつもながら気になる熊本でしたが、それ以上に、高木監督がハーフタイムに発した「後半はメンタル勝負になる」という発言。まさしくその言葉どおりの展開になりました。

まずは熊本。1点先取の強みを活かし、慌てず、じっくり“作る”ことに専念したボール回し。じらされた東京Vは、故障もあったのか曲者・菊岡を阿部にスウィッチ。熊本は先制点の松橋が傷んだところでファビオ。疲れた片山に代えて西を投入してかき回す。その西が入った直後。FKからのこぼれ球を宇留野が拾うと、左足で上げる。中央のファビオがそれをしっかり頭でミートしてゴールネットを揺さぶります。反撃に来るヴェルディの攻勢を凌ぎ、じらしにじらした熊本の後半最初のシュート。それが追加点になりました。

続いてもFKから。堤のキックがゴール左に流れると、福王が拾ってグランダーで入れる。中央に残っていた矢野がDFより一瞬早く足を出す。これが決まって3点目。勝利を確信した瞬間でした。

ところがヴェルディの反撃は、そのゴールの場内アナウンスをDJコバが得意の絶叫で報じている瞬間でした。熊本の左サイドから入ったボール。中央でオーバーヘッド気味にパスされると、迷わず走り込んだのは東京V・南。思い切りよく豪快にゴールに突き刺します。続いてもFKから、柴崎のボールが熊本のゴール前の壁を越えると、飛び込んだのは高橋。ヘッドで決めて1点差に詰め寄りました。いずれも熊本の3点目の直前に2枚代えで投入された新進気鋭の選手。してやられました。

2種登録の南は、この試合直前に登録されたばかりだとか。高橋にしても18歳。東京Vの伏兵は、意外なことに新顔のルーキーたち。それもユースあがり。苦境に立たされている名門クラブを支えているのは、他でもないこの伝統ある下部組織の力なのではないのでしょうか。平本しかり。飯尾にしても、富所、高木にしても。もう、以前のように有力な外国人プレーヤーに頼るすべもないところで、チームの力を支えているのは、下部組織から次々に輩出されるタレントたち。その底力、その歴史は恐るべしです。

KKウィングに駆けつけた、わずか数十人の緑色のサポーターが叩く太鼓の音量が増し、その勢いにこれほど“恐ろしい”と思ったことはありませんでした。試合時間は、残り5分しか残されていませんでしたが、前夜甲府が、首位柏に演じた大同点劇も頭をよぎり、東京Vの凄みを感じさせました。

さて1点差に詰め寄られて、改めて若き熊本のイレブンの“終息力”が試されます。奇しくも高木監督が言ったとおり「メンタル勝負」の状況になりました。最後に予定されていた攻撃的カード西森は、急遽ソンジンに変更され、ソンジンは筑城に代えて右SBに入ります。足が攣りそうになる最後の最後の時間帯、自然と落ちていくのは高さへの競い合い。堤、福王、矢野、ソンジンと並べた4枚のDFは、ロスタイム4分の最後まで“あがく”ヴェルディの攻撃を、なんとかうまく跳ね返しました。

終わってみれば熊本はシュート数5のなかで3得点。まさに要所で確実に点を取ったゲーム運びは、数字だけみれば“省エネ”と言われそうですが、その根底には、相手よりも球際に早く詰める、相手よりも走りに勝る。まさしく走って、守り抜いて、作って、撃ったというサッカーの“原点”に立ち戻った、ともいえる姿でした。

いや、形や内容はもはやどうでもよく、この試合で欲しかったのはホームでの勝利でした。長らく続くホームでの勝利なしという状況と、後半戦の苦境に対して、高木監督は「ホームで勝たないと、次のステップには行けないんだ」と言って、この試合に臨む選手を鼓舞していました。勢いのある東京Vを迎え「3点が安全圏とは言えなかった」と率直な心境を述べ、しかし「手ごたえのある試合だった」と言わしめたのは、監督自身苦悩したこの一週間のスカウティングが結果を出したことへの安堵感があったのではないでしょうか。

「次のステップ」。その言葉の意味は、冒頭の宇留野の言葉を借りるまでもなく、この一戦で再び5位に浮上し、3位までとの勝ち点差を5とした結果を意味するのだと。昇格へのチャレンジャーとしてのポジションを、まだ保持している。そのことを。

“連敗しない”熊本の神話は続く。「J1。目指しちゃいましょう!」。今日の熊本のヒーロー、日ごろシャイな宇留野が、試合後のゴール裏で発したマイクパフォーマンス。こんな言葉を臆せず口に出していくことも、夢をつかむための大事なことなんだと、われわれも思い始めています。厳しい道程だとは思いながらも、ともに戦う。もちろん、次の栃木戦もとても重要な試合になってきましたね。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/266-7c21a492