FC2ブログ
9月26日(日) 2010 J2リーグ戦 第28節
愛媛 2 - 0 熊本 (19:03/ニンスタ/3,215人)
得点者:47' 大木勉(愛媛)、67' 杉浦恭平(愛媛)


「どうにも向かい合いたくない、そんな試合がたまにある」と書いた前節のレポート。この試合も「以下同文」という感じでコピー&ペーストでもしたい気分ですが頑張って書きます。

前節から中二日の第28節。午後からずっと他会場の試合をザッピングし、いよいよ19時キックオフの愛媛戦の画面に大きく映し出されたのは、愛媛サポーターが掲げる「同じ相手に何度も負けられるか」という即席横断幕の文字。確かにちょうど3週間前の天皇杯で追いすがる愛媛を退けたばかり。しかしそれだけでなくこのフレーズは、J昇格の2年前の開幕戦に勝利して以来、熊本に対して勝っていないことを差しているのだと実況のアナウンサーが言います。そういえば、なんとなく愛媛には苦手意識がなかった気がするのも、そんな戦歴のせいでしょうか。前節の横浜サポの「定期戦」表現といい、色んな因縁が積み重なり、色んなことを第3者からも意識されるようになったんだなと実感するJ3年目。そして、その横断幕が選手を鼓舞したのか、今日の愛媛は強かった。

愛媛 (先発フォーメーション)
20大木 9ジョジマール
23杉浦16赤井
6田森19越智
14三上13関根
22小原5アライール
 1川北 

前節の反省から、慎重に入りながらも、次第に仕掛けていく熊本。右SBの筑城を走らせる。左SB片山のミドルシュート。今日も両SBを高くポジショニングしています。一方の愛媛も最初から飛ばしてくる。右サイドからのクロスに飛び込んだ杉浦のヘディングは、誰かわかりませんでしたが投げ出すように身体に当ててクリア。事なきを得ます。ひときわ球際に厳しい愛媛。なかなかボールが繋げない熊本。特にジョジマールと大木の両FWにはボールがよく収まり、そこに2列目が攻撃参加してくる。なんとか急造CBの堤と矢野のコンビが跳ね返しているものの自分達のリズムは作れない。両者攻めあぐねているとも言えましたが、熊本にとっては全くチャンスなしというのが実際でした。なんとかスコアレスでそんな前半を折り返します。

愛媛の厳しいプレスを嫌い、高さのあるファビオとカレンの2トップに、どうしてもロングボールを放り込んでしまっていた前半。ハーフタイムに高木監督は「取ったボールを2~3本つないでいくことを意識しよう」(J‘sゴール)と言って選手たちを送りだしました。しかしそんな後半開始早々。

自陣ゴール前で渡されたボールを堤が、後方からジョジマールに奪われてしまう。ジョジマールは反転してエリアに侵入。堤ともうひとりが対応するも、粘ったジョジマールの長い足がパスを入れる。そこに大木が走り込んでゴールにねじ込みます。連携のミス。いや、正確に言えばプレーの甘さ、軽率なプレーに起因する失点。これは決して“事故”とは呼べないものでした。

熊本も反撃すべく藤田を入れましたが、足に付かないといった場面が多い。愛媛はポゼッションを獲得すると攻撃に厚みを見せ、67分、右から関根が強烈シュート。南がパンチングで凌いだものの、左から杉浦に拾われ、ワンフェイント掛けたシュートで2点目にします。

熊本はカレンを下げて松橋。宇留野に代えて西森。最後は矢野を前線に上げてパワープレーで挑みましたが、チャンスらしいチャンスも作れず、完封でニンジニアスタジアムのピッチに膝を着きました。

愛媛のバルバリッチ監督は、「ボールよりポジション」と言うくらい試合中の選手のポジショニングを重要視する人です。確かに今日の愛媛には、スペースという“隙”がなく、さらに運動量豊富で球際にも厳しかった。それを熊本はこじ開けることができないばかりか、怖気づいたようにミスを連発し、何もできずに自滅した。そんな印象の試合でした。

ひとつには高木監督の“見立て違い”もあったと思います。それは選手起用の部分で。前節のエントリーの最後にも書いた「使える選手をしっかり使っていきたい」というコメント。そこにわれわれは密かに注目していました。緊急事態ともいえる状況のなか「使える選手」とは。もちろん一番の注目点は、福王、ソンジンを欠くCBですけど…。

堤は本来CBの選手だと思っていたので、熊本で初のCB先発に当然期待もしていたのですが…・。失点のシーンももちろんですが、その他、ジョジマールや大木によくボールが収まったのも、矢野を含めCB二人の当たりが軽かったからのように思います。そこからサイドに展開されて、全員が後手後手に走り回されました。それと前節「パサーが必要だ」と感じたのは、実は中盤だけのことではなかったのかも知れません。「ここで上がっている筑城にロングパス。」「ここでボランチを飛び越してグラウンダーのスルーパス。」そう試合中にイメージする。しかしそれが叶わない瞬間、それは福王のプレーだったんだと実感しました。福王のロングフィードがどれだけ攻撃を形作っていたのかを…。

ファビオとカレンの2トップは一見魅力的だったのですが、きっちり愛媛に押さえ込まれました。ファビオには、まさしくこの日のジョジマールのような働きが期待されたのですが。デビュー戦で鮮烈な印象を与えているから、愛媛も相当警戒していました。カレンは相変わらず自分がしたいことと、周りとの考えが合っていないのでしょうか。平木の探しているプレーにも、それと同じようなもどかしさを感じます。

それにしても。無尽蔵のような運動量で攻守に顔を出す吉井、相手の起点を潰したあとに視野広く展開する原田、相手を翻弄するようにサイド奥深く切り裂いていく宇留野…。他にも名前を挙げなかった選手も含めて全ての選手たちが、誰ひとりとして自分のいいところを出していない。100%どころか50%も出せていないこの2戦。

関東リーダーのときやんのブログによると、試合後悔し涙を流す選手もたくさんいたといいます。
「今までの戦いを夢物語で終わらせないように、これからしっかりと自分たちのチームを見つめ直して次の準備をしたい」。それが試合後の指揮官の公式コメントでした。しかしロッカールームでは、「腹を割って話せ。言い合え。」と選手たちにうながしたそうです(RKK・VIVA roasso RADIOより)。「このままでは終われないぞ。オレもこのままでは終わらない。」とも。

今、ロアッソはとても大きな壁に直面している。どこかで狂いだした歯車。コンディション? 選手層? 起用法? メンタリティ? 連携? 運動量? スカウティング? 始めての連敗…。しかし、それだけでは片付けられない、得体の知れない魔物に取り付かれたような感覚。何かこれまで経験したことのない領域に差し掛かっているのか…。

一方でクラブは、熊日夕刊に池谷GMが書いていたとおり、J1昇格の条件として、2年連続の単年度黒字と債務超過解消の2つをクリアしなければならないという課題に対して、まず債務超過解消のために、地域の企業からの増資協力を始めたようです。

越えなければいけない大きな壁。チームとしても、クラブとしても。そしてわれわれファンも。それは、やはり想像以上に分厚く重い、J1への扉なのかも知れません。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/274-155fab89