10月3日(日) 2010 J2リーグ戦 第29節
熊本 2 - 1 福岡 (16:03/熊本/16,098人)
得点者:27' 松橋章太(熊本)、51' 松橋章太(熊本)、82' 高橋泰(福岡)


秋雨前線の通過で、激しい雨に見舞われたKKウィング。試合開始時には曇り空になってきたものの、ピッチは非常にスリッピーに見えました。蒲島知事が試合前、「わたしが観戦する試合は負け無し」と豪語し、そしてそのとおりの結果になり、今季最高の入場者数となった1万6千人とともに勝利に歓喜しました。

熊本は前節まで2連敗、4試合勝利から遠ざかっていました。累積カードで欠場していたDFの要、福王が3試合ぶりに復帰。守備の立て直しに期待がかかりました。一方の福岡は昇格圏内の3位に位置するものの、前節、首位柏相手に何もさせてもらえず敗戦。ここで連敗してつまずくわけにはいきませんでした。

福岡 (先発フォーメーション)
 16岡本 
 10城後 
14永里7久藤
22末吉15中町
17中島3山形
5田中6丹羽
 1神山 

序盤、そんな福岡の貯まっていたフラストレーションを吐き出すかのような攻勢に見舞われます。CKを南がパンチングで逃れますが、岡本に転がり強烈なシュート。これは枠を大きく外れてくれます。あるいは永里の早いクロスに、右から虚を突いたように入ってきた久藤に合わされますが、南の正面に収まる。続いては左位置からFK。中島のキックはゴール前に飛び込んだ中町が右足に当て、南がなんとか触れるもののボールはポストに当たってゴールイン。しかしこれもオフサイドの判定に胸をなで下ろします。

そんな福岡の時間帯。押し込まれているものの、しっかり凌いでいる熊本。今日は球際に強く、厳しく、前線からのプレスを忠実に行っている。渡辺と吉井のチェックも厳しい。福王がよく“しゃべり”、よく指示を出している。そんな27分。

今日は中に絞りぎみの片山。十分DFを引きつけたあと、上がってきた堤にはたく。堤が狙いすましてクロスを上げると、中央でカレンが競りながらすらして、ファーの松橋にこぼれたボール。うまくトラップして前を向いた松橋がすかさず振り抜くと、ゴール右上に突き刺さりました。劣勢に見えた熊本の先制点に、地響きのような歓声が沸く。「してやったり。」「どうだ!福岡」とばかりに。

その後は、熊本の厳しいプレスに前に運べなくなる福岡。なんとかこじあけようと中盤での激しい攻防が続きます。縦に入る福岡のボールをカット。特に福岡のキーマン・中町には渡辺、吉井がきっちりマークして自由にさせていない。守備がうまくいっていると両ボランチも攻撃に参加できる。筑城は相手のカウンターの芽を潰している。1点先取のまま前半終了。

後半の入り方は熊本に分がありました。左から右から3人目、4人目が上がってきての波状攻撃。追加点を狙います。右サイドでカレンが落としたボールに筑城が走り込んで右足シュート。これは惜しくも左に抜ける。しかし積極的、そして連動している。

追加点はまた福岡の攻勢を凌いでからでした。自陣でがっちり守り切ると、宇留野がロングフィード。前掛かりになっていた福岡のDFは2人。その間をうまく抜け出した松橋。飛び出してきたGK神山の動きを見極めるようにトラップ一発で交わすと、まだ距離は残されていましたがゴールに向かってうまく流し込みました。

2点のビハインドを追いかけることになった福岡は、久藤に代えて田中を入れる。予想された交代。この田中のスピードを抑えられるかが、この試合の鍵とも言えました。左SBの堤とボランチで必死に抑えに掛かる。再び、前掛かりの福岡の裏を突くように渡辺からカレンにスルーパス。完全に抜け出し、GKとの1対1でしたが、これは神山に防がれる。惜しい。

福岡が大久保を入れたところで、熊本はファビオ。宇留野を下げて松橋を右サイド、ファビオとカレンを2トップとします。

このすぐあと、福岡にビッグチャンス。中町、岡本、大久保、再び岡本が貰って放ったシュートは南の手をかすめ、バーに当たり事無きを得ますが、今度はこぼれ球を永里が左からシュート。ここは矢野が身体を投げ出して防ぎます。続いても左からクロス。ファーで折り返して中央に上がっていた丹羽がシュート。これもバーに当たり跳ね返りました。絶体絶命のピンチでした。

岡本を諦め高橋が登場。こうして福岡が最後のカード切ってくると、試合は俄然、攻守切り替えの早い終盤の局面を迎えました。大久保のミドルはポストに嫌われ、ファビオが入れたパスにカレンのシュートは弱い。それにしてもボールを失わないファビオ。福岡のDFも数人がかりで囲み、手こずっている。ロングボールにDFの裏を取ったファビオが、飛び出したGK神山と交錯する。もんどり打って倒れたファビオに、真っ先に駆け寄るのはエジソン氏。目を開き、ようやく起きあがったファビオの勇気あるプレーに、ゴール裏からは盛大な「ファビオ」コールが起こりました。

ラスト15分、熊本も疲れの見える松橋に代えて西を投入。しかしすぐその後のことでした。ロングスローにPA内で永里と競った筑城の肘が入ったと笛が鳴る。異議を唱える熊本イレブン。その騒動の間に真っ先にボールを拾いに行ってしっかり抱いているのは、誰あろう高橋泰でした。怪我から復帰したばかり。試合からもかなり遠ざかっていた。このPKを決めるのは俺。誰にも譲らない。熊本のファンから送られる盛大なブーイングなか、古巣のゴールマウスにきっちりたたき込みます。

1点差に迫られる。残り時間は10分。勝ちたい。今日はどうしても。吉井が奪って右サイドにファビオを走らせる。再び飛び出したGK神山を交わして角度のないところからゴール左に流し込むようなシュートを放ちますが、ファーサイドのポストに当たり運悪くはね返る。ミドルレンジからの西のシュートは左にそれる。

残り5分。右から高橋が運ぶ。永里の早いクロスは大久保に合わず抜けてくれる。田中のクロスを跳ね返す。西のカウンター。ドリブルで仕掛けPA前で倒されるがファールなし。遂にアディショナル・タイム。時間は4分。片山に代えて山内で時間を稼ぐ。そして隙あらばカウンター狙い。福岡のFKに大久保がフリーで飛び出すが、スリッピーな芝に足をとられて救われる。福岡のロングスロー。こぼれ球を飛び出してキャッチした南が“吠える”。チームを鼓舞している。勝つぞ。今日は絶対勝つぞ。福岡はもう前線に長いボールを入れてくる。跳ね返す。西のチェックがファールを取られる。ゴール前で与えたFK。すでに時計は4分を回っている。どう考えても最後のプレー。そう知ってじっくりと時間を掛ける福岡。ボールの前には中町、中島、高橋。スタジアム中の熊本ファンが一体となって手拍子している。このFKは絶対跳ね返す。神様、今日ばかりは勝たせてください。そう祈るように…。中島が蹴ったボールは枠を捉えていましたが、がっちりと南がキャッチする。それと同時に終了のホイッスルが吹かれました。

熊本には、連敗脱出というテーマと同時に、前回なすすべもなく6-1で大敗した相手に雪辱を果たすという“意地”がありました。昇格圏内の福岡は、ここで連敗できない。しかも九州の新参クラブに足元をすくわれるわけにはいかないという“意地”もあったことでしょう。そんな意地と意地が激しくぶつかり合い、火花を散らした試合は、僅かに気持ちで上回った熊本に軍配が上がりました。

走りで上回り、球際で上回った熊本のプレーからは、選手達の強い気持ちが伝わってくるようでした。試合後の高木監督のインタビューを読めば、もちろん福岡をかなり研究していたことがわかります。しかしその戦術をベースにしながらも、結局勝負を決めたのは、この日の選手たちの“気持ち”ではなかったのでしょうか。そのモチベーションを問われて指揮官は「それは選手に聞いてください」と答えるにとどめています。

愛媛戦の直後のロッカルームだけに止まらず、この1週間、選手たちは自発的に話し合いを何度も行ったそうです。試合後、スカパー!のアフターゲームショーで司会の平畠氏から「話し合ったことは福岡対策だったのか」と問われた松橋は、「いや、自分たちのやり方をはっきり(見直)して、それをやっただけ」と答えました。

思えば、記録的な猛暑のなかでの連戦中、「行くところ、行かないところ」という緩急の付け方がうまくなったといつかの試合レポートで書きました。しかし、それが次第に選手の間で戦術的なズレを生じさせてきていたのではないでしょうか。「前と後ろでの守備の時の意識というか、感覚のズレについてたくさん話をして、それがいい方向に働いたと思う」と言うのは、復帰いきなり頼もしい闘将ぶりを発揮した福王でした。そして、気温が30度を下回ったこの試合、指揮官は、「今日は行けるところまで前から行く」と指示したのだと言います。一番分かりやすい戦術意思統一の表現ですね。そして結果、最後まで行った。

動員の掛かっていた先のサッカーフェスタの敗戦時、「初めて訪れたかも知れない人たちに、“ロアッソのサッカー”を見せられなかったのが非常に残念」とエントリーに書きました。しかし今節こそ間違いなく、「1万人以上のファンやサポーターが、翌日『昨日のロアッソの試合は面白かった!』と職場や、学校や家庭で口々に話題」にしているに違いありません。今日の試合こそまさしく今季のロアッソのサッカーを象徴するものでした。一度は迷い、方向を見失ったかに見えましたが、チームは、選手たちはしっかり自分たちで原点を見つめ、立ち戻ってくれた。昇格圏・福岡というチームを迎えて、攻守の切り替えの速さ、惜しみない運動量、スタンドにも伝わる闘志。そして、一点を巡る痺れるような時間感覚。どんなに初めての観客にとっても、今日はサッカーの面白さすべてが詰まった、そんな試合だったのではなかったでしょうか。そしてこの試合を観た初めての来場者の多くが、きっとロアッソが好きになったに違いありません。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/275-303979c8