11月14日(日) 2010 J2リーグ戦 第34節
熊本 1 - 1 富山 (13:04/熊本/5,086人)
得点者:3' 関原凌河(富山)、61' 宇留野純(熊本)


前の試合で「今季のベストゲームだった」とベタ褒めした途端に、こんなゲームをやらかしてしまって…。この波の激しさ、安定感のなさではとても昇格戦線を窺うなどとは言っていられない。そう思いました。

開始早々の失点。右からのアーリークロスに矢野のクリアは高く跳ね上がりファーサイドへ飛ぶ。競った堤の上からヘッドで折り返されると、中に全くのフリーで入ってきていたのはブレイズ出身の関原。名手・南も一歩も動けない近距離からのシュートは、関原の凱旋ゴールになりました。

熊 本
32カレン 10松橋
33片山11宇留野
8原田22吉井
19堤24筑城
6福王16矢野
 18南 

富 山
11永冨
23平野28関原
7朝日
16谷田27舩津
5長山
3堤2足助
6濱野
31橋田

スカウティングはしていたはずです。2週間空いた試合勘についても念頭にあり、「入りは全員で声をかけていた」と福王は言います。しかし、安間監督が就任して敷き始めた3-3-3-1という富山の珍しいシステムは、想像以上に攻撃的で、また苔口と思っていただろうワントップには永富が初先発し、サイドと思っていた朝日はトップ下にいるなど…。明らかに開始から熊本守備陣は、次々と飛び出してくる富山の選手達を捕まえきれず、混乱しているように見えました。

3-3-3-1。68メートルのピッチの横幅のスペースを埋めるのに最適な人数は、試行錯誤が繰り返された結果、4人が最適であると言われています。単純に考えれば、その広さを3人で守るわけですから、当然横のスペースには無理が生まれる。しかし、富山は前後の列が助けあうことで、その不利を埋めていました。それはまるで蛇腹構造のようにコンパクトに移動し、球際は早く強くくる。大小たくさんの3角形が成立することで、局面局面で数的優位を作れている。久しぶりに、敵のほうが人数が多いのではないかという錯角に陥りそうな富山の超コンパクトな布陣でした。

対する熊本は、いつもどおりの4-4-2で、いつもどおりに守りを固めていく戦術のようでした。ボランチで中盤の底に蓋をして、両サイドを上がらせていく。次々に2列目、3列目から飛び出してくる富山の布陣を凸型とするなら、あくまで熊本は凹型。だからこそ、サイドでの勝負は重要。先々週の初ゴールで気をよくしている片山、恩師・安間監督の前で活躍を見せたい宇留野が、縦に横に、あるいは途中ポジションをチェンジして揺さぶりますが、どうしても前線に収まらない。ときに5人とも6人ともなる富山のDFラインを崩せず、焦ったようなミドルシュートばかりが目立ちました。

前半も終わりごろ、正面やや右で得たFK。堤が浮かせて矢野が繋いだボールはPA左に入っていたカレンのもとへ。しかしこれを撃たずにパス。瞬間、DFにクリアされる。PA内で撃たないストライカー。なぜチャレンジしない? 失望感が募りました。

これほどまでに劣勢感の漂う前半を見たのはいつ以来かという感じでした。守備から入るチームとして、守備が“はまらない”とこういったゲームになってしまうのかとも思いました。当然、後半からなにがしかの選手交代、特に前線にターゲットにもなり溜めも作れるファビオの投入が期待されたのですが、それはいつものように後半12分過ぎまで待たされました。その間、左サイドで原田がボールを奪われ、PAに入れられ永富に押し込まれるもオフサイドの判定に助けられる場面もありました。

交代で入るファビオにボードを使い指示をしている高木監督と加藤コーチを見て、今日は通訳のエジソン氏がいないことに気づきました。試合後の監督コメントで、「本来はファビオを先発する選択肢を持っていましたが、富山のシステムが少し複雑で、言葉の問題が少しあってうまくコーチングができない」という問題があったのだと知りました。おそらくエジソン氏は世界バレーの方に行っているのでしょう。専属通訳がいないチーム事情が、ベンチワーク、いやチーム戦略にも大きく影響していました。

ファビオが入って落ち着いて前線に人数を掛け始められた熊本。61分、アタッキングサードで右に回すと、上がってきていた筑城が狙いすましたようにクロスを上げる。ゴール前に富山も人数はいましたが、宇留野が中央で競り勝ってねじ込むようにヘッドを振ると、同点弾としました。そう、中央に人数はいるが、サイドはフリーでクロスを上げさせてくれる。前節富山に2点を先取されながらも逆転に成功した東京Vの得点シーンにもこういう局面があったことを思い出しました。

「彼には数多くゲームでも助けられました。人間的にも素晴らしく、病を患ったときも本当に前向きに、プロでやりたいからと飛び込んできました。いろんなものを背負っているから目も澄んでいるし、動じないところはすごいなと思います。いろんなものに気を遣える人間で、こちらも尊敬する人物だと思います」。試合後に宇留野について聞かれた安間監督の言葉には、Honda時代から甲府と、(苦楽なんていう安直な言葉では表現しきれない)“人生”そのものを共にした間柄だからこその重さがありました。「いろんなものを背負っているから目も澄んでいる」。ここまでの表現はわれわれも目にしたことがありません。その師弟関係の深さに、思わず目頭が熱くなりました。

富山は平野に代えて苔口、永富に代えて黒部の2枚代え。後半ガクンと運動量が落ちるのもこの凸型システムの弱点。そこを突かれて逆転劇を許したのが前節でしたが、今日はスピードのある苔口を温存し、その時間帯に備えていました。熊本は吉井を下げて西を珍しく中盤に投入。徐々に富山サイドで展開ができるようになります。スローインからカレンが右サイドにパスを送ると、走り込んだ筑城が完全に裏を取る。キーパーとの1対1でしたが、(はじかれて)枠の左に反れていきます。そう、そのスペースをもっと早い時間帯で使えていれば…。

宇留野に代えて藤田を投入したのは残り15分を切ってから。西をサイドに、原田を中盤の底に、自身はトップ下と、中盤をダイヤモンドにしたのではないでしょうか。ようやくここで富山の布陣に対するシステム的対応ができたように見えました。しかし、なんとも遅きに失した感がありました。富山は、奮闘する苔口が右サイド奥ギリギリ残して折り返すと、中央で倒れ込むように朝日が押し込む。しかしこれはわずかボールひとつ右に外れて事なきを得る。誰もが目を覆った瞬間でした。

熊本は矢野も上がってパワープレー。欲しいのは勝ち点3でしかありませんでした。敵陣左で得たFKが残された時間から言っても最後のプレーに思われましたが、原田のキックはGKのパンチングでサイドラインを割ると虚しく終了のホイッスルが吹かれました。その瞬間、手拍子が止み、チャントが終わり、異様なほどの沈黙がスタジアムを支配しました。この試合結果、今、目の前に繰り広げられた試合内容をまだ“整理”できないでいるサポーターたち。われわれを含めスタジアム中の皆がそうでした。誰もが口数少なく、家路を急ごうとする。

この日、他会場では甲府が昇格を決め、千葉はなんとか東京Vに競り勝って、福岡は足踏み。残り4試合で3位福岡との勝ち点差は12と、数字上は決して可能性がなくなったわけではありません。しかし、ただこの日、目の前で見たホームチームの“力”(それはスカウティングに始まり、ベンチワークを含め、選手の能力、対応力、修正力、判断力など総合的な意味で)を思うと、数字以上に足りないものが思われて。まだまだ足りないものがいっぱいありすぎて。それを整理できないもどかしさを抱え、とてもモヤモヤした気分でスタジアムをあとにするわれわれに追い打ちを掛けるように、季節はずれの黄砂がまた舞ってきました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/282-5870e196