来ましたね、エジミウソン。クラブの新体制発表記者会見に遅れること2日。単独記者会見が行われ、池谷GMから「今年の補強の目玉」と紹介されていました。赤いユニフォームも似合うし、意外と若い。さらにいえば今のこの時期にしては結構、“絞れて”いるようにも。「いつでも行けるぞ」というふうに見えたのは贔屓目というものでしょうか。

前回も書きましたが、守備的MFはこのエジミウソンが期待通り動けるなら、新加入の根占とのダブルボランチがファーストチョイスでしょうか。エジミウソンがあくまで守備的に陣取り、根占がスルスルっといつの間にか前線に顔を出している。そんなシーンを想像してしまいます。しかし、大分でかぶっているか定かではありませんが、原田拓とのコンビネーションも見てみたい。原田の左足はやはり捨てがたい。もちろん吉井の運動量も。組むパートナーとの相性によっては、吉井の攻撃性がさらに開花する余地も大いにあると思います。さらにそこに2年目の加藤がそろそろ食いこんでほしいし、FC岐阜SECONDから新加入の片山、果ては柏からレンタル移籍の武富のボランチ起用も考えられる選択肢らしい。一気に層の厚いポジションになったと言えるのではないでしょうか。

前線の松橋はRKKラジオの番組で、「エジが敵の攻撃の芽を潰して、そこからのロングフィードに僕が飛び込む」と、大分時代からのホットラインを思い起こして、エジミウソンの入団を大歓迎していますね。今季はまぎれもなくこの男がFWの“軸”です。10点以上の得点をこの番組でも宣言した松橋。持ち前の速さだけでなく、サッカーの“上手さ”も兼ね備えている選手だとわれわれは見ているだけに、今季のさらなる活躍を期待しています。

その相棒を務めるのは、昨季の実績からいえばファビオか。ただし元々の登録はMF。その特徴からいえば、トップ下ぐらいに位置させて、幅広く動き回らせボールキープで敵を掻き回したい。ちょうどアジア杯での本田のように。

これに絡んでくるのは清水からレンタルの長沢になるのか、インカレ準優勝・中京大で大会ベストFWを受賞してきた斉藤か。長沢の191センチの体躯はまるでハーフナーマイクを思わせます。高木監督が欲しかった前線のターゲット。ポストプレーを相当仕込むのではないでしょうか。斉藤は前評判も高く、いっときの水戸の荒田のようにルーキーながら大ブレークしてくれないかなと期待しています。この二人の加入で岡村の尻にも火がついているものと思われます。

宇留野はやっぱり右SHがいいのではないでしょうか。左はもちろん片山でお願いします(笑)。そこに割って入るのは、3年目の大迫か。あるいは柏からレンタル移籍の武富も即戦力でしょう。今、日本でも有数の育成組織である柏ユースの出身。かなり将来を嘱望されている選手らしいので、どんどん出場機会を与えてほしい。「ドリブル、パス、シュート、全て1つ1つにこだわっていくので、全部見てください」という会見時のコメントも、なにやら自信に満ちあふれているようで。変則的なドリブルが持ち味とも。また柏時代にモジミリンECに短期留学していた際、ファビオともプレーしていたらしく、そのコンビネーションも楽しみ。そこに同じく柏ユースの後輩・仲間、大阪教育大出身の田中が食い込んでくるかといったところでしょう。

長沢と同じく清水からレンタル移籍のDF廣井は、たしか駒沢大の主将で、筑城とはチームメイトだったんですよね。清水ではなかなか出番に恵まれず、一昨年は高木監督が指揮する東京Vにレンタル移籍していました。その年の11月の対戦で、(高木監督は既に解任されていましたが)先発左SBで廣井の名前があったので、ビデオを見返してみました。あまり奥までえぐるシーンはなかったものの、要所要所でサイドを上がり、右足でクロスを上げていました。ちょうど去年の堤のような。長身を活かしてセットプレー時はゴール前に上がってましたね。ただ、自身「センターバックなので」と会見で言っていますから、福王、矢野のコンビを脅かして、筑城との相性の良さを発揮してほしいですね。状況によっては、筑城を下げたあと市村を一列上げて、福王、矢野、廣井の3バックでというのもありかな~などと想像したりしています。

GK岩丸の獲得はちょっと驚きでした。南の控えは木下で十分と思っていたので。しかし、GKは最も危険なポジションと言ってもいいので、何があるかわからない。年齢的にも間を埋める位置、それに実績も申し分ない選手補強だと思います。07年の一年間、高木監督が見ているようですね。

というわけで、今季の選手補強は、Jの下部組織、大学からは練習生を経て。他チームからは、柏ラインや清水ライン、そして高木監督の過去の“教え子”といった傾向が強く出ました。それにしても“めぐり合わせ”というのかあるいは“縁”というべきか。以前のチームメイトだったり、高木監督がよく知る選手だったり。RKKの山崎アナも、ネタに事欠かない感じですが(笑)…。

前エントリーでも書いたように、横浜FCの岸野監督は元鳥栖の選手を集め、富山の安間監督は甲府を戦力外になった大西と池端に即座にオファーを出した。過去にも、徳島の美濃部監督は古巣の京都の選手の多くに声をかけた。栃木の松田監督もまたしかり。ただこれは、“かって知ったる”選手への“情”のようなものではなく、チーム補強の重要戦略ではないかと思うのです。名前やデータだけではなく、ともに戦い、確実に見て知っていることで軽減されるリスクの重みは、この勝負の世界では決して小さくはないのではないかと。さらにはその監督の戦術への理解といった意味でも。それはまるで映画界で、かつて小津組や黒澤組と呼ばれ、監督の下に優秀で熟練したスタッフ、俳優たちが事あるごとに参集したことのように。今でも通じる“結束”にも似ていることなのかも知れません。

さて、池谷GMは先の会見で、今季の補強のコンセプトについて「昨シーズン改善できていた守備というものを一層強化しないといけないという中で、センターバックであったりボランチであったりという補強。そして、少し課題であった得点を増やしていかなければいけない。そういうところから今回の補強を」したと言います。確かに、派手さはないものの要所を押さえた堅実な補強。そして顔ぶれ。相変わらず高いコストパフォーマンス。限られた原資枠のなかで、チームの課題をとらえた現実的な体制ができたのでは、というのがわれわれの感想です。池谷節は「私の中では 100%の補強ができた」これが結果的に「120、130、150となるように期待したい」と続きました。

興味深いのは、高木監督の、今季は「点を取ることに特化していきたい」「もっとシンプルに攻撃を構築していきたい」という談話。「自分たちのボールを長く保持するということ、自分たちの時間を作るということを、少し優先的にする」と言っている点。多少、ポゼッションを指向するのかなと思えます。ただそれは、あくまで昨季築き上げた守備の部分をベースにしながらのことだろうし、“今年積み上げるもの”が明確に見えているのが、就任2年目の強さでもあります。

「1人1人の個性をもっと出していって、それをうまくつなぎ合わせるようなサッカーをやっていきたい」と語る高木監督。おそらくその“積み上げる”ための要所要所の「ピース」を、GMと相談のもと手に入れたという実感が言わせたセリフだろうし、今季への意気込みが伝わってきます。

なかなかいいじゃないか、この顔ぶれ。「be REAL」。J1昇格を現実的なものとして視野に入れたチームの戦略が、はっきりと見えてきているように思えます。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/292-02fb50eb