ユースと九州大学選抜相手のTMを見たあとは、練習をちょっと見に行っただけで、鹿児島で行われた神戸や磐田とのTM、あるいは大津で行われた札幌とのTMをじかには見ていないのですが…。前エントリーでは「格下相手だから試しているのだろう」と勝手に書いてしまったワンボランチのダイヤモンドな中盤。熊日の記事やテレビ報道でも確かなように、チームは今季、マジでこの布陣を中心に据えようと考えているようです。

その意図について高木監督は、「たくさんの選手を使いたいから」(RKKインタビュー)と述べています。このダイヤモンドな中盤で、主にトップ下を務めているのはファビオ。前線の松橋の相方には長身の長沢が入って、右SHは宇留野、左SHは片山。ワンボランチでしっかりエジミウソンに守らせたうえで、確かにファビオまでも先発で使うとすれば、本来のポジション、トップ下というのは妥当な選択でしょう。ファビオは高さもあるが、実は足元がうまい。キープ力がある。そしてそれを可能にするのがエジミウソンのワンボランチだったのです。

今年はボールポゼッションを高めて、得点力をアップしたい。そんな攻撃志向もこのシステムの意図にあるのだと思います。ただそれに加えて、個性のある選手が揃った今季、ボックス型の4-4-2で前線やサイドで選手を単に交代するだけではもったいないと。トップ下を作ることで、さらにFWとの流動的なポジションチェンジを可能にする。そんな気持ちが「たくさんの選手を使いたい」という表現に表れていると思うのです。

ちょっと具体的に整理して、布陣を予想してみます。まず、2トップのファーストチョイスは、松橋と長沢ではないかと見ます。特に191センチの長沢は、前線のターゲット、ポスト役といった“泥臭い”プレーをもちろん期待されますが、足元の技術もしっかりしているので、バイタルエリアをパス交換で崩すシーンも出てきそうです。サッカーダイジェストの選手名鑑によれば、ユース時代から彼のことを高木監督は見ていたらしい。長身の監督が見上げるほどの体躯。鍛え甲斐のある素材なのは間違いないのでしょう。

次に選ばれるのは斉藤か岡村か。試合途中での交代カードによってはファビオを前線に上げることも予想されます。驚いたのは中盤の選手だという先入観のあった仲間をFWで練習させていること。運動量の多さ、技術を買われてのことだと思いますが、試合途中の“カンフル剤”としては面白い。仲間自身も練習で猛アピールしています。

トップ下のファーストチョイスはファビオです。われわれが見たときはちょっとスペースがなくて詰まった感じがしたんですが、連係が熟して前線の流動性が高まればもっとよくなると思いました。その交代要員が武富なんですが、彼の技術を活かすためにサイドハーフでの起用も考えられる。この辺りも「たくさんの選手を使いたい」と言わせるイメージのひとつだと思われます。

サイドの先発は、右左は別にして宇留野、片山、大迫が争う感じです。ワンボランチの場合はここに根占も加わってきます。流動的な前線を作るための運動量、仕掛け、3人目の動き…etc。今季の攻撃性を担う重要なポジションに違いありません。

ボランチのファーストチョイスはいわずと知れたエジミウソン。TMでも遜色ない運動量と技術を見せ付けてくれました。しかし、練習試合で痛めたのか現在別メニューで調整中なのが気がかり。果たして開幕に間に合ってくれるのかどうか…。控えは原田。彼もワンボランチを試されています。ただ場合によっては根占との2ボランチだったりしています。吉井が出遅れていますが、長丁場のシーズン、必ず、彼の出番は回ってくると思います。

DFラインはわからなくなってきていますね。先の磐田とのTMでは、怪我から復帰した福王が熊日の紙面で絶賛されていました。昨年までなら、彼の先発が濃厚としたら相方はやはり矢野。次がソンジンというチョイスでした。しかし、廣井が故障から戻ってくるとすれば、そこはちょっと様子が変わってきそうです。SBには右に市村、左に筑城という不動のメンバーがいますが、層の薄さをカバーするためか西森がこのポジションで相当に試されているようです。場合によっては先発に食い込む可能性も…。守護神の座は新主将・南が譲らないでしょう。もしものときに備えるのが岩丸ということでしょうか。

われわれの無責任な先発予想は、あるいは夢想と言えるのかも知れません。長いシーズンのなかでは、修正が繰り返されるだろうし、そのときのベストコンディションの選手が選ばれるでしょう。あるいは新たな伏兵が出現してくるかも知れないし、そんな戦力の台頭があってはじめて計算を超えたチームになるのかと。昨シーズンのファビオがそうであったように。その意味では練習生で参加しているブラジル人二人の様子も気になります。きっとまだ今は高木監督の頭のなかの盤面で、何十通りというシミュレーションが行われている最中かもしれません。

とにかく今季の新メンバーには総じて技術の高さを感じます。さらに、清水や柏からやってきた連中からは、出場機会へのなみなみならぬ意欲=モチベーションの高さがひしひしと伝わってきます。それが良いようにチーム内の競争になれば、間違いなく全体の力がアップしていくことになるでしょう。

高木監督の指導の声も厳しく、激しく、選手たちに求めているものは相当に高くなってきていることが練習を見ていてもわかります。そしてTMごとに課題の修正が図られ、連携の熟成が進み、戦術が浸透してきていることが、メディアのインタビューを通して伝わってきます。これも就任2年目、昨季のベースがあればこそのアドバンテージなのだと思います。

しかしながら、この間にKKウィングで見た千葉と愛媛のTM、スカパーで見た浦和に勝利した鳥栖。どのチームも仕上がりの早さを感じさせました。バルバリッチ3年目の愛媛、実質ユン・ジョンファン体制2年目の鳥栖。この辺りの底力のあるチームに競り勝っていかなければ、当然上位には食い込めない。緊張感はあります。ドキドキしてきている。ただしそれはこれまでの手探り状態にあった“恐れ”という感覚とはだいぶ違う。そんな複雑な心境で迎える4年目のシーズンが、あと2週間後に迫ってきました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/294-892bc1b3