3月19日(土)東日本大震災被災地支援活動トレーニングマッチ
ロアッソ熊本0-3サガン鳥栖(ベストアメニティスタジアム、45分×2本)


東日本大震災において亡くなられた多くの方のご冥福を祈るとともに、愛する家族や友人、同僚を亡くされた方々に心よりお悔やみ申し上げます。そして、今なお避難所で辛く不安な日々を余儀なくされている被災者の方々を思い、一刻も早い復旧を願って止みません。

“未曾有”などという3文字で表現することすらもはや憚られます。11日からこのかた、報道で目にする被災の状況を目の当たりにして、何を綴ればいいのか戸惑っていました。ただただ、われわれは運がよかっただけではないのか、そしてわれわれに出来うることの何と小さいことかと…。

Jリーグは当面、3月の日程を中止し、再開のメドは立っていません。今の状況を見ればそれは当然のことと思われます。ベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、水戸ホーリーホック、JFLに目を転じればソニー仙台…。選手はともかくスタッフの安否、ホームスタジアムの損傷、交通アクセス、電気、水などライフライン…被災地のチームは多くの重い問題を抱えています。さらには電力不足で“計画停電”を余儀なくされている都内には、FC東京、東京Vというチームが。プロ野球セントラルリーグの開幕日程をめぐっては相当な論議を呼びましたが、やはり被災地のチームがなかったということもその意思決定過程に影響しているのは間違いないでしょう。

こういった状況に対し、サッカー界からの発言もいくつかでてきています。いつも斜め横からの論評を得意とするサッカージャーナリスト杉山茂樹氏は、この期に及んで「サッカーどころではありません」という表現で、茫然自失感をブログに表しました。また、日頃はわれわれとは少し立ち位置が異なるな、という印象だったセルジオ越後氏。しかし今回の言葉は今のわれわれには響きました。いわく「1人負傷者が出たからといって、勝負を諦めるのか?」「 10人でも勝利を目指して戦い続ける、倒れた人の分まで走るのが、サッカーだ」と。そして「悲しみを超えて、みんなで立ち上がろう」というメッセージ。さらに、昨日金曜日の熊日夕刊では、西部謙司氏がその連載のなかで、「サッカーは世界のスポーツ。痛みを分かち合う機会も多い。(世界から)寄せられた激励と、“痛みを分かち合える想像力”、そしてサッカーを通じての絆に感謝したい」と述べ「ヨーロッパではどのチームも喪章をつけずにプレーする週があったら、それは珍しい」ことだとも。

19日の今日、各地で“チャリティ”と銘打ったTMが被災地以外の各地で行われ、ベストアメニティスタジアムではわが熊本とサガン鳥栖が対戦。スタジアムのゲートには募金箱を携えた鳥栖スタッフの方々が立ち、チャリティを呼びかける。われわれは松本育夫前監督の姿を見つけてそこに募金。そこには入りきれないくらいの千円札が。「ご苦労様です」と声をかけると「本当に助かります。ありがとう」と重い声で返事をいただく。ピッチでは両チーム選手は喪章をつけ、審判団も上下とも黒のユニフォーム。両軍のゴール裏からは「ニッポン!!」コールに続いて「ベガルタ仙台!!」「鹿島アントラーズ!!」「栃木SC!!」「水戸!!」…と交互に被災したチームへの友情のコール。挨拶に立った運営会社・サガンドリームスの牛島社長は「この両チームの選手たちも、自らの出身地が被災した者、かつて所属したチームあるいはそのチームメイト、スタッフ、その家族…そんな仲間が被災地にいる」と述べ、まさに痛みを分かち合う思いを訴える。そして一分間の黙祷。試合後は、両チーム選手はまず相手チームのゴール裏へ挨拶に走る…。

被災地へのチャリティと言いながら、何だか自分たちが多くのことを学ばせてもらっているような気持にもなります。このような状況のなかで、サッカーが、サッカーを通じて、サッカーだけではない社会的な存在としても機能し、役割を果たしていくということ。つまり西部氏の言う“痛みを分かち合う想像力”が試されているように感じます。そこで単純に“思考停止”してしまう人。そうではなく、広く深く様々な角度から状況に“思いを致す”ことのできる人。この大災害はそんな人としての(組織としてもですね)根本的な深さをくっきりと炙り出しているような気がします。


さて、“不謹慎”という名の節制を戒め、“片肺”の日本経済を“回して”いくため、何とか西日本だけでも普段どおりに、あるいは東日本の分までもっともっとエネルギッシュに活動しようという意見は多く見られます。それはまさにそのとおりだと思います。そしてJリーグにとっても、特に脆弱な財政のJ2クラブにとっては、中断期間の長さはまさに経営面で死活問題につながります。しかし、そうは言っても西日本だけでは“回して”いけない仕組み。それがわれわれのJリーグなのです。被災地の復興を切に願いながらも、この時期に“不謹慎”の謗りは免れないとは承知しつつも、われわれのクラブやリーグの存続にも思いを巡らせてしまうことをお許しください。

「一人のベガサポが天国へ旅立ちました エピソード2」と題するこのブログ。
どうしようもなく涙するのはもちろんですが、このご遺族の思いをわれわれは大事にしていきたいし、しなければいけない。今はそんなことしか思い付きません。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/297-7eb7166c