回(年度)
代表校
県大会決勝
大会戦歴・特記事項など
第69回(90年度) 熊本農高 熊農1-1大津
延長1-1
PK5-4
1回戦:熊本農高1-0光星学院(青森県代表)
2回戦:熊本農高0-0帝京三高(山梨県)
PK戦3-4
第70回(91年度) 荒尾高 荒尾1-0九州学院 1回戦:荒尾高2-2堀越(東京B代表)
PK戦3-4
第71回(92年度) 熊本農高 熊農1-1大津
PK5-3
1回戦:熊本農高0-4武南(埼玉県代表)
第72回(93年度) 熊本商大付属 商大付4-0八代一 初出場で県代表初のベスト8進出。ゲームメークの中心はFW工藤。
第73回(94年度) 熊本農高 熊農1-0学園大付 1回戦:熊本農高0-4市立船橋
第74回(95年度) 熊本商高 熊商0-0熊農
延長1-0
31年ぶり6度目の古豪復活。富山一に柳沢、鹿実に平瀬、初芝橋本に吉原ら。
第75回(96年度) 大津高 大津2-0八代工 8年ぶり3回目。福留、山口、櫛野などタレントぞろい。後年アルエット熊本FCの藤家も。
第76回(97年度) 大津高 大津3-1国府 U-18日本代表のMF山口を筆頭に、DF飯塚、MF落合、FW巻と多彩な布陣でベスト8。
第77回(98年度) 国府高 国府3-0鹿本 創部4年で初出場。しかもベスト8まで進出。持ち味はバリエーション豊富な攻撃。
第78回(99年度) 大津高 大津5-0熊農 ボランチ落合(柏)を主将に据え、右MFには原田(名古屋~川崎F)。GKには棗。
第79回(00年度) 大津高 大津2-1国府 長身FW田代、ボランチ原田、攻撃的MF大瀬良で破壊力大。
第80回(01年度) 大津高 大津1-1国府
PK5-4
レギュラー半分が2年生。背骨ラインを3年生が引き締める。PK戦には控えGK時久登場。
第81回(02年度) 大津高 大津0-0ルーテル
延長0-0
PK勝ち
創部2年目で実力をアップしたルーテル学院高に苦しめられ、延長戦も互角。ようやくPK戦で代表権を獲得した。
第82回(03年度) 大津高 大津1-1ルーテル
延長1-0
U-18日本代表候補のMF永田やDF古木などを擁する王者大津。3年目を迎えたルーテルに先制を許すが、1人少なくなったルーテルに対し大津が後半追いつき、延長戦FW麦田のVゴールで突き放した。
第83回(04年度) 大津高 大津2-0国府 3年ぶりの対戦カードとなった決勝戦。大津は前半24分、CKからのクリアボールを畑野が奪って先制ゴール。35分には野口のセンタリングをU-17日本代表候補のFW市原が足で合わせて2点目を奪った。後半はDF陣が守りきり6年連続10度目の選手権出場を決めた。
第84回(05年度) 大津高 大津1-0ルーテル 2年ぶりルーテルの優勝に期待が集まったが、FW市原(大分)など4人のJリーグ内定者を擁するスター軍団大津が自力をみせ、ルーテルを完封。7年連続11度目の出場を決めた。
第85回(06年度) 大津高 大津2-0熊本工 体格は小振りだが、スピード感のある攻撃に破壊力を秘める。得意のパスワークで初出場高志を寄せ付けず圧勝したが、広島皆実に苦戦。PKの末敗退した。
第86回(07年度) ルーテル高 ルーテル1-0学園大付属 創部7年目で初出場。主力の2、3年生はルーテル中時代に全国中学校大会で2連覇した実力。県予選5試合無失点の堅守が持ち味。守備の柱はU-17日本代表GK吉田。攻撃は新潟S行きが決まっている主将の秋吉。
第87回(08年度) 大津高 大津2-1ルーテル 2年ぶり13度目出場。インターハイでは初の4強に入った。システムは4-4-1-1。全国総体得点王のFW黒木、トップ下に入るMF西田はともに突破力あり。ボランチ谷口のミドルシュートも強烈。DF蔵田、岩崎と左右の正確なプレースキッカーがDF藤本主将、MF谷口に合わせるセットプレーも得点源。
準 々決勝まで快進撃を進めるも、ベスト4の壁は破れなかった。
※各大会の戦歴・メンバー表は高校名をクリックしてください。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/3-f3f075ce