FC2ブログ
5月28日(土) 2011 J2リーグ戦 第14節
横浜FC 1 - 2 熊本 (16:03/ニッパ球/1,853人)
得点者:5' 吉井孝輔(熊本)、21' ファビーニョ(横浜FC)、41' エジミウソン(熊本)


駄目押しの追加点で突き放すことはできなかったものの、1点差をがっちりと守った熊本。今季初めてのアウェーでの勝利は、上位陣がそれぞれ勝ち点3を積みあげたこの大事な「節」で、それにしっかり喰らいついていくという確かな「結果」を伴う、大きな価値のある勝利でした。

台風2号の影響で時折、強い雨の降り続くニッパツ三ツ沢球技場。19位に沈む横浜はしかし、このホーム戦で連敗から脱したい。そんな強いモチベーションで待ち構えているだろう相手。難しい試合になりそうな気がしていました。

横浜FC
10カイオ 25藤田
6高地17寺田
5八角8ファビーニョ
16宮崎2柳沢
26中野27朴
 31関 

熊 本
9長沢30仲間
 27ファビオ 
22吉井23根占
 5エジミウソン 
8原田15市村
16矢野4廣井
 18南 

先制点は5分。中盤でショートパスを繋いでバイタルから仲間が強引にシュートを打つと、横浜のボランチ・ファビーニョにブロックされる。ところがこのこぼれ球を右から入ってきた吉井が拾い、狙いすましてミドルを放つ。抑えた弾道は糸を引くような美しい直線を描き、横浜のゴールネットに突き刺さりました。

「このゲームに向けた彼のトレーニングの中の1シーンが、あのゴールとしてでた」という高木監督。練習のときから精度のいいミドルシュートを連発していたらしい。今季初先発となった吉井。この日は、2点目のアシストもあり、監督の期待に十分に応えました。

しかし横浜もホームでこのまま下を向くわけにはいかない。開始早々の失点から気持ちを切り替えて押し込んでくる様は、まるで前節の“うち”のようでもありました。怪我から復帰した八角と、ファビーニョで中盤を締めると、左SBの宮崎を積極的に上がらせる。熊本陣内でしつこく拾い、ショートパスでリズムを作ると、迎えた21分のCKのチャンス。熊本のクリアを再び拾った高地、一瞬、熊本のマークが外れた隙に意表を突いてグラウンダーでゴール前に入れる。このクリアのこぼれ球をファビーニョに押し込まれてしまい、同点とされます。

気をよくした横浜が、このまま追加点を奪いに攻勢を掛け続けます。熊本は後ろで回しているうちに詰め寄られてピンチを招く場面も。打開のカードは武富でした。ちょうど草津戦のときのように、今日の仲間は強靭な横浜DF陣にブロックされて前を向けない、動きながらのトラップはボールが収まらず、横浜の攻撃の起点にされていました。しかし、指揮官のこの前半のうちの交替カードが、見事に奏功します。

右サイドのアタッキングゾーンで、果敢に仕掛けた武富が倒される。このFKから繋いだ吉井のシュートは弱くて横浜がカウンター気味に反攻。ところが、ハーフウェイラインで熊本がインターセプトすると、まだ敵陣に残っていた廣井がすばやく右の根占に送る。抉った根占からのマイナスパスを長沢が強烈なシュート。これはGKが跳ね返したものの、こぼれ球に右から吉井が詰める。つり出されたGKを冷静に見極めて、吉井は中央のエジミウソンへのパスを選択。エジミウソンは無人のゴールに落ち着いて流し込むばかりでした。いい時間帯での勝ち越し弾。久しぶりにきれいに崩しきったゴールを見たような気がします。

その後は、後半も点が動かない試合で、結果的にはこれが決勝点。しかし、この後半こそ熊本の真骨頂。今季の強さを地味に示すものだったかも知れません。57分、後方で矢野が奪い、原田、武富と前線までつなぎ、フィニッシュまで持ち込んだシーン。この日のスカパー!の解説者・加藤久氏が、「横浜の中盤が空いてきた」「熊本の攻守の切り替えに対して、横浜のアタックの数が足りてない」。つまり熊本についていけてない、(この場面はファビーニョ)と指摘したシーンがありました。奪われたカイオが奪い返すアクションを諦め、ガックリと頭を垂れたシーン。われわれも「オッ!」と思ったくらい、その後の横浜の詰めがなかった。

その後も加藤氏は、しみじみとした口調で、熊本を評価してくれていましたね。熊本は90分間、切れることなくハードワークできている。集中できていると。前線の選手が守備をし、10人でしっかり守って、それが安定してできている。守備のときに動けてないと、使ってもらえないのでは…。チームとしての戦い方を選手がよく理解している。だから選手が誰であってもチームとしてのパフォーマンスが落ちない。「シーズンを通して崩れないのではないか」とまでのリップサービスぶりでした。

今節、0-5で鳥栖に大敗した水戸の柱谷監督が面白いコメントをしています(J's GOAL)。試合の完敗を認めたあと、「自分は鳥栖のようなチームを作りたい」と。松本育夫さんがつくった、ハードワークのできるチームを…と。振り返って、岸野・横浜とのこの試合。横浜は90分間のハードワークができていたかどうか…。元鳥栖の監督、鳥栖の選手が闘っても、鳥栖のようなチームにならない。そこが難しい。

戦術的な対応も際立った試合ではなかったでしょうか。吉井の起用も“大当たり”でしたが、仲間から武富への思い切った早めの交代が前半のうちの追加点につながった。ハーフタイムまで待たずに、試合の流れを企図して変えた。一方の横浜も後半、野崎、難波、最後は三浦カズと繰り出していきますが、その度に高地や八角、宮崎といった、それまでこちらが厄介だと思っていた選手を引っ込めてくれる結果になった。そしてそのシステム変更の度に、カイオがどんどんゴールから遠いポジションに下がっていってくれました。

そうそう。根占が片山に代わって退くときに、この日のゲームのキャプテンマークも引き継ぐシーンがありましたね。いずれも横浜FCが古巣の選手。三ツ沢で古巣を敵として戦う選手をゲームキャプテンとして指名した高木監督の、心憎いばかりの人心掌握術といえるのか…。そういえば前節は、ポジションチェンジしてSBに入った原田をキャプテンに指名していた。その原田が作ったゲームが前節だったと言っても過言ではないでしょう。

アディショナルタイムは5分。わずか1点差を守り抜く熊本にとってはとても長く、画面越しに見守るしかないわれわれにとっては、苦痛の時間に思えました。そこにはピッチ内に乗り出さんばかりに大声で指示を送る高木監督が映し出されていました。勝ちきりたいという気持ちが前面に出て。

先週号のサッカーダイジェストでは、根占、廣井、岩丸の3人が高木監督について語っていました。選手への声の掛け方が、そのタイミングも含めて絶妙なのだと。昔読んだ雑誌でも同じようなことが書かれていて、一度このブログでも紹介しましたね。そしてそれは高木監督が、横浜FCというチームをJ1に昇格させたときの記事でもありました。根占からキャプテンマークが片山に渡されるシーン。あるいは三ツ沢のピッチサイドで声を張り上げる高木監督の姿を見ながら、そんなことがふと頭をよぎりました。

雨のなか、最後の最後まで声を張り上げ後押しを続けた関東サポを中心としたゴール裏。今日もスカパーを通じた声はクリアに通っていました。われわれのチームは、最後までハラハラ、ドキドキ、気をもたせるチームではありますが。実にこの日、横浜FCに与えたシュートの数は3。後半に至っては1本という公式結果です。シュートを打たせない確率論のサッカー。全員が黒子に徹し走りきるサッカー。ハードワークしなければいけないと口やかましく言わなければならない段階は、いつの間にか終えてしまっているのかなと。もしかしてハードワークのDNAが根付きつつあるのかなと。そう思えた一戦でした。


TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/305-e729c59d