7月24日(日) 2011 J2リーグ戦 第22節
F東京 5 - 0 熊本 (18:34/国立/18,195人)
得点者:44' ロベルトセザー(F東京)、48' 羽生直剛(F東京)、67' 谷澤達也(F東京)、73' 徳永悠平(F東京)、87' ルーカス(F東京)


熊本にとっては初見参となる国立競技場で、FC東京との2度目の対戦は、おもいもかけぬワンサイドゲームになってしまいました。堅守を誇ったチームが5失点。それも同じくリーグ1の堅守を誇るチームから突きつけられた現実は厳しいものでした。

前回対戦時は0-1の惜敗。そのときのエントリーを読むと「最後まで自分たちのサッカーで互角に戦った」と書いています。しかし同時にいかんともしがたい「個の技術の差」についても触れていました。前節から首位に立っているFC東京は、あの試合が浮上のきっかけになったという。熊本が浮上のきっかけを与えてしまったツケは、積もり積もってここで支払うことになってしまいました。

FC東京
 9ロベルトセザー 
 22羽生 
27田邉39矢澤
10梶山4高橋
14中村2徳永
6今野3森重
 1塩田 

熊 本
9長沢 27ファビオ
7片山14武富
5エジミウソン23根占
8原田15市村
6福王2チョ・ソンジン
 18南 

彼我の力の差が大きいことは指揮官もわかっていたと思います。しかし、真正面からいくしかないということも。開始早々押し込んだ熊本は、原田が高いクロス。それを繋いで落ちたところにエジミウソンのシュートは惜しくもバーを越える。立ち上がりはよし。という感じでした。

しかし、中盤からどんどん上がってくる東京に対して守備組織が後手にまわる。スカパー!解説の元FC東京監督・城福氏が、「熊本はボールの奪いどころがはっきりしない」と指摘したように、ジリジリとバイタルエリアを広げてしまう。東京は昨年の柏のようなチーム。とにかくミスがない。半端なプレスではパスミスをしてくれない。前回対戦時は「熊本得意のプレスがうまく“はまらない”。組織的な守備がかみ合わない」「うまく剥がして攻撃を組み立てる」と書きましたが、剥がされるのではなく、一瞬にしてタテにスピードアップされて置いていかれるという感じ。結果、怖がってプレスに行けなくなる。セカンドが全く取れなくて更に一方的になってしまう。余裕をなくしているので、セカンドが読めていないという悪循環。

試合開始直後にエジミウソンがベンチに対して何か懸命に確かめようとしていました。多分、試合前の想定と大きく違っていることがあったのか。しかし、あの瞬間に修正できるような対応力を求めるのは酷だったでしょう。とにかく前半は、凌ぐしかないという展開でした。

ただ、前半終了間際の退場劇までは、南の好守もあって千葉戦のようないくら撃たれても、入りっこないというようなリズムになっていたのも事実。FC東京の大熊監督も、試合後「攻撃に関しては、0-0で前半を折り返してしまうと、サッカーなのでわからなくなる。ああいったPKがあって、相手が10人にならなければわからない展開だった」と述懐しています。

強くプレスに行けない理由は、もうひとつありました。この試合がJで初めての笛というロバート・マッドレーというイングランドの審判。その判定の基準がわかりにくいという不安、躊躇。試合が進むにつれ接触プレーでは割と積極的に笛を吹くということがわかってきましたが時既に遅し。FC東京に完全に支配されたあとでした。

最初の根占のプレーに対するPKの判定は実に微妙でしたね。思い浮かんだのは、アジア杯準決勝の韓国戦。ロングボールを追うパク・チソンに、今野が同じようにショルダーチャージでPKを与えたシーンでした。あのときの解説者は「ショルダーはショルダーだけど、今野はボールを見てなかったということかな…」。そう言っていた。今日の判定はどうだろうかと。とにかく、一発レッドは全くの論外でした。よりによってこんなゲームで“研修”とは。

ゲームプランはこれで完全に崩壊しましたね。「(FC東京は)11人でやっとという相手だと思います。1人少ない状況では、思うようにゲームコントロールができなかった。やはり、自分たちが思い描いていたゲームにすることが不可能だった」と言う高木監督。しかし2点目を奪われた後、ソンジンに代えて矢野、武富に代えて松橋を入れ、4-4-1から3-4-2に変更したあたりは、少し中盤でボールが持てるようになった。ただ、3バックのリスクはいかんともしがたく、カウンターぎみの東京の攻撃、谷澤のドリブルをCBに入っていたエジミウソンが倒して再びPKを与えてしまいました。

その後は完全に東京のモード。バイタルエリアの狭いところを鋭くパスで通しているように見えますが、実は熊本の守備が厳しく行けていないせいでもある。そこを見計らって徳永がミドルシュートで4点目。手を休めない東京は、復帰したルーカスを投入。梶山からのクロスを右足でピタリと止めると、すかさずアウトに蹴りこみ5点目としました。

結局は”止める、蹴る”がすべて。大熊監督が最後のルーカスのゴールを褒めて若い選手にも見習ってほしいと言っていたのもその点だし、高木監督が”質の部分に差がある”と言っていた点も、結局そこに集約されそうです。

われわれから見ても、これまで広島にも、C大阪にも、柏にも感じたことのない差を感じたのは事実。まあ、必ずどこかで突き当たることだし、場所も国立。J1の雰囲気をはっきりと感じたということでしょう。いや雰囲気どころか、広島も、C大阪も、柏も昇格後、J1上位を占めたように、このFC東京は間違いなく今のJ1でも上位のパフォーマンスだと思います。

ミスがあって負けたわけではない。メンバーがそろっていなかったわけでもない、コンディションに問題もない。ひとつひとつのプレーで負けたわけで、とてもわかりやすい。容易ではないが、質の高いワンプレーを積み上げていくしかない。そう思います。

最近、あまりにも引き分けが多い戦いで、何となく感じていた閉塞感、不完全燃焼。これがすっきりとしたようにも感じます。前回対戦のとき書いた「シーズンを通して“積み上げ”、“成長”していく」ということからすれば、あの対戦から1ヵ月半の間に、更に東京に大きく水をあけられていたのだと。もちろん、この結果を消化して、前に向くには時間がかかるでしょう。しかし、このゲームは、熊本が次のステージに行くための(ステップアップとも違う)、大きな技術・戦術のレベルアップを迫るもの。指揮官の「クオリティーの部分、質の部分ではもっともっと突っ込んだトレーニングをしていかなければいけない」というコメントに決意が滲んでいると思います。

今回ばかりは、長いシーズンこんなこともあるとか、サッカーはこんなもんだとか、切り替え切り替え! などということで通り過ごしてはいけないとも思いました。横浜FCや甲府、湘南や徳島などなど、過去大敗を喫した相手にも、必ずその差を少しずつ縮めていったように。いつか必ずFC東京に…。その思いはわれわれにも必要だと思います。



TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/315-7d97dfd8