11月27日(日) 2011 J2リーグ戦 第37節
熊本 1 - 0 岡山 (13:04/熊本/7,981人)
得点者:13' 長沢駿(熊本)


前節の敗戦に、これは今シーズンの負け試合の典型的なパターンだと感じましたが、今節、今度は勝ちゲームの典型的なパターンになりましたね。

終盤にきて4連敗中の熊本。今日のゲーム内容も、その4試合とさほどの差はない。ただ、ホーム最終戦ということで、確かに、選手の気持ちも入っていたし、早い時間帯での先制の後、ゲームの流れが相手に傾きかけても、ギリギリ踏みとどまり、これまでなら持ちこたえ切れなかったでしょうが、最後まで守備の運動量と集中が切れなかった。追加点は欲しかったが、そう好機は作れず、なんとか追いつかれずに逃げ切った。その展開は、J’s Goalで井芹さんも書いているとおり「まさに今シーズンを象徴するもの」と思いました。

決勝点になった長沢のゴールは、彼の長い脚の賜物でしたね。左サイド奥まで持ち込んだ武富からのアシスト。トラップが浮いた瞬間は「あ、ダメか」と思いましたが、一歩早くボールに触れました。

「勝負は水物だ」と試合後コメントした高木監督。「良くても負ける事はあるし、悪くても勝つ時だってある。本当に勝負というのはわからないけれども、自分たちの持ってるもの、皆が1人1人持ってるものを出し切って初めて、勝負が水物だって言える。時の運というのもあるし、本当に難しい事なので、しっかりやれ、やるしかないと」。そういう意味では選手たち全員が、出し切った試合だったでしょう。

熊 本
9長沢13大迫
 14武富 
23根占22吉井
 8原田 
7片山15市村
28菅沼16矢野
 18南 
後半22分 大迫 希 → 田中 俊一
後半29分 吉井 孝輔 → エジミウソン
後半36分 長沢 駿 → ファビオ


岡 山
 10チアゴ 
26金7妹尾
25田所2澤口
8千明28仙石
23植田30一柳
 3後藤 
 21真子 
後半15分 金 民均 → 桑田 慎一朗
後半21分 チアゴ → 石原 崇兆
後半33分 澤口 雅彦 → 岸田 裕樹


2011シーズンが、もうすぐ終わる。

これで熊本の、Jで4度目のホーム最終戦。8000人の観衆。これまでの3度はいずれも1万人を、いえ2万人を超えていた年すらありました。その意味でも少し寂しく感じてしまいます。

更に、いつもの最終戦と違ったのは、(エジミウソンを除いて)来期の契約更改についてのアナウンスもなく、これで、このメンバーでのゲームは見納めだという、最終戦特有の感傷もなんとなく中途半端で…。

ゲームに集中したいという選手からの要望がその理由だそうですが、われわれにはよく分からない。何か、定まっていないような、不可解さ。われわれもファンなりに、このシーズンを理解し、受け入れ、次に進みたいと思うが、どうしても腑に落ちないような…。

「このままでいいのか?」ゴール裏に掲げられた横断幕。これに対する池谷GMのコメント(熊日朝刊)は、「チームはJ2のなかでも下位の予算で、限られた戦力のなかで頑張った。(戦力補強は)足元を見つめながらやる必要があるが、サポーターの声も受け止めなければ」というものでした。これもどうもサポーターの真意と噛み合っていないような。去りゆくエジミウソンのメッセージ、「熊本の街と同じようにクラブも大きくなってほしいし、後押ししてくれるサポーター、クラブ、街が一丸になって、J1に昇格する事を望む」という言葉が、わずか1年の在籍期間で、そんなギクシャク感を感じ取ったとも思えるのは、われわれの単なる“斜め読み”なのでしょうか。

チーム発足当時、J2昇格、さらにJ1昇格までも視野にいれたスケジュール目標が示され、ある程度順調に進んできたともいえるでしょう。しかし、当時J1昇格時には確か10億の予算体制が目標だったと思うが、これもまだまだだし、それより、もう今のJ1は10億では戦えない状況になっているのでは。練習環境の問題も含めて、今も脆弱な体制であることには変わりありません。そんななかでクラブは、GMは、どんなことを準備し、どんなことを示してくれるのか。

もちろんそのあたりのことをこのゲームといっしょに語っても仕方のないことですが。

次節は、ほぼ昇格を決めた鳥栖とのシーズン最終戦。今シーズンの鳥栖は、本当に強かった。熊本としては、昇格組の胸を借りて、今シーズンの最終形のレベルを測るにはもってこいの試合と言えるのではないでしょうか。

ただ、そんな目先のこととは別に、J昇格まで色々なことを教わり、地方クラブのお手本ともしていたこの“隣町”の先輩クラブの昇格という事実は、われわれにも勇気を与えてくれるし、一度も二度も傾きかけた苦難の歴史や、色々な因縁を思うと、この最終戦、勝っても負けても、自分たちと重ねて、自分たちのことのようにもらい泣きしてしまうのではないかと。もう、今からすでに、そんな気がしています。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/338-7ed7c8ef