2011.12.31 年末ご挨拶
例年になく早めに、この原稿に取り掛かったのですが、筆(キーボード)がなかなか進まないのが正直なところでした。

前のエントリーにも書いたように、今年を振り返るとすればどうしても東日本大震災に触れざるをえない。昨年末、「公私ともに、昨年にも増して激動の1年でした」と書いたものの、実は互いに入院・手術などを経験し、大げさでも何でもなく「生と死」を考えるようになりました。そんなわれわれに芽生えた新たな人生観に、追い討ちを掛けるように起こった未曾有の大惨事。テレビ画面越しに目の前で失われていく”人の命”。当事者でなくとも湧いてくる喪失感。そんな、あのころのおぞましい気持ちを思い出したくないという拒否反応が、筆を重くしていたのかも知れません。

これまでずっと“昇って”きたこのチーム。そして共に歩んできたわれわれファン。しかしJリーグ4年目の今年は、一息ついて。壁にぶち当たって・・・。あらためてファンであることの意味を一人ひとりが考えさせられたシーズンではなかっでしょうか。われわれもいつも以上に息も絶え絶えな感じで更新してきた感のある試合ごとの「雑感」。この「サカくま」もそろそろ店じまいをする潮時か。などとも考えました。

ただ、最終節で見せられた先輩・鳥栖のJ1昇格のシーンの感動は、なにごとにも代えがたく。われわれにも“昇格”という夢を追いかける強い意思を与えた。そして選手会が主催したクリスマスのチャリティーマッチ。熊本からただひとり参加した仲間がやってくれた”大仕事”。あの豪華メンバーのなかでは、当然名前負けしていましたが、それに臆せず、新しい若い才能が熊本に居るということを日本中に示してくれた。松井から絶妙のパスを受けた仲間の豪快なシュート。妙な表現ですが、それも震災が結んでくれた“縁”。この震災に対して、サッカーが出来ることと同時に、サッカーが与えてくれる喜びをあらためて感じた瞬間だったと言わざるをえません。

来シーズンからは、胸スポンサーにわれらが高橋酒造様が復帰。ホークスに劣らない”本気”の支援と聞いています。もちろん、香梅様のこれまでのご支援にも感謝申し上げます。

そしてそこに入ってきたのが、養父雄仁選手完全移籍のニュース。この才能豊かなゲームメーカーの加入は大きい。岡山からはポテンシャルのあるFW白谷。加えて武富のレンタル延長といううれしい話の連続・・・。

さらに。熊本からのオファーに対して、真摯に向き合っている気持ちを正直に書いてくれている北嶋のブログ。それは、もし結果的に熊本を選んでくれなくても、われわれファンを納得させる「サッカー選手・北嶋秀朗」の生き方そのもの。

なんだかちょっと力が湧いてくるような。少し顔を上げて歩いていこうかなと。来年もまた、このホームチームと一緒に。サッカーのあるいつものくらし。

この一年のおつきあいに感謝しつつ、年末のご挨拶とさせていただきます。よいお年をお迎えください。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/341-7814c8f2