2012.12.30 年末ご挨拶
年の瀬にあたり、今年のご愛顧に感謝してご挨拶申し上げます。

今年は「5年でJ1」の最終年でしたが、残念ながら新しく導入されたプレーオフ制度に進出することもかなわない14位という結果で終わりました。そして監督として率いた高木琢也氏も3年間のピリオドを打つという年になりました。

もうすでに色々なところで書いてあるので、あらためてわれわれが振り返るまでもありませんが、高木最終年となった今季は、リーグ緒戦の躓きがもったいなかった。そして主力の相次ぐ怪我に悩まされた。

しかし、武富の覚醒は、昨季のチーム得点王・長沢の穴を埋めて余りあり、同じ柏からの北嶋の途中加入は、ピッチの内外で武富だけでなく多くの若手の見本となって、チームの雰囲気自体を好転させたように見えました。

ハマッタ時の流れるようなパス回しからの得点シーン。美しくもあり、心揺さぶられるような劇的な展開での得点シーンが多かったのも、今シーズンの特徴であり、築き上げた上積みのような気がします。

そしてシーズン最終盤にきてようやく上位を倒しながらの5連勝。天皇杯3回戦ではJ1優勝戦線を戦う仙台を下し公式戦6連勝というチーム記録を築き上げ、順位以上の存在感を示すことはできました。南が「負ける気しねぇ!」とゴール裏で叫んだのも、この頃だったでしょうか。

J2のチーム数が22に到達し、JFLへの降格制度が導入されたことも、今シーズンのトピックスだったでしょう。新参入の町田が、その初めての適用ケースとなることになってしまいましたが、その町田を相手に熊本は一敗地にまみれ、リーグ序盤は自分たち自身が降格圏内という”地獄の底”を覗く順位に位置していました。あの頃のどうしようもないドキドキ感は今も忘れられません。

不振と言えば、開幕間際にクラブの債務超過が発表され、突然の社長交代に至ったことも、チームの士気に影響はなかったかなどと、今となっては思います。責任をとって岡社長が退任しましたが、彼が就任する際のエントリーで、その経歴からきわめて厳しい視線を送っていたことを思い起こします。

われわれは”青の時代”に一度降格を経験しています。そのとき失ったものはとてつもなく大きかった。多くの友人だけでなく、選手、チーム自体も失いかけた(失った…)と言っても過言ではないでしょう。だからこそ「ホームチームがある喜び」などと、年寄りの繰り言をついつい書いてしまいます。

10月、KKウィングで見た町田サポーターの姿。その痛いほどの思いが頭をよぎります。降格したからといって町田というチームが無くなるなんていうことはもちろんないのですが。降格したからといってもちろん彼らが応援することを止めはしないだろうし。そこにはサッカーの街・町田という歴史・文化が根付いていることも大きいと思われます。お隣の大分が県民の後押しによってあの莫大な借金を一気に返済できたのも、長いJ1での戦いがサッカー文化を根付かせたからこその”力”と言えなくもないと思います(もちろん未だに6億円近くという巨額の債務超過状態は続いていますが)。

年のせいか、どうしてもペシミスティックでセンチメンタルになってしまう大晦日ですが。そういう意味も含めた「5年でJ1」の最終年だったのだと。うまく文章にできませんでしたが(笑)。

最後に高木監督だけでなく、今季を持って去り行く選手たちにも、一緒に戦えたことの感謝を伝えたい。特に根占に関してはわれわれの好きな選手だっただけに残念でなりません。怪我がちだったのが痛かった。しかし本当に決定的な得点、仕事をしてくれた。そんな気がします。

新しい年は吉田監督が率いる新しいロアッソがスタートします。徐々に選手の契約更新や、新戦力も発表されてきて。これまで積み重ねたものをチーム、クラブの”歴史”にしながら、また新しいものを積み重ねる一年にしたい。そう思います。

皆様、どうかよいお年を。


TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/392-fda70fd5