5月12日(日) 2013 J2リーグ戦 第14節
岐阜 0 - 0 熊本 (19:04/長良川/2,860人)


最下位相手に引き分けてしまった…。などと言う気持ちは毛頭ありません。もちろん勝ちたかったし、最後の怒涛の攻めを見れば、もう少し時間があればという気もしないではない。ただトータルで振り返り、誤解を恐れずに言えば「負けなくて良かった」。そういう感想を持っています。今日の岐阜。とりわけ難しい相手であったと。

最下位に沈む岐阜は、いまだリーグ戦1勝にとどまっている。とにかく今は失点しないという課題をまずクリアしようと意図してきました。とりあえず攻撃面は置いて、それも守備から立て直すというより、とにかくなりふりかまわず凌ぐという戦いとでもいうのか。 熊本に対してあれだけ人数をかけて守ってくる。面食らうくらいの専守防衛。このカテゴリーでの対戦では、これまであまり経験したことがない。

ある意味、それだけ割り切って、シンプルに整理されているとも言える。しかも、勝ちたい、負けたくないという意識はギリギリまでつき詰められているような相手。実に嫌な状況での対戦だったとも言えます。

20130512岐阜

岐阜は、前線3枚からして攻撃というより守っている。もちろんそれは引いているのではなく、高い位置からのプレス。しかしプレスというより、むしろ前線からの守備ブロック。

お互いにDFラインは高い。コンパクトとコンパクトの戦い。とにかくスペースがありません。それでも、そこをつなごうとする熊本。ともすれば岐阜の網に引っ掛かってパスミスが多い。

見ているわれわれのこの試合の消化不良感は、この「行こう」という時にとにかく引っ掛かかって溜息をつくシーンが多かったこと。そのために徐々に攻め手を無くして、攻めあぐねてしまったこと。

そして、サイドで手詰まりになるいつもの熊本。

それでも決定機は何度かありました。バイタルでくさびのパスをスルーして左に抜けた堀米、ファーへのクロスに筑城が飛び込む。縦パスに片山がゴールラインぎりぎりまで抉ってマイナス、ニアの齊藤のシュートはポストに嫌われる。終盤にはこぼれ球を拾ったドゥグラスが、ドリブルでシュートコースを作って撃つが、GK時久の手中に。

勝ち点3か1かの差はこれが決まるかどうか。それは決定力うんぬんではなく、決定機の数がやや少なかったということでしょうか。シュート数も含めて。

一方、岐阜の意図は明確にカウンターでした。それも引っ掛かったボールからのショートカウンター。他に得点をうかがうような手立ては見当たらない。それでも、何度かカウンターからの決定機をつくられましたが、「これは入らないな」と見ながら思えたのも事実。そこに現在の順位の理由が透けて見えたような気はします。

ここまで3試合連続で3点とっての3連勝。しかし、その内容自体はタラレバが満載でした。そういう意味では、今日のこのゲームは“2試合連続の無失点”というふうに見たい。監督の言葉を借りれば、「初めて、支配しながら得点を積み重ねるという試合が今日出来た」と語ったのが前節・徳島戦なら、今節のゲームは、支配しながら得点できなかった試合、ということ。

モヤモヤした引き分けではありますが、最下位相手に勝ち切れなかったなどと悲観するようなものではないなと。「(試合後)2時間近くがたって冷静になったら、アウェイで勝ち点1を取って落ち込むのはどうかと思うようになった」と藤本がブログに書くように。選手は戦っていたし、前へ前へという推進力は90分間決して衰えなかった。終盤、藤本が入ってからの修正と活性化。ファビオ、ドゥグラスと続いたカードも狙いどおりでチームがギアチェンジできた。まあそれでも勝ち点3には届かなかったというゲーム。

一方で岐阜はせっかく前半攻勢を得ながら、後半ターゲットマンとして入れた新井へのロングボールが多くなり、解説の森山氏が言うとおり「機動力がなくなった」。攻撃の狙いをぼやけさせた交代劇になりました。

冒頭書いた「負けなくて良かった」という表現は、圧倒されたというニュアンスとも違い、ホーム初勝利を目指し遮二無二戦ってきた岐阜に対して、大火傷をしなくて良かったという意味に近いかと。引き分けは負けに等しいと言ってきたわれわれですが、今節を“勝ちなし”とみるかそれとも4戦“負けなし”とみるかと問われれば、今日は「負けなし」との表現に結論づけたい。それほどのアウェイ戦の難しさ、下位と戦うことの難しさ、逆に言えばアウェイで勝つことの価値を、藤本の言葉からも再認識させられます。

では、ホームで絶対の強さを築き上げられるのか。それはホームを預かるわれわれの命題でもあります。「負けなし」で繋いでくれたこの試合。次は、もはや強豪と称される栃木との戦い。試される試合です。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/409-810f5261