6/29(金)13:00 龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

ロッソ熊本4-1流通経済大学

得点者
20分 高橋 泰(ロッソ熊本)
32分 高橋 泰(ロッソ熊本)
35分 北川 佳男(ロッソ熊本)
64分 船山 貴之(流通経済大)
86分 矢野 大輔(ロッソ熊本)

昨日のNHKのニュース映像と今日の熊日・萩原記者のレポートを見ただけですが、やはり北川。切れ味鋭いステップワークでゴール前のスペースを突っかけていくシーンが二度ほど。惜しいシュートが1本、もう1本はPKをもらった突進。最近は佐川急便戦で先発するもシュートゼロに終わり、前期終盤の3試合は、出場機会に恵まれていませんでした。久々の登場のような気がしましたが、ほんとに体もかなり絞れてきて、動きにスピードとキレが増していて、コンディションの良さを感じました。(基本的に北川好きです)

萩原記者も書いているように、北川は前線でディフェンスを背負ってもしっかりとボールを納め、ポイントになり、タメを演出する、と言ったプレースタイルが目立っています。しかし、FWとしての本当の魅力は、前を向いたときのパワフルな突進と破壊力溢れるシュートではないか、と思っています。流通経済大のディフェンス陣は前を向いた北川に、ゴール前のエリアで正対してしまい、ドリブルで突っかけていけるスペースを与える状況を作ってしまいました。あの突進力で加速するスペースが与えられれば、かなりの確率でチャンスに結びつくのではないでしょうか。

さて、後期第1節の勝利です。前節の敗戦から、若干、先発メンバーをいじってきました。中盤の忠実なバランサー・熊谷。後期のスタート、何としても連敗を避けたいという監督の思いなのか。そんな監督のメッセージが伝わってくるような起用のように思います。

これで勝ち点40。

確かにリーグ戦のなかの一つの勝利なんですが、後期のこれからのゲーム、勝利は、そのひとつひとつのがJに向かって、現実に一歩ずつ近づいているように思いたいですね。今しかない、そういう楽しみ方をしてみたい。残り16試合。GK小林は全勝するとコメントしていましたが、とりあえず勝ち点70をひとつの”メド”としてあと30。あと10勝。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/41-d243737a