ロッソのメインスポンサーのひとつ「白岳」の高橋酒造が、ロッソ熊本応援キャンペーンとして「しろ」のロッソボトルを発売するというニュースをキャッチしました。しかも売上の一部を活動資金としてチームをサポートするシステムとのこと。
あかしろ

ファンとしてはこのボトルを見ただけで、ううっ、と涙が出てきそうになる…感動ものの立ち姿です。実に美しい。

店頭では8月から本数限定での発売ということですが、7月下旬のホームゲーム(7月21日ソニー仙台戦?)では先行発売も予定されています。

とりあえず1本は観賞用に1本は晩酌用に。あるいは、週末の祝勝会用に2~3本。また12月上旬のJリーグ臨時理事会後に仲間と開くであろう、祝“昇”会のためにまとめて買い置きなど…。

いよいよJを懸けた戦いがカウントダウンに差し掛かろうかというこの時期のこのキャンペーン。昨年までのクールショットグラスや、ユニフォーム型キープホルダーももちろん持っています。しかし今年は主力商品のラベルから作り変えてしまうとは・・・。

赤い“しろ”。

高橋酒造の本気と誠意が伝わってきて、グッとくるものがあります。いささか旧聞ではありますが、先日の「ゆめタウンサンクスマッチ」や「コカ・コーラpresentsロッソ熊本サポーターズクラブ交流会」、あるいは今年で3年目となる熊日の「ロッソうちわ」(土曜日の鳥取戦で無料配布予定)などなど。スポンサー側もおつきあいで名前を連ねているというだけでなく、また販促目的だけでもない動きが目立ってきたように思います。ロッソを通じて“みんなで楽しもうよ”という明確なメッセージを感じます。これもひとつのサポーターズ“文化”と言うのでしょうか。

さて、われわれも、今週末の祝勝会はWHITE-WAVEでもBLACK-MISTでもない。きっぱりと赤い“しろ”を指名です。

http://www.coolshot.jp/
今日の拍手は高橋酒造に!
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/42-90f9cf92