8月25日(日)J2 第31節 熊本 vs 北九州
(19:03KICK OFF/うまスタ)


雷さまがサッカーの神様に勝って、45分+20分しか試合をさせてくれませんでした。1-1の後半残り25分というところで、雷雨により「中止」。

中止ということはゲームは成立していないので、お互い勝ち点1ずつということではなかろう、開始から0-0で再試合なのか、それとも1-1の残り25分だけ再試合なのかと気を揉んでいましたが、翌日の今日、90分の再試合と決定されました。日程は未定。熊本にとっても初めての経験になります。

これで、あの橋本のいない隙を狙われた北九州の先制点と、ウーゴ、藤本、ドゥグラスと繋いだトリッキーな熊本の同点弾は、公式記録にはならず幻のゴールと呼ばれるのかも知れません。当人たちにとっては残念でしょうが、しかし総体的には、選手にとっても、われわれファンにとってもフェアで最善の決定になったのではないでしょうか。やはり1-1のイーブンだったことも判断材料にあったのでしょう。

前日からゲーム前まで、長時間にわたり断続的に雷まじりに激しい雨が降り、開催自体も危ぶまれました。わがスタジアム「うまスタ」はしかし、ややスリッピーではありましたが、かねてから水はけには定評のあるピッチ。敵将・柱谷監督が「ウォーミングアップを見たらボールもしっかり動いてた」と言うとおり、何の問題もなくパスサッカーの舞台として機能していました。

前半戦アウェーで0-7の大敗を喫した相手、北九州。とはいえ、お互いにそんなことを気にしたり、話題にする余裕のある順位にもなく、相手がどこであろうと目の前の勝ち点を積んでいくしかない。

前線でドゥグラス、ウーゴそれに、3バックの右で期限付き移籍の青木が初先発。ボランチに原田、吉井を並べ、さらに黒木を右のサイドハーフに起用。ずいぶんフレッシュな顔ぶれ。中2日、中3日の連戦の疲労を考慮したのだとしても、なかなかに魅力的な試みでした。

ベンチに目を向ければ、GKの他は、高橋、養父、堀米、仲間、齊藤。後ろも前も、真ん中も、シーズン当初よりかなり選手層が厚くなっているのに気付かされる。ちょっと大げさかもしれませんが、ただの交代要員ではなく、戦局に応じてゲームの流れを切り換えられるメンバーになってきた、と言ってもいいかもしれません。

20130825北九州

立ち上がりは北九州。4-4-2という徳島と同じシステムながら、高い位置からプレスを掛けられ苦しめられます。ただ、ウーゴ、藤本、ドゥグラスがワンタッチで繋ぐ、ためるトライアングルに、次第に北九州も翻弄され始めます。悪くない。

しかし、攻勢、主導権がクルクルと入れ替わるような展開。先制したのは北九州。そして冒頭に書いたように、熊本が前半のうちにドゥグラスのゴールでイーブンに持っていきました。

熊本はハーフタイムでケガの吉井に代えて筑城。後半15分にはドゥグラスに代えて齊藤。
いよいよここから終盤にかけて攻勢に出て行こうという熊本のスタイルになったかと思ったところでの「水入り」。やはり、この流れは残念というべきでしょう。

ただ、中断を経て再開されていたら流れが変わってしまうのもよくあること。それを思うと、「中止」のほうが良かったとも考える自分達がいます。

点差もイーブン。仮に残り25分だけのゲーム開催になった場合、サドンデスではありませんが、そんな状況の延長戦を戦うような気持ちかも知れない。たった25分だけのゲーム。25分だけの後押し。それはきっと痺れるような経験になるかも知れない。とも思っていました。

けれど決定は仕切りなおしの90分の再試合。しかし、それはそれで、65分の真剣勝負を観たあとに、同じ半券でもう一本同等の試合を観られると考えれば、ファンとしては随分得したのかも知れない。そう言ったらゲームの運営に苦労される関係者に怒られるでしょうか(笑)。

とにかく、決着は再試合で。今度こそ勝ち点をいただきましょう。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/427-b514561b