9月5日(木) 2013 J2リーグ戦 第31節
熊本 1 - 2 北九州 (19:03/うまスタ/3,339人)
得点者:33' 渡大生(北九州)、37' 井上翔太(北九州)、55' 大迫希(熊本)


なぜ勝てないのでしょう…。
なぜいつも必ず先制点を奪われるのか。なぜ追いつくことすらできないのか…。

池谷監督代行は試合後「内容的には悲観していない。ファイトできているし、攻撃の形もできている」と言いました。そして「これを好転させなくてはいけない」と。

しかし…。言葉を失ってしまうような前半の連続失点。後半は一転、攻勢に出るも、決定機らしい決定機をつくることができない。まあ、北九州とすれば前半で2点リード、それ以上リスクを冒さず、ある程度引きながら時間を使うような戦いは当然でしょう。シュート数では北九州を上回るものの、なかなか枠に飛ばない。それが最大の敗因でしょうか…。

北九州との31節の再戦。雷によって中止となった2週間前は同点で終わったためか、その試合の「残り25分」を戦うのではなく、全くゼロからの仕切りなおしになった。他のチーム全てがその節を終えた結果、熊本の暫定順位は20位。降格圏の21位鳥取との勝ち点差はわずかに2。しかし、この試合に勝てば北九州を上回り17位に浮上。誰もが、この再試合こそ非常に重要なゲームだという思いがありました。

勝つしかない、勝ちに行こうとしてゲームに入るのか。とにかく失点しないよう、ゲームを壊さないように慎重に入って勝機を探るのか。われわれは興味深く見守っていました。それに対して、どちらかと言えば、とにかく相手の出方を潰すことに集中して、大事に大事に入っていった熊本。いわば“置きに行っている”ようなゲーム。

20130905北九州

両サイドからチャンスを作り、クロスは上がるものの、受け手側の厚みが足りない。「3トップが中央で崩す場面を増やさなければ」と、試合後齊藤が言うものの、前線だけでどうなるものでもなく。相変わらずアタッキングサードでの呼吸が合わない。この課題は、いまだ改善されていない。

そして絵に描いたように、北九州が一瞬の隙をついた攻撃。熊本のミスを突く鋭さももちろんですが、ここぞとばかりの攻勢。攻撃性の”集積”。それこそがまさしくカウンターサッカーなのでしょうが、シュート4本で2得点という”効率”が熊本を消沈させます。

終わってしまったことや暗くなるようなことを考えても仕方がない。
こんな時こそ、良くない材料でも、明るく前向きにとらえ直すくらいの図太さが欲しい。

そう。ケガで出場を心配していた仲間も原田も大事には至らなかったじゃないか。敗戦ではあるが、暫定順位だったのが確定しただけではないか。

4連敗であり、すでに7試合も勝利から遠ざかっている。けれど、それでもまだ降格圏の奥底に沈んでいるわけでもなく、十分に残留の勝負ができるポジションだし。

翌朝の熊日にも「諦めずに」という単語がどこそこに出ていますが、思うにそれは残留20位ラインと勝ち点差が開いてしまっている場合に使う言葉。そして先々を思い悩んだときに、思わず使ってしまう言葉ではないでしょうか。

危機感を自覚する必要があったり、煽るなら別ですが、それでなくても自信喪失気味の熊本。かえって自らを追いつめ、萎縮してしまう。必要なのは自身の力を信じて、目前のプレーに力を出し切ること。決して諦めるとか、諦めないとかいうような局面でもなんでもない。それよりも慌てる、浮足立つ、疑うみたいな状況を恐れます。

残り10試合と区切ることで(これはわれわれの前エントリーもそうですが)、勝手に短期決戦のような錯覚に陥っている感がありますが、池谷代行が言うように残りはまだ3カ月余もある。まだまだシーズンは長い。(この32節でそのままシーズンが終わって欲しいというのもまた本音ですが…(笑))

もう一度、二度の浮き沈みは来るでしょう。

どれだけ普段の戦いができるか。どんなに周囲がやきもきしても、プレーするのは選手だし、指揮を執るのは監督だし、監督を助けるのはスタッフだし…。コンディションを整え、スカウティングを怠らず、知略を尽くして戦術を練り、チームがそれを共有できるまで練習する…しかない。そこに微塵の揺らぎもあってはいけないと思います。

そしてそのチームを土台から支え鼓舞できるのは、われわれファン、サポーターしかいないわけで。

総力戦。われわれもついに前節のエントリーで使ってしまった言葉ですが、ありもしない戦力を空想するような精神論ではなく、普段の準備をさらに周到に整えることだと。
そう、そこに総力を挙げて…。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/429-f85c9bc6