10月14日(月) 第93回天皇杯 3回戦
広島 2 - 0 熊本 (15:01/Eスタ/5,876人)
得点者:1' 石原直樹(広島)、63' 佐藤寿人(広島)


完敗でした。それはチームの勝敗のことではなく…。

天皇杯3回戦、広島戦。NHKどころか、スカパーの中継カードにも選ばれず、巨大掲示板とtwitterの情報頼みでPCの前に座っていました。敵地・広島までは、新幹線を使えばわずか1時間半なのに…。これでは、とてもロアッソ・ウォッチャーなどと“自称”することはできないなという意味で、恥じ入っています。

しかも、同じ放送時間帯にNHKが選んだカード、「清水vs金沢」の試合のすごかったこと。あわやJ1清水の足元を掬うところだったのはJFLの金沢。ジャイアントキリングを、この大会の”見どころ”にしているNHKは、結果はともかく、してやったりのチョイスだったのでは?と思うと、さらに敗北感が強くなってしまいます(笑)。

というわけで、試合内容については多くを語れないのですが、試合経過を見ていても、報道を見ても、開始わずか25秒の広島の先制点に浮き足立ち、ゲームプランどころではなくなったということでしょうね。

そして、「個人の質が違うなと改めて感じました」と池谷監督代行が言うように、先制点を嵩に掛けた広島が、その”差”をどんどん見せ付けていったということでしょうか。

気になるのは、指揮官も「あまりにも早く失点し、怖がるプレーが多くなった」(熊日)と言い、藤本がブログで、「あれだけ貧弱なメンタルで戦ったら、結果は当然負ける」と嘆いている点。藤本自身、怪我からの復帰戦で、古巣と戦うことへ”思うところ”が大きかったのもあるでしょうが。

われわれは前節のエントリーで、「これから当たるリーグ上位陣との戦いの前に、その広島の圧倒的なスピード感を受け止めるのも、次につながる」と書きました。しかし、藤本は同ブログで「正直、次のリーグにどう繋がっていくのか予想できないが、とにかく相手に立ち向かう勇気だけは取り戻したい」と、かなりネガティブなまとめかたをしています。

ただ、その藤本も、熊日のインタビューに対しては「J2では今日ほどはプレッシャーは感じないはず」とも。堀米も故障から復帰し、途中出場から気を吐いたようなので、ここもポジティブにとらえたいところです。現時点のJトップチームを相手に失うものはなく、戦って得られたものは必ずあるはず。また、降格戦線という現実に戻ります。われわれも、アタマの中からマイナスの要素を排除して、徹底的に前向きにいきます。さあ切り替えて、残り6試合。リーグ戦に集中です。

追記:アップしたあと、井芹さんの試合レポートを拝見しました。詳細です。ご参照あれ。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/435-43d1b6b3