10月27日(日) 2013 J2リーグ戦 第38節
熊本 1 - 0 長崎 (13:04/うまスタ/7,306人)
得点者:45'+2 仲間隼斗(熊本)


「(狙いが)はまった」と言うのは試合後の池谷監督代行。“してやったり”の表情と熊日は書いていますが、仲間の得点シーン、そして試合終了の笛を聞いてからの喜びようは、尋常ではなかったように見えました。

九州ダービーであり、海峡ダービー?でもあって、それも当然と言えば当然なんですけど。それは池谷代行だけではなく、われわれも含めて(多分、ファン全体の雰囲気としても)、なぜこんなに「負けられないぞ」と思ってしまうのか。

それは多分、それほどに前半戦のアウェーでの戦いが、単なる敗戦という以上に何もできなかったこと。それも大きなショックを受けた北九州戦の大敗とも違っていて。何もさせてもらえず、点差の何倍もの差を感じた様なものだったからかも知れません。

20131027長崎

戦前に池谷代行が予想した通りのミラーゲーム。開始直後の緊張感そのままに、延々と続くお互いの潰し合い。熊本は徹底的にリスクを回避するような、そして狙いである相手3バックのサイドをつく“ロングフィード”をしつこく、しつこく繰り返す。前節、千葉戦の反省も大きいのか。とにかく、自陣でのリスキーなプレーを避け、ゲームの流れを切る選択が目立ちます。

「理想とは程遠く、サッカーをした感じがしない」と矢野は言います。確かに観ている方も、ボールの落ち着きどころがない、ある意味面白みのない展開が続く。しかし、指揮官が「相手が嫌がっていることを続けていこう」とハーフタイムで言ったように、それは、ゲームを通じて全く変わることなく、執拗に続けられました。

そしてその効果は、ハーフタイムより前に、突然、実を結びます。前半もアディッショナルタイム。このままスコアレスかと思われた時間帯。自陣で奪ったボールを吉井が左サイドを駆け上がったファビオにロングフィード。ファビオは追ってきた養父にダイレクトで落とす。養父は、斜めに走り抜けてDFの大外で手を上げた仲間に、右足アウトで通す。あとは仲間が落ち着いて決めるだけ。

それはまるで、自分たちがやられて嫌だったこと。3バックの外から裏を取られる失点。同じシステムの長崎相手に、その弱点を突き、これが値千金の決勝点になりました。

長崎・高木監督は「熊本は最近、サイドから崩されて失点することが多かったが、(今日は)サイドで起点を作れなかった」と言う。「マークする相手選手の良さは出させなかったが、自分の良さもあまり出せなかった」との片山の言葉と表裏一体。

自陣のサイドを閉じて、相手サイドを長いボールで崩す。そのためのファビオと仲間の先発。まさに、相手のスカウティングをスカウティングしたような。池谷代行の“してやったり”も理解できます。

それにしても長崎。指揮官の交代カードもあるものの、その意図をピッチ上で実現するために後半一気にギアをチェンジできる選手たち。チャンスと見るや、一瞬でプレーのテンポ、スピードがグッと上がるところは、この順位にいることを納得させる。本当の強さを感じさせる。それはピンチのときもしかり。リーグ最少失点も頷けます。

後半は、いつ同点にされるかと、胃が痛い思いで見守っていました。しかし、養父に代えて黒木を投入し中盤に蓋をすると、最後は「逃げ切るというメッセージとして」(池谷)高橋を入れた。GK南も、長崎のクロスを安定してセーブして、アディッショナルタイム4分も凌ぎ切り、完封で長崎にリベンジしました。

池谷代行の“現実路線”をあらためて思い知ったような気がしました。

スカウティングをスカウティングして、選手を変え、戦術を変え、展開のなかで的確なカードを切って、追加点ではなく逃げ切りを図った。どうしてもこの試合、勝ち点3が欲しかった。それは、最近は何度も繰り返し書いているような気がしますが、“結果がすべて”だという思いからではないでしょうか。

今節、鳥取が負けたため、勝ち点差13となって、残り4試合での熊本の最下位の可能性は消滅しました。まずは自動降格の可能性を消した。JFLの今の状況をみると、この意味はとても大きい。その状況でG大阪と戦えるということも。

今は結果がすべて。その采配は、単なるチームの指揮官というより、クラブ経営陣のひとりとしての超現実的采配ではなかったかと言うと、ちょっと大げさでしょうか。

ところで、25日の熊日朝刊。AC熊本の今期(2013年2月~14年1月)の経営状況について、約1千万円の黒字見通しと報じています。2010年度以来3期ぶりの黒字。

「AC熊本は昨年度決算で2300万円の赤字を計上し、債務超過額が7100万円と増加。14年度決算で債務超過しているか、または3期連続の赤字を計上すれば、Jリーグのクラブライセンスを失うため、今期は当初予算で2400万円の黒字を計上していた」(熊日)。

もちろん、誰も忘れてはいないけれど、降格をめぐる戦いはピッチ上だけではありません。3期連続の赤字はひとまず回避ということで、ひとつの危機は何とかクリアしたものの、債務超過の解消という重い課題は残ったままです。先週来、福岡の経営危機が取り沙汰されていますが、熊本も予断を許さない状況であることに変わりはありません。

次節はガンバ大阪戦。池谷代行はこの試合をどう位置づけ、どう戦おうと構想するのか。
「はまった」「してやったり」という顔をまた見たい。勝って降格圏21位の可能性も消してしまいたいものです。


TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/437-2be03bbd