2013.12.29 年末ご挨拶
ようやく年の瀬らしい寒波のおとずれ。何とかこのエントリーを書くところまでこぎつけたなと、正直ホッとしています。今年も拙ブログを読んでいただき、ありがとうございました。毎回いただく「拍手」を心の拠り所にして、青色吐息で更新してまいりました。

さて、年をまたぎストーブリーグ真っ只中。来る人もあれば、去る人もあり。北嶋のこと、筑城のこと、移籍する南のこと。触れなければいけない人も多いなかで、今年の最後にどうしても書いておかなければいけないのは彼のことではないでしょうか。そう、福王忠世選手です。

言うまでもなくロッソ熊本のチーム創立、九州リーグから戦ってきたメンバー。以来9年間、共に戦ってきた仲間。色々な思いと思い出。しかしながら、とても伝えきれる自信がないので、忘れられない出来事として、そのときのエントリーを二つ抜粋してみます。少々長いのですがお付き合いください。

2008.04.17 スカウティング。セレッソ大阪
あれは2005年4月。忘れもしない”ロッソ”熊本としてのデビュー戦。宮崎県運動公園サッカー場で行われた九州リーグ開幕戦。シャワールームはもちろん、ロッカールームもない、地域リーグとしてはごく普通の会場風景。選手も一般客も何の隔たりもないコンクリ造りのスタンドに、選手たちが気の向くままに置いた各々のスポーツバッグ。一瞬、福王のそれに付いているキーホルダーに目がいきました。ピンクとブルーの縦縞のユニフォーム型キーホルダー。おそらくC大阪時代の自身の背番号の入ったチームグッズだったのでしょう。
ユース時代は日本代表でも活躍した逸材。しかし、トップチーム昇格後は出場機会に恵まれず解雇されロッソのセレクションに参加。並み居る元Jリーガーのなかでも飛び抜けた才能だということは、誰の目にも明らかだったのですが、チームへの帯同はかなり遅れました。おそらくそれまでの経歴から考えれば、そのほかにも選択肢があったのだろうし、見ず知らずの遠い九州の地に赴くことへの不安や葛藤もあったのでしょう。
ご存知のように、その後の彼は熊本の不動のCBとして大活躍。初年度は九州リーグ最優秀選手賞に輝きます。そして今や欠くことのできない熊本の柱になりました。
セレッソ大阪。この対戦を一番心待ちにしていたのは、この男なのではないでしょうか。
能楽ワキ方福王流宗家の三男に生まれ、セレッソサポーターから今も「ぼっちゃん」の愛称で親しまれている福王。ジュニアユースから自分を育ててくれた古巣相手に、名残の桜の季節に故郷のハレの舞台で、彼がどんなプレーを演じるのか、福王ファンのわれわれとしては、ぜひこの目に焼き付けておきたいものです。


2009.07.12 一丸の勝利。札幌戦
福王が何やらつぶやきながら「バッさん」と呼びかけ、思いっ切りその背中を叩き、引き起こしてしっかりと抱きしめる。ユニフォームで涙を拭いているようにも見える河端。後半にもオウンゴールになりそうなボールを、木下の素晴らしい反応が助けてくれた。肝を冷やしたはずです。快心の笑顔でゴール裏に向かうのは市村。
福王、河端、市村。思えばこの3人は、今や数少ない“ロッソ”生え抜きの選手。あの寒い冬の日、KKウィングで行われた初めてのセレクションに参加していた。前のチームの練習着そのままの姿で。そして九州リーグを知っている仲間。あの過酷な地域決勝も共に戦った戦友。JFLの2年間も共にあった…。河端と福王は足にメスを入れ、その後の長いリハビリ生活も乗り越えた。そんな想いがブラウン管越しにも伝わってきて、こちらの胸も熱くなってしまいます。



ありがとう福王忠世。去る者は日々に疎し、などという言葉はあるけれど、われわれは君のことを忘れないぞ。君の活躍はチームの歴史に、そしてわれわれの心に深く深く刻み込まれている。これからは敵味方に分かれるかもしれないが、またいつか正々堂々、闘える日を夢に見ている。

では皆様、よいお年を。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/445-e5fd15f5