3月22日(土) 2014 J2リーグ戦 第4節
熊本 1 - 1 大分 (15:03/うまスタ/9,492人)
得点者:54' 澤田崇(熊本)、86' 後藤優介(大分)


20140322大分

開始早々からオープンな展開でした。大分の周知のドリブラー西が突っかければ、こちらはルーキーの澤田が長い距離を持ち上がって、ファーストシュートを放つ。DFラインを高くしてコンパクトな陣形でボールを運ぼうと意図している大分に対して、橋本のタックルと養父のパスカットがはまり、素早く大分の裏のスペースを狙う。大分にゴール前で回される時間帯もありましたが、サイドで完全に詰まってしまって危ないシーンはなく。お互い綱引き状態で前半を終えました。

先制点は熊本。後半54分。中盤での攻守の激しい入れ替わり。奪った熊本がワンタッチで前に運ぶ。澤田から左に走った齊藤へ。齊藤が大事にマイナスでパスを出すと、仲間がダイレクトでシュート。ゴール前でDFを背にしていた澤田に当たって、ゴールに吸い込まれました。

この試合で最も印象的だったのは、前半36分。ピッチの中央付近で引っ掛けられて倒された養父。倒されて仰向けの姿勢のまま、足元にあったボールを、素早く右サイドを駆け上がっていく味方にリスタート。さすがに審判はこのプレーを認めなかったけれど。なんか隔世の感が…。思い出すのは「2009.08.11 再び完敗。徳島戦」。審判の判定に抗議しようとしている隙に失点してしまったあの試合。あのときとはチームも変わったし、サッカーも変わった。そう痛感したシーンでした。

変な言い方かもしれないけれど、選手は、切ないくらいに、ゲームに忠実に、相手に対しファイトしました。J1からの降格チームである大分を圧倒し、ゲームを支配したと言えるのではないでしょうか。

それも、戦術的にとか、相手の良さを消した、とか言うことではなく、物理的に。球際において、ボディコンタクトにおいて、集中において、切り替において。戦う意思において。

試合終了後、青く埋め尽くされた大分のゴール裏からは、激しいブーイング。大分からすれば、ギリギリの時間帯で追いついて、アウェーで勝ち点1は“悪くない”でいいじゃないか、と思ってしまいがちですが。降格チームにとって熊本はあくまで格下。“こんなところでモタモタしてる暇はないぞ”という思いなのでしょうか。

ピッチ上では、一目瞭然。「われわれのサッカーをさせてもらえなかった」(大分・田坂監督)ということなのではないか。

最近、思うのですが…。「サッカーのファンというのはつらいことのほうが多くて…」という記事は、ここでは何度も書いていますが、ここ数試合、職場の仲間とも、どうも結果だけではないよね、みたいなことを話したりしています。もちろん結果は何より重要なんですが。とても微妙な感覚で説明しにくいんですが。「昨年と比べることもないけれど、今季のロアッソの試合は楽しめる」。そんな拍手コメントを頂戴したりもしています。

最後の最後に、「勝ち」が「スルリ」(熊日)と逃げていってしまったわけですが、それでも、そこからのわずか残り時間、追いついた側の勢いをガッチリと受け止め、すぐさまそこから巻を投入し、黒木のあわやのシュートで流れをもう一度引き戻した。

監督ひとりが、選手ひとりが、それぞれに戦うという意思を持つのは当たり前なんだけど、それがチーム全体で常に高いレベルを保っていられることだったり、失点してモチベーションがガクッときても、それを一瞬で取り戻せたり。“選手が下を向かない”ことが伝わってくる。だから結果とは別に、決して負けてない状態で試合が終わる、そんな感覚。一週間をみじめな思いで過ごすことがなくなった感じです。

小野監督は、これまでの3試合からスタメンを変えてきました。FWに澤田、2列目に五領。「正直、誰を出してもいけるなというくらい、1人1人、トレーニングを見ていても非常に元気よく、いいパフォーマンスを発揮してくれてます」。そう監督は言う。

久々のスタメンの五領。与えられたチャンスをものにしようという必死のプレーが伝わってくる。こんなに足が速かったか?と思うくらい右サイドを完全に支配。行けるところまでいく。そんな攻守にわたる運動量。大分との“バトル”にスイッチを入れたのは、間違いなくこの男でした。勝っていれば、間違いなくMOMに推したいところでしたが。

澤田。期待のドリブラー。試合の展開もあったが、ほぼ90分間、前線で走りきれることを証明した。サッカーライターの小宮良之さんは自身のtwitter(https://twitter.com/estadi14/status/447314821331959808)にこう書いてくれています。「ナイフの切れ味で、敵守備陣の肌を切り、確実にダメージは与えた。あとは骨を断てるか」と。

とは言っても、現状17位。まだまだ順位をうんぬんする時期ではないにしても、厳しい戦いが続きます。次節はフクアリでの千葉戦。われわれにとって最悪なイメージしか残っていないこのシチュエーション。多分、この戦いがチームの今を見せてくれる、序盤戦の一番のゲームだと思います。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/452-07814c73