6月28日(土) 2014 J2リーグ戦 第20節
愛媛 4 - 0 熊本 (19:04/ニンスタ/2,821人)
得点者:46' 堀米勇輝(愛媛)、50' 西田剛(愛媛)、55' 河原和寿(愛媛)、71' 藤直也(愛媛)


気が付けば今日のゲームが第20節。前半戦もあと1試合を残すのみとなってしまいましたが…。前節に続いてまたもや信じ難い結果となってしまいました。

20140628愛媛

愛媛は3連敗と厳しい状況のなか、前節は6位の大分に引き分けて一息ついて迎えるホーム熊本戦。きっとこれを浮上のきっかけにしたいと思っていたはず。かなりな意気込みを感じました。

戦前、「攻守にいいサッカーをしている。必ずしも実力を反映した順位ではない」(小野剛監督)と警戒していた通り、前半は愛媛が軽快なパス回しで主導権を握る。確かにチーム全体のコンディションがいいことを窺わせます。

スカパー解説者は“お互いに非常に慎重にゲームを運んでいる”と表現しましたが、一方、愛媛の選手たちはこう言っています。

「前半は自分たちが持っている時間が長かったけど、そこからどう崩すかだった。でもサイドが起点になってクロスからいい形は作れていた。」(愛媛・河原和寿)
「前半は相手がコンパクトで、我慢比べのようになったけど後半は絶対モノにしようということで、監督が檄を飛ばしてくれて、いい形で後半に入れたことが点につながったと思う。」(愛媛・堀米勇輝)」

いずれにしても愛媛がポゼッションし、熊本がこれを受けて奪いに行くという構図。主導権は愛媛にあるように見えながらも、熊本が圧倒されているというわけではない。しかし、奪いにいく熊本も、なかなか思うようにはプレスがはまらない。

何が起こっていたのでしょうか…。

前節、4失点した京都戦を振り返って「ボールに寄せきれなかった。あと50センチの勝負。ミーティングと練習で課題は確認できている」(斉藤和樹・27日付熊日、戦前のコメント)と臨んだ今日のゲーム。だったのですが…。

「今日は愛媛とシステム上、合わないところがあった」とする藤本主税のコメントがちょっと気になります。

リーグ戦も折り返しの時期まで進んでくると、相手チームの戦術研究も相当に進んでくるはず。全体的に重そうに見えるコンディションもあるのか。局面局面で抜ききれない、かわしきれない…。そんなゲームが続いたように感じます。

そして後半。1分、5分、10分。10分間で3失点。この10分が全てでした。猛攻の口火を切ったのが、昨年熊本に在籍していた堀米だったことも口惜しい。確かに「どの失点もギリギリの所で必死で足を伸ばしたりしたが失点をしている」(小野監督)ことは見えるので、どうしようもないわけではないのですが、しかし、やはり緩い…。前節に続いて“あと50センチの勝負”で負けてしまった印象。そして切り裂かれた最終ラインは、ほとんど無防備とも言えました。

さらに小野監督が「それ以上にゲームで流れを修正するのに時間がかかった。それは選手ではなく私が責任を負うところ。カードを切るまで修正が遅れて、なかなか上手く修正ができなかった」と言うように、この屈指の智将にしても対応が間に合わなかった連続失点。3点目を失った時点である意味、ゲームは終わってしまっていた。

「誰も予想していなかった2試合連続の大敗に選手の表情は固まった」と書いた熊日朝刊。心配はそこにあります。

4失点での連敗ということで、チーム全体が委縮し、下を向き加減なのは仕方のないことでしょう。しかし、どうも、今日のゲームに関しては大量失点ということもありますが、むしろ修正の時間もなにもないくらい短時間の連続失点のほうが問題。確かに愛媛の攻勢も素晴らしかったが、ああやってチャンスがことごとく得点に結びついてしまうことは、そうそうお目にかかることではなく、ある意味で色んなラッキーが折り重なって極端な事態が起こったとみてもいいのではないでしょうか。

皆が原因を分析して、それぞれの責任を引き受けるだけでは仕方ない。いや、いくら原因を分析しても、効果的な対応にならないことだってある。“あと50センチの勝負”のために、ここはひとつ、この連敗のイメージを吹き飛ばすくらいに、フィジカルもメンタルもリフレッシュする。そんなこともこの一週間の課題ではないでしょうか。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/468-1a60ebe7