JFL後期第7節 
8月11日 18:00 江東区夢の島
横河武蔵野FC 2-3 ロッソ熊本

試合は見ていませんが、熊日の報道などからの印象は、2点先取して、追いつかれて、あの試合の流れでとにかく「負けなかった」ことが最大のポイントかと。よく凌いだ。引き分けでも十分な結果だったと思います。ロスタイムの決勝点は、放り込んだ斉藤が「マジでミラクル」と言うように、これはまさに結果。勝ち点「1」か「3」か、どちらに転ぶかはサッカーの醍醐味でしょう。でも、こんな凄いドラマはめったに見られるもんじゃないですね。現地の興奮は大変なものだったでしょう。

これで勝ち点53。あと10試合。昇格ラインまでのマジックナンバーは(勝ち点で)19ですね。ここにきてひとつひとつの勝ち点の重みがずっしりと感じられます。


さて12日の日曜日。益城での練習試合を覗いてきました。相手は関西学生リーグ1部の阪南大で、試合は45分の前後半2本。結果は3-1(前半3-1、後半0-0)

とにかく暑い。16:00キックオフですが、風もなく、肌をさすような日差しで、人工芝のピッチは熱がこもってそうで、非常に厳しい条件。ギャラリーはざっと150人くらい(かなり多い)。

それでも試合は、開始早々に1点を先制されて、以後かなり熱いものに。もちろんチームとしてどうこうと言うより、選手個々の激しいアピールだったり、ケガからの回復途上だったりといった要素があって、ゲーム内容はさておいてということですね。いやあ、ピッチが近いせいかも知れませんが、何せ選手同士のコーチングの声が激しいこと。ミスに対しては容赦ない叱責の声が飛んでいました。リーグも終盤に差し掛かろうかというこの時期、選手の必死の思いが伝わってきます。

フォーメーションは以下の通り(だったと思います)

<スタメン>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・町田・・・・・・・山内・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・斉藤・・・・・・・・松岡(康)・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・宮崎・・・山本・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・鈴木・・・・・・・・・・・・・・・福王・・
・・・・・・・・佐藤・・・大瀧・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・太・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



<後半開始時点>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・町田・・・・・・・山内・・・・・・
・・・・・・・・・・宮崎・・・・・・・・・・・・
・・山本・・・・・・・・・・・・・・・鈴木・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・福王・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・遠藤・・・・・・・・・・・・・・・河端・・
・・・・・・松岡(卓)・・・大瀧・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・太?・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/47-02ecceda