11月23日(日) 2014 J2リーグ戦 第42節
福岡 1 - 3 熊本 (14:04/レベスタ/7,799人)
得点者:12' 藏川洋平(熊本)、28' オウンゴール(熊本)、45'+1 金森健志(福岡)、50' 澤田崇(熊本)


2014シーズンを締めくくる最終戦は福岡とのバトルオブ九州。奇しくも開幕戦と同じ対戦相手。「このシーズン、開幕戦から積み上げたものを両者見せたい」といったのはスカパー実況のアナウンサー。そんな集大成のゲーム。熊本は3つのゴールでシーズンの戦いを締めくくりました。

20141123福岡

前半12分。ボックス内の左寄りでキープするアンデルソン、DFを背負いながら壁を作り、大外を追い越した斉藤に出す。フリーの斉藤は、速いグラウンダーのクロスを送る。ゴール前に猛烈なスピードで走り込んだのは何と右SBの藏川。相手DFより一瞬先に触れて先制弾。

前半28分。澤田からのショートコーナー。走り寄る嶋田が受けるとそのままドリブル、中央まで回り込んで養父に預ける。ボールは養父、藏川、養父と回り、相手DFとオフサイドライン上でせめぎ合うアンデルソンに渡る。収めたアンデルソンから追い越す養父にワンツー。完全にフリーの養父はゴールライン付近まで持ち込み、高速のグラウンダーのクロス。相手DF堤のクリアはオウンゴールに。追加点。

後半5分。右サイドでDF2枚を相手に粘るアンデルソン。DFの股間に押し込むように出したボール。走り込んだフリーの嶋田が受け、そのままスピードに乗ってドリブルで持ち込む。ゴールライン近くまで侵入し、中の選手の位置を確かめながらチョーンと折り返す。ニアに走り込んだ澤田。いったんは捕まえ損ねたものの落ち着いて流し込む。3点目。

いずれもエリアに侵入し、アンデルソンが収めて起点になり、追い越した選手がフリーでサイドを深く深くえぐって折り返す。絵にかいたような…。練習通りの…。そんなゴールを3本揃えて追いすがる福岡を突き放し、熊本の2014年のシーズンは終わりました。

「走るロアッソ 集大成魅せた」「攻守圧倒 成長手応え」の見出しが躍る翌日の熊日朝刊。スカパー解説・中払大介氏は試合中、「現代サッカーのあるべき姿をやっているように思う」とまでコメントしました。

最終戦。今日のこのゲームもまたわれわれに素晴らしいものを残してくれたんですが、同時に、2014年のこのチーム、このシーズンの色んなことが思い出されて…。

先制ゴールを決めた藏川が一目散にベンチに走る。真っ先に小野監督へ。そして控え選手、スタッフにもみくちゃに…。
「今年一年、一緒にやってきた仲間が取らせてくれたゴールだったと思う…」 (蔵川洋平)

「かなりチームワークを感じされる熊本ベンチの喜び方ですね…」とスカパーの実況アナウンサーも表現する。ベンチにはこの日ベンチ入りしなかった選手全員のユニフォームが掲げられていました。

「結束力」。試合後、小野監督が強調していたのもその言葉でした。

「プレシーズンの時に感じたのは、チームの結束力では絶対負けないぞという手応えはありました。それを宝として、磨きをかけてもっともっと大きくしていきたいというのが、この1年の自分の戦いだったと思います。」
「今日も実は、試合前に『俺達の最大の武器は何だ』と、結束力だと、ここに来られなかった選手たちの分までしっかり戦おうと。」
「…選手の方から『皆で行く』ということで駆けつけてくれて、試合前のロッカールームでは全員で円陣を組むことができました。1つ1つのことが、今日は自分にとっては非常に印象的で、本当に選手達に感謝したい、そういう1日になりました」
ベンチメンバーに入れなかった選手も全員がこの最終戦の地・福岡に帯同していたのだという。

チーム一丸。行くぞ!

そして。美しくも真っ赤に染まったアウェイゴール裏。スカパーの集音マイクが拾うのは、90分間、途切れることなく響き続けた、熊本サポの堂々たる大コール。軽快にリズムを刻み、時に野太く。うねり、飛び跳ね。選手の、チームの背中を押す。共に闘う。

「アウェイですけどホームの雰囲気やアドバンテージというのをサポーターが出してくれている」(スカパー解説・中払大介氏)

これも結束。

ベンチスタートの藤本主税がピッチに立ったのは、もう後半アディッショナルタイムが告げられようかという時間帯でした。この日で引退する藤本。19年前のデビュー戦と同じピッチでのラストゲーム。プロデビューの地が引退の地。入団したチームが、最後の対戦相手。

左サイドの守備で切り返されて抜けられる。ボックス内のごちゃごちゃをクリアしてCKに逃れる。

そして最後の福岡のCK。GKの神山も上がるが、キックはゴールラインを割り、今季の終了を告げる笛が吹かれました。

選手同士の握手のあと、藤本を囲み、福岡、熊本両チームの選手が敵味方なく胴上げを始める。熊本の「チカラ・チカラ・フジモトチカラ」のコール。なんと福岡サポーターからも「チカラ」コール。スタジアム中からの「チカラ」コールに、藤本の涙腺も決壊。

今日はうまくいかなかった福岡。しかし、教えられることの多い先輩。こうやってみんな繋がっているんだぞ…と。

「福岡の選手が一緒になって胴上げしてくれたのには、びっくりしましたし、素直に嬉しかったですね。涙がぽろっと出てきました。」「『チカラ、チカラ』と声援を送ってくれたことは、サッカー選手をやってきて良かったなぁと素直に思いました。ホント、感謝の気持ちでいっぱいです」(藤本主税)

そしてその偉大な先輩の引退の日に、Jデビューを果たした野田裕喜という逸材。17歳。大津高校2年生。

「…彼(野田)に伝えたことは、同じ土俵の中で18人に残るための、そしてピッチに出るための競争をしてくれと。」「…これは最後にピッチに立った(藤本)主税もそうなんですけれども、全てチャンスを彼らが勝ち取って、野田はトレーニングの中からそういうものをしっかりと見せてポジションを勝ち取ったと思っております。」(小野監督)

激しい競争を超えたところにあった結束。

試合後、藤本を中心にアウェイゴール裏でのカモンロッソ。帯同したスーツ姿の全選手、スタッフも、そして…サポーターからの「小野コール」に促されて、小野監督までもが・・・。

2012年8月12日。ホーム栃木戦の勝利後に初めて踊ったカモンロッソ。「南ひとりでは変えられなかったことがあるのかも知れない。しかし、藤本が来て、さらに北嶋が加わったことで、何かが少しずつですが、変わってきているような気がする。」当時のエントリーではそう書いています。「ファンとチームが共に喜びを分かち合えるものを…」と、南、藤本、北嶋の呼びかけではじまった勝利のパフォーマンス。

北嶋は引退、南の移籍、そして今日、ユニフォームを脱ぐ藤本。彼らがチームに残してくれたものが、今、みんなの胸のなかにしっかりと根をおろしたような、そんな感覚を覚えました。苦しくつらいことのほうが多かったかもしれないこのシーズン。長い長いシーズンを終えたその果てに、こんな気持ちが待ってくれているとは。

しかし…。

終わってみれば、今シーズンの成績は13勝14敗15分。勝ち点54。13位。30日から行われる昇格プレーオフ。その場に身を置くことができなかった結果、事実は厳然としてあります。「(昇格プレーオフ進出の)チーム目標が達成できず、心残りだ」という藏川の言葉は重い。「チームが良い感じだからこのままもっと試合をしたい気持ちもある」という養父のコメントも、その残念さを物語っているのかと。来季こそと思う気持ち。

そんな色んな思いが交錯する最中で知った原田拓の引退の報。チームもまた変わっていく。

これから始まるストーブリーグの行方に身構えながらも、とりあえずここではひとこと言っておきたい。選手、監督、スタッフのみなさん、本当にお疲れさまでした。記憶に残るシーズンをありがとうございました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/491-b27ae9c0