9月8日(日)18:00 KKウイング
ロッソ熊本1-2 YKKAP

得点者
前半17分 斉藤(熊本)
前半30分 長谷川(YKK)
後半44分 朝日(YKK)

先取点はロッソでしたが、もうそのあたりから喜んでいる余裕もなく、ただただ随所で「ラッキー」を喜ぶばかり。始終冷や冷やしながら見ていました。

結果的には、後半ロスタイムの失点で、4500人のサポーターにきわめて後味の悪い敗戦をさらしましたが、冷静に振り返ってみれば、まったくロッソのゲームをさせてもらえなかった、終始、相手にいいようにされてしまった試合でした。ゴールポストに救われた場面が2度、3度。後半も20分を過ぎる頃には、引き分けを祈るような流れでした。

出場停止が同時に3人という厳しい状況。しかも後ろの要の上村、有村が同時に不在というゲーム。そこに福王、河端が帰ってきたということは、大きな救いのようでした。

しかし、対戦タイミング的にはあまりよくなかったと言わざるを得ません。

見た限りでは、今日の相手YKK。チームとしてのコンディションが非常に良かった。攻撃にはスピード、切れ味があり、あっという間にシュートレンジまで運んできます。きわめてシンプルでオートマチックな攻撃。ある意味どれもがサインプレーのような判断の速さ、ダイレクトプレーの連続。パスも速くて、正確。ロッソもなかなか詰めて行かない、というより迂闊には行けないという状況。ロッソのボランチも捕まえきれず、エリアの前で決定的なボールを配球されてしまいました。

思うに長谷川に影山、牛鼻、代わって入った星出にしても、このJFLを主戦場にして戦っているベテランになってきました。いわば、あうんの呼吸。完成されたオートマチックなコンビネーションを見る思いがしました。ある意味、YKKは今一番成熟の時期を迎えているのではないかとすら思います。

守備に回っても早い。ロッソが落ち着いてポゼッションできる場面はなかったと言っていいでしょう。攻守にわたって、バタバタと落ち着かないロッソ。いかにも急造チームのバランスの悪さは拭えません。また、どうもコンディションが今ひとつの印象でした。

さて、こういうゲームでは、急造守備陣の連携のまずさが敗因、といような、もっともらしい判断に陥りがちですが、でもそれは違うかなと。今どき、センターバックとボランチだけで守るわけでもないし。ある意味でチームとしてピークにあるYKKが、しかも前週、天皇杯富山県決勝でアローズに敗れ、また、前期、ホームで屈辱の逆転負けを喫したロッソが相手で、モチベーションも高く、そして恐らくは、トップコンディションと思われる状態だった。

やはりチームとしてのパフォーマンスがやたらと低かった。そんな印象を持っていますが、あえて言うなら、先発メンバーを見た瞬間の印象がすべてだったと。「落ち着かない」なあ、というイメージ・・・。こんな状況に対処できる選手がいるのに、なぜベンチに置いておくのか?あるいは後半の交代カードでも同様の疑問を感じました。

どうしようもない試合展開のとき、まったく相手のペースのとき、どうしていくのか。どうしのいでいくのか。上に上がればこんなゲームは日常茶飯事です。

5位のアローズが引き分けたため、昇格マジック(勝ち点)は14。あと8試合。更なる奮起を。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/50-f6cf7905