【J2第4節】(レベスタ)
福岡 1-0(前半0-0)熊本
<得点者>
[福]濱田水輝(47分)
観衆:8,361人
主審:福島孝一郎
副審:佐藤貴之、関谷宣貴


20150328福岡

「九州ダービー?そんなのは関係ない。今日は是が非でも勝ちに行く」。試合前に福岡のキャプテン・城後は、そうコメントしていたそうです。(スカパー!より)

開幕から3連敗で最下位に沈む福岡。「前線からのプレスというのは熊本の特長だったので、こっちは少し割り切ってボールを前線に入れていくというサッカーに徹した」(九州J-Parkより)と打ち明ける福岡の井原・新監督。自分たちのスタイルを崩してまでも、熊本対策を敷いてきました。そして「結果が出てほっとしております」と正直な心境を吐露しました。

ニューイヤーカップで対戦した浦和のように熊本のプレスをうまく剥いで繋いでくるというわけではなく、いわば第1節水戸、第2節群馬のように、すばやく前線のターゲットにロングボールを入れてくる。福岡の前線には、今季仙台から完全移籍した中原という長身のターゲットがありました。

ロングボールで押し込まれると、お付き合いしてロングボールで押し戻そうとする悪い癖。選手間の距離が空いていきます。低い位置から攻め上がっても、今度は福岡のプレスに引っかかる。福岡の出足が一歩、一瞬早い。 蔵川も片山も蓋をされ、サイドが詰まってしまう。養父が消えていました。

20分の福岡。鈴木の低い弾道のCKを、ファーから末吉がボレーシュート。バウンドしたボールをGK原がなんとか触ってバーが跳ね返す。その跳ね返りを詰められるが、原が立ちはだかり、触って再びバー。なんとかDFがクリア。さらに続くスローインからイ・グァンソンがバックヘッドで逸らす。後ろからくるボールを坂田が絶妙のボレーシュート。万事休すと思われましたが、これもポストに嫌われ事なきを得ました。

「これは運がある。こんなときはワンチャンスがこちらにある」、とも思っていました。31分、嶋田からのアーリークロスに、常盤がPAで上手に胸トラップで落として持ち込みますが、相手DFに身体を入れられて、シュートはGK神山ががっちりキープ。惜しい。

しかし、エンドが代わった後半早々。福岡左ウィングの阿部からのクロス。中央で中原が左足を振りぬきましたがゴール左に外れる。それが、誰に当たったとも思えなかったのですが、福岡にCKが与えられました。嫌な予感。

鈴木のCKが蹴られた瞬間、城後がニアに流れる。いつものようにゾーンで守る熊本でしたが、一人つられると、その空いたスペースに入ってきたのはCB濱田。フリーのヘッドを決められてしまいます。

結局、この得点が決勝点。福岡も、セットプレー以外はノーチャンスだったのですが、熊本のゾーンディフェンスを研究していましたね。それに対して、熊本のセットプレーはいかにも淡白でした。

後半14分。熊本は前線に起点を加えようと巻を投入しましたが、直後のジャンプの着地で痛んでしまいます。試合展開的にはこれが痛かった。平繁も投入しますが、最後は巻を引っ込めざるを得ないことに…。大誤算でした。

それにしても、蹴ってくる相手に対してどう対処するのかという課題は、依然としてあります。高い位置での勝負に持ち込めず、セカンドボール争いで後手を踏むと、劣勢を強いられる。

そして、敵陣に踏み込んだらワンタッチパスを多用しますが、ここはまだまだ意思疎通が十分ではないようです。もったいないミスが目立ちます。

全体に緩い動きだったといわざるを得ないでしょう。3連敗の福岡に隙を見せてしまった。相手を削る厳しさがなければこんな情け無い負け方になってしまう。

「1節、2節と同じで、自分たちも崩れてしまうところがあるので、そこを乗り切ればチームも成長すると思うので、もう、こういうことがないように、次からやっていきたいです」(九州J-Parkより)。そう養父は答えました。成長過程だと信じて、期待したいと思います。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/502-28c877d4