【J2第9節】(うまスタ)
熊本 0-2(前半0-1)金沢
<得点者>
[金]秋葉勝(2分)、清原翔平(68分)
<警告>
[熊]養父雄仁(24分)、常盤聡(67分)、黒木晃平(70分)
[金]チャ・ヨンファン(72分)
観衆:4,790人
主審:池内明彦
副審:中野卓、櫻井大輔


20150426金沢

16時キックオフとはいえ、西日の差し込むスタジアムは暑い。熊本の短い春が終わりを告げたのを感じました。

熊本のスタメンは、ボランチに養父が帰ってきて、その左に黒木。CBには強化指定選手の高校生・野田が入り、園田が右SBを務めます。GKを畑に代えたのにはちょっと首を傾げましたが…。この黄金週間を挟んで2週間での連戦にあたり、「常にピッチの中では100%のエネルギーで満たそうということで、少し変えながら5連戦を戦っていくことになる」(九州J-PARK)という小野監督の思惑を聞かずとも、今年もこの時期、総力戦で戦っていくだろうことは予想できました。

しかし…。開始2分でまさかの失点。多少の気落ちはしたものの、ただ時間はたっぷりある。そう思って観ていた。けれど、後半68分には追加点を与えてしまう。いずれも今シーズン鬼門とも言えるセットプレーからの”あっけない”流れ。

前節のエントリーで最後に、「しばらく辛抱の時期が続く。そう覚悟しました。」、そう書いたものの、さっそく辛い試合結果になってしまいました。わずか1週間そこらで、そう言うのも酷なのかも知れませんが、今日の試合では、チームに全く何の変化も、兆しすらも感じられなかった。それが何より残念でした。

堅守速攻を売り物にして、参入1年目にして現在リーグ2位につける金沢。「しっかり守備から入ろうと」いう森下監督の意図のもと敷かれた2列のブロックは、まるで横浜FCのときを思わせる。そしてブロックに引っかかったボールは、高い位置で居座っているFWの水永が制空権を独占し、そこに清原や田中が飛び込んでくる。わかりやすい。典型的なカウンターサッカー。

それに対して、ブロックを破れない熊本は、金沢のカウンターへの対処から、ボールを奪う位置がどうしても自陣内になってしまいます。そして、”ガツん”と行った球際がファールを取られてしまう悪循環。これまで金沢の得点の多くはセットプレーから得られていたにもかかわらず、なにしろ自ゴール前でのファールが多い。

全く金沢の戦術どおり、ゲームプランどおりに“ハマって”しまった90分を見せられてしまいました。前節のエントリーで引用したサッカーコラムJ3plusの記事、フレーズが再び思い浮かびました。「相手チームから見ると『戦いやすい相手』」。まさに、そんなゲームを見せられたような気がして。

プロとしてはデビュー戦となった田中達也のプレーが観られたのが唯一の収穫だったかも知れません。途中から入って、サイドで何度か起点を作りました。やはり今のチームには、ドリブルで変化をつけるタレントが欲しい。しかし、その田中も、巻と片山の交代で、左SBに下げられると、一気に攻撃から遠ざかることになりました。

フラストレーションを溜めたファンの心理は、試合後にスタンドに挨拶に来た選手たちに怒号を浴びせかけていました。そんななかにも、叱咤激励の言葉は確かにあり…。

われわれがいつまでもがっかりしている暇もなく、もう明日の千葉戦が待っています。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/507-db5f4e8c