【J2第38節】(うまスタ)
熊本 0-2(前半0-1)磐田
<得点者>
[磐]ジェイ(5分)、太田吉彰(71分)
<警告>
[熊]鈴木翔登(49分)
[磐]太田吉彰(32分)
観衆:12,404人
主審:吉田寿光
副審:中野卓、勝又弘樹


0-2の敗戦。点差は2点ですが、彼我の力の差はそれ以上を感じた試合でしたね。敵将・名波監督が「相手ゴールキーパーが非常に良かったので、彼でなければもう少し点差が開いたゲームだったんじゃないか」(九州J-PARK)と言うように、ダニエルがいなかったらと思うと…。

PO圏内まで勝ち点差4に迫ったわれわれにとって重要な試合だったように、磐田にとっても、背後に迫る3位福岡の足音に、絶対に負けられない状況。だからこそ、スカウティングを徹底し、試合の2日前には熊本に入るなど、万全の準備をしてきました。

スカウティングの点で言えば、例えば熊本のクイックリスタートを警戒しての素早い集合。ダニエルの攻撃的パントキックに対して徹底して前線のジェイがチェッキング。そしてなにより熊本に複数人でプレスをさせないための速いパス回し。それも足元ではなく、スペースへの動き出しが速い。つまり次のプレーの判断が速い。

九州リーグからずっと観てきましたが、まずJ2に上がって何が違うかといえば、テクニックよりもなにより、このプレー判断の速さでした。しかし、今日の磐田に見せつけられたのは更に上をいく速さ。これが“カテゴリー1”のレベルなのでしょう。熊本に守備の数的優位を決して作らせません。

20151025磐田

開始早々、磐田のスローインから左サイド宮崎がクロスを上げるとジェイの高い打点のヘディングが決まり失点。鈴木が競ってはいたものの、それをものともしない強さ。そしてポストプレーでは、その足元のうまさと懐の深さ。これは二人がかりでも奪えない。このカテゴリーでは反則級の選手です。

「(試合の)入り方は、ラインをかなり意識して上げて、良かったんじゃないかと思ってます」(九州J-PARK)と小野監督は言いますが、磐田は熊本のオフサイドトラップをかいくぐる。逆に熊本の2トップにはオフサイドが多い。今日の両副審、どうかしてるのか?と疑ったぐらい。

ただ、熊本も前半30分頃は波状攻撃。齊藤が落として平繁のシュートはバーに嫌われる。“たら・れば”を良しとしないわれわれも、今日だけは言わせて欲しい。このシュートが決まっていれば…。

右SBの養父が再三アーリークロスでファーサイドの岡本を狙いますが合わない。なんとか前半のうちに同点に追いついておきたい熊本だったのですが、ビハインドのまま後半を迎えてしまいます。

後半、熊本は出ていくしかない。磐田は徹底した守りから鋭くカウンターを狙う。磐田の敷いたブロックと、貼りつくようなプレスに、熊本はなかなか前に運べなくなった。

岡本に代えて嶋田をトップ下の位置に持ってきますが、何もさせてもらえない。逆に71分、その嶋田が川辺にボールを奪われるとカウンター。小林、川辺と繋いで、最後は右から太田が上がり、前に出たダニエルの頭を越えるループシュートで追加点としました。

その後も上原、巻と一気に2枚替えを行いましたが奏功せず。2点目の起点になった殊勲の川辺が、「マッチアップした相手が、左利きでドリブラーということはわかっていたので、左に来るかなと思い、ちょっと左に体を寄せることを意識しました」(磐田公式HP)と言ったとおり、磐田は熊本の選手一人一人の特徴と対策をスカウティングしていました。

昨季のリーグ開幕前、「J2の優勝シャーレなどオークションで売り飛ばそう」と豪語し顰蹙を買った名波監督。優勝どころか、自動昇格圏内もままならず、4位でPOを戦った。そしてあの山形戦での劇的ともいえる敗戦。決勝戦にも進めませんでした。

これほど2位と、その下の差を知っている監督はいないでしょうね(笑)。ひょっとしたら名波にとって、3位以下はもはやJ2残留と同じ意味を持つのかも知れない。だからこそこの男が、プライドをかなぐり捨てるように、徹底して格下ともいえる熊本をスカウティングし、その戦力の無力化を図った。2日前に敵地に入り、コンディションに気を配った。ゲーム中は90分間一度もベンチに座ることなくピッチサイドで指揮し続けたのではなかったでしょうか。

スカウティングの名将、わが小野監督が更に上を行かれましたかね。われわれが磐田を無力化する姿を想像していたのに…。

いやいや。ちょっと悲観的に過ぎる感想になってしまいました。ではこのゲーム、何も得るものがなかったのか?というと、決してそうではなかったなと。

昨年の10月19日、ホーム磐田戦のエントリーにわれわれはこう書いています。
「…われわれにとっては藤田俊哉の磐田であり、名波浩の磐田であって。チームそのものが仰ぎ見るレジェンドです。そんな磐田を初めてホームに迎える。1-3で敗れた今季の前半戦の残像も鮮明で、無意識のうちに居住まいを正してキックオフの笛を待ちました…」

また次のような小野監督のコメントも引用しています。
「あの相手に全く臆することなく勇敢にラインを上げて最後までプレッシャーをかけて、裏を取りに行って、つなぐところはつないで、最後の最後まで勇敢に戦ってくれたと思っています。選手達は力を出し切ってくれて、今季の試合の中でも最高の試合の1つじゃないかと思います。」

溢れ出るような磐田への“特別感”ですね。そして較べれば今日のゲーム、少なくともわれわれのこのゲームへの磐田に対する意識は全くある意味”普通”なものでした(多分、チームも)。普通に戦い、当然のように勝ちに行って、そして負けてしまった。そんな感じ。

奇しくも一年後の今日。舞台も同じ9回目のサッカーフェスタ。1万人のホーム観衆が見たものは、力の差以上に、昇格への凄まじい執念のようなものだったのかも知れません。まだまだ、わがチームも発展途上。しかし、ちょっと引いてみると、そんなけして小さくない成長も感じられる。

6位までの勝ち点差は7。二馬身以上開いてしまいましたが、まだまだ諦めるのは早い。次のC大阪戦も真正面から堂々と勝ちに行くわがチームの雄姿を期待しています。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/539-eabbf092