先日の最終戦のエントリーに対して、すぐに以下のようなコメントをいただきました。

「小野監督の退任は本当に残念です。試合後”全ての責任は私にある”と決して選手の所為にしない発言は、決して常套句ではなく、それだけの気構え・姿勢で一戦一戦の準備をされていた指揮官の思いを感じました。”くだんの事件”は容認される行為ではありませんが、それだけの思いが、一部スタッフの練習準備の不備に”度を超えた行為”につながってしまったのでしょう。AC熊本のクラブとしてのガバナンスの未熟さも露呈しましたね。小野監督にとっては当然と思われるスタッフの管理など、J1に上がるクラブとして未だ体をなしていないことを突きつけた形となりました。2年間若手を育てながら、J1でも通用するような戦略を基に築かれた小野監督のサッカーを誰が継承できるのか、AC熊本に更に難題が投げかけられていると思います。小野監督には深く感謝したいです。」(spirits of roassoさん)

突然のニュースでわれわれが言い尽くせなかったところを簡潔に表現していただきました。勝手に文章を持ち出して申し訳ありませんが、ファン目線としてはこれ以上の意を尽くしたものはないと思いましたので。

そして、コメントにもありましたが、“くだんの事件”です。

ネット上では熊日、さらには担当の山本記者への非難が渦巻いているような状況もあったのですが、そこに井芹さんの文章があがり、最も現場に近い第三者の立場で、経緯も含めてほとんど言い尽くされているようにも思われます。

で、今さらの感もありますが、この件についてはわれわれも少々、思うところがあり、ひと言付け加えさせていただきたく書いてみました。

ネガティブなアクシデント、トラブルが起きたときに、その組織の力量なり、真価が問われる。これは何にしてもあてはまることですね。

Jリーグの公式戦で、審判よりも、選手よりも、何より先にピッチに入るのはフェアプレーフラッグです。サッカーというスポーツの姿勢や価値観を端的に表現している光景だなと思っています。その運営会社であるACは夢を売る企業、いや”夢だけ”を売っている組織であるわけで、その立ち居振る舞いは一般企業や行政あたりよりも、さらに注目を集め、“フェア”であることが当然のように求められています。

今回のこの問題についてわれわれは、ACの成熟度の問題であり、チーム広報機能の熟練度の問題ではないかと思っています。あの組織の中に、「これは一刻も早くリリースしないといけないよ」というスタッフが一人も居なかったのか。その一声があがらなかったのか。広報窓口は、記者や報道機関との間合いのなかで、その状況を感じ取れなかったのか。

身内感覚によって事の重さの認識が歪んでしまうことはよくあることです。しかし、報道機関からの問合せを受ける前に、先にリリースしなければ「隠ぺい」と見られてしまう。これはこの情報環境のなかで動いているビジネスパーソンにとって、きわめて当たり前の実態でありルールになっていると思います。逆に言えば、単純ですが、とにかく先に出すこと。報道機関に一斉ファックスするなり、ホームページに上げるなり、記者会見するなり。色々あるけれど、先手さえ打てば8割方メッセージは正しく伝わる。後手に回れば、それを挽回するのには膨大なエネルギーを要する。一度でもこういった経験をすれば(こういった経験をしたことがあるものですから)身に染みてわかることですが、なかなかそういったケースに直面することは多くはありませんけれど。

今回の件は、ファン感情とそのタイミングなどが絡んで議論が複雑になっているように見えますが。小野監督については、普段のわれわれの言説をご覧の方々はお分かりのように、冒頭のコメント同様に、心酔するほどの小野派です。ある意味で国の宝だと。代表チームに取られるのであれば仕方ないなと思っていたくらいです。

言うまでもなく小野監督は智将です。しかしその前に生身の勝負師です。諦めているわけではありませんが、実際のプロスポーツの現場においては、こういったことは一定の確率で起こり得ることではないかと思っています。(もちろん、このカテゴリーのこの立場では許されるものでないことは当然ですが)。何しろピッチの上では日常的に起こっているわけですから。ただ、ピッチ上では、誰の目にも明らかだし、即座にカードが提示され、そのことでお互いに状況を理解し、謝罪し、受け入れることができるわけです。そこにルールや審判という第三者の役割があると思います。

今回、毅然と(というよりも、ごく普通に、当たり前のこととして)カードを提示する役割はクラブ側にあったのではないかと。そこに未熟による躊躇やもしかしたら保身があったために、必要以上に問題を大きくし、プレーヤーである小野監督や被害者であるスタッフに(そしてもちろんファンに対しても)、無用のストレスや迷惑をかけてしまったように感じます。結果として、小野監督を守ることができなかったのではないかとも…。初動の段階でもっとこの事件に対する危機管理の意識があったならと。

ガバナンスとかリスク管理とか色々と言い方はありますが、やはり経験が足りなかったのではないか、と同時に、逆にACも10年を経て組織として経年劣化があるのではないかという気もします。決してACが悪いと言っているのではありません。組織であれば誰もが免れられない制度疲労のようなものであり、乗り越えていかなければならないものですから。

さて、いずれにしても小野監督を送ることになってしまいました。冒頭のコメントの通り、とても“残念”です。今シーズンの結果はここ2~3日の熊日に詳しく総括分析されており、監督への高い評価はこれに代わるものはないと思います。そのなかでも「枝葉をどれだけ整えても、幹を太くしないと本当の強さは身につかない。結果が出ない苦しい時期でも地中に根を張って、ぶれずに乗り越えた」という監督自身のコメントがわれわれの気持ちに一番ピッタリだなと感じました。

未練かもしれませんが、またいつか。もっと上のステージでチームを見ていただければ。まだそんなことを言いたい気分です。とても残念でなりませんが、「お疲れ様でした」という言葉を送ります。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/544-0e5bec4a