皆さんご無事でしょうか?

5年前の3月。東北大震災の際のエントリーで、「“未曾有”などという3文字で表現することすらもはや憚られます。11日からこのかた、報道で目にする被災の状況を目の当たりにして、何を綴ればいいのか戸惑っていました。ただただ、われわれは運がよかっただけではないのか、そしてわれわれに出来うることの何と小さいことかと…。」と綴っていました。そこには、今にして思えば、同じ日本といえどまだ少し遠い世界の感覚だったことが漂います。”報道で目にする”という表現がそれを明らかにします。

けれど今、被災地はテレビ画面を通さずとも目の前にあり、われわれがまさしく被災者そのものでした。

われわれのなかのひとりの住まいは益城町にありますが、自宅別棟が全壊、周囲の家々も軒並み壊滅状態。お隣では亡くなった方も。なんとか自宅で踏ん張っていますが、このストレスはなかなかのものです。

16日の”本震”の夜から今日まで休みなしで、余震を気にしながら、家のこともしながら余裕もなく動き、そして働いて・・・。キーボードに向かう余裕も気力もなかったのが現実ですが、ようやく今日、PCに向き合っています。ライフラインに携わる人々の不断の努力のおかげで水や電気が早期に復旧し、quality of lifeが明らかに現状復帰してきたことも大きな要因です。感謝の言葉もありません。

この間、まず直近のアウェー京都戦は中止され、そして先週末のホーム・横浜FC戦も延期が決定されたのは、当然の措置でした。

そして20日、クラブはJリーグの原博実副理事長の現地視察を受け、さらに監督・選手らを交えたミーティングの結果を踏まえて、今後の方針を発表しました。その内容は、続く4月29日の山形戦、5月3日の愛媛戦、7日の札幌戦まで追加3試合の延期であり、リーグ戦復帰は5月15日の第13節・アウェー千葉戦から、とするものでした。

そしてその間、リーグからは一時的に県外に拠点を移すことも提案され、具体的に候補として手を挙げてくれたところもあったようですが、「選手だけの話し合いで、『熊本に残って参戦を続けたい』と決め」(22日付・熊日)、それをクラブも、リーグ(原副理事長)も尊重する形で決定したのだという。

発表の記者会見は感動的なものになりました。熊本の”象徴”とも言える巻は、感極まり涙を流しながら「熊本に勇気を与えたいし、逆に勇気づけられることもある。互いに励ましあって、今まで以上の熊本をみんなの力でつくっていきたい」(熊日)と言いました。そうまとめたものの、おそらく直前の選手だけのミーティングでは、色々な意見が出たのではないでしょうか。家族持ちの選手ならなおさら、生活安全上の不安があって当然の状況ですから。そういった選手たちの色々な意見を、40分もかけて、このようなひとつの方向に導いた想いの辛さも、巻選手にのしかかっての涙だったのではないかと推測するのです。

震災後すかさず、個人的に開設しているフットサル施設を開放して、避難所の子供たちとサッカーで戯れ、子供たちに起こりがちな避難所ストレスの解消に務めました。個人的なネットワークを駆使して、被災地への支援を求めるサイトを直ちに立ち上げた。支援物品を集め、それを仲間たちと仕分けする姿は精力的でした。今まさにこの状況下において、心から愛する熊本を”今まで以上”にしようとする姿は、熊本というチーム(あるいはクラブと言ってもいいかも)の”中心的存在””象徴的存在”のように思います。

もちろん巻だけではない。清武は実家のある大分に帰らず熊本に残り、同じくサッカー教室やボランティア活動に従事してくれている。被害の酷い益城町出身の上村や森川は、地元のボランティアを買って出ている。広島に一時避難した佐藤は、この決定を聞いて、幼い子供を抱えた妻を残して、熊本に飛び立った。

Jリーグの仲間たちもすぐに動き始めてくれています。各クラブ、各ゲームでの支援募金集め。そのなかでも、県出身選手たちの思いは大きい。それから、過去熊本に在籍した選手たちの活動協力も・・・。

そして一番ありがたく、そして温かく励みになるのは、J1、J2、あるいはJ3、いやその他のカテゴリー問わず、戦い、敵対し、あるときは罵倒しあうに違いないのに、”いざ”というときは支えあう。このサッカーという競技を愛し、通じ合う各クラブのサポーターたちから今、「熊本がんばれよ」と応援される。涙がでるほど嬉しい。これもサッカーだなと。

まだまだ余震の続く熊本。アウェー戦からとはいえ、5月15日の再始動にもなんの確証もない。支援物補給基地になっている「うまスタ」が、その時期に作業が終息し、ホームスタジアムとして使えるかどうかは、極めて怪しいとも思っています。しかし、どこかに目標を持たなくてはいけない。誰かが言いました。「最善を想像して、最悪に備えろ」と。

そういう意味で、ひとつの指針が出されたのだと思っています。われわれは、その再開(再会)のときに、スタジアムで久しぶりに逢う仲間たちに、「元気だったか?無事でよかったね」と言えるように、一人ひとりそれぞれの復旧に励んでいきましょうか。巻選手が言う”今まで以上の熊本”を互いの目標にしながら・・・。

そしてそして、くれぐれも余震にご注意ください。油断は禁物です。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/556-57f59eff