【J2第22節】(アイスタ)
清水 4-0(前半2-0)熊本
<得点者>
[清]白崎凌兵(27分)、鄭大世(41分)、北川航也2(64分、81分)
<警告>
[熊]薗田淳(40分)
観衆:10,553人
主審:大坪博和


やはり、われわれの想像以上に選手たちは疲れていたんですねぇ。この試合を観て改めてそう感じました。

前節、前々節合計で9失点の熊本。「前半をゼロでいければ勝機もある」というのが、5連戦の最後の試合を迎える清川監督のコンセプトでした。前節は雨を言い訳にしていたような球際の攻防も、今節は厳しさが戻っていました。ゲームの入りはまずまず良かったように見えました。

20160710清水

京都戦から4試合続く3バックの布陣はしかし、DFラインのスペースを埋めるための実質的には5バック。サイドを起点にされることは避けられたにしても、そのDFラインの前の中盤には3人。そのスペースはあまりにも手薄で、清水に自由に使われてしまいました。

中盤の底のキム・テヨンの疲労度も激しい。熊本の”ダイナモ”上村の離脱が本当に痛い。

清水のポゼッションのなかで、均衡を破られるのは時間の問題と言えました。27分、バイタルに入った白崎にボールが入ると、植田がチェックに行きますが入れ替わられ前を向かれる。すかさずゴールに流し込まれます。

中盤の薄さに加えて、2トップとのスペースも空いていて、「清水のダブルボランチを見きれていない」という解説の安永氏の指摘もそのとおりでしたが、清水が幾度も好機を外してくれていて、熊本にもまだまだチャンスはあると思っていました。

しかし41分。清水の左サイドからのクロスにエリア内、薗田が鄭大世にプレッシングのファールでPKを献上。思わず「またか…」とつぶやいてしまいます。

これを本人に決められて2-0で前半を折り返す。

ただ、次の1点次第で試合はわからない。2-0という点差がサッカーで一番”怖い”ということは皆知っています。

今日のアンデルソンのキープ力はひときわ目立っていました。実力を知る”古巣”の清水もなかなか飛び込めない。好機となれば一気に攻撃に人数をかけるのが、今日の熊本の戦術。1点取ればきっと流れは変わると…思ったんですが。

しかし、やはり徐々に徐々に、孤軍奮闘するアンデルソンへのフォローが少なくなってくる。64分、右サイドを清水が運んで鄭大世のアーリークロスに、途中交代で入った北川がファーに走る。園田がスライディングでクリアしますが、それを引っ掛けた北川が押し込む。これで3点目。

81分にも大きなサイドチェンジからアーリークロス。鄭大世に代わって入った村田に折り返されると、ファーで北川が合わせて押し込む。4点目とし、熊本は万事休しました。

徐々に、徐々に、時間とともに相手に着いていけなくなる。清水のボール運び、熊本のチェイシングを剥いでいくパス交換もみごとでしたが、それにしても熊本の守備に組織性はありませんでした。これほどまでに相手に着いていけないのは、震災後初の試合、千葉戦を思い起こさせました。それほど、選手たちの疲労は蓄積しているんだと。

唯一の光明は、この日途中出場でデビューを果たしたルーキーの八久保。カウンターからアンデルソンのアーリークロスをゴール前でピタリと右足でトラップするとシュート。残念ながら右サイドネットでしたが、見せ場を作った。スピードとセンス。もっと長い時間見てみたいと思わせました。

「疲労困ぱい ロアッソ3連敗」というのが翌日の熊日の見出しでした。大差の続いた3連敗でした。「熊本に戻り、しっかり休ませて、切り替えて次節に臨みたい」というのが指揮官のコメントでした。確かに、いつからでしょう。選手たちに一日のオフもなかったのではないでしょうか。

そうやって5連戦を戦いましたが、確認してみれば、震災後スキップした5試合のうち、ようやく消化できたのは2試合。まだ3試合が、今後の日程のなかで入ってきます。

指揮官の言葉ではありませんが、”戦士”たちには、今週ゆっくりと休養をとって貰いたい。身体も、そして心も。次節までのおよそ1週間。本当に久しぶりに長い間隔なのだと思います。そして主将・岡本が言うように「ゼロからやり直すしかない」(熊日)。われわれは今、そういう局面に立たされているんだと思います。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/569-2a155b0c