10月23日(日)
【J2第37節】(ピカスタ)
讃岐 0-0(前半0-0)熊本
<警告>
[讃]永田亮太(39分)、山本翔平(46分)
観衆:2,524人
主審:上田益也


試合前日。熊日は見出しで「勝利求められる大一番」と書き、清川監督も「讃岐戦の後は上位との3連戦が控えており、今回は勝ち点3を取らないといけない。『大一番』ということは選手も分かっている」と語っていました。

ただ、われわれは元来、このカテゴリーにおいて、勝ってしかるべき相手などいないし、同時に負けると決まっている相手もいないと思っている。勝機は常におかれた状況において変わってくる、と。しかしながら、そんな中でも、この一戦だけは勝ち点3が欲しい状況であるというのは、誰もが一致するところでした。

しかし、勝ち点35、19位に沈む讃岐にとってもそれは同じでした。その後の5戦の相手を考えても、この熊本との一戦で勝ち点3を奪っておきたい。お互いに降格圏脱出の掛かった必死のゲームでした。

そんな讃岐は、清川監督のスカウティングどおり、DFラインからのロングボールを多用して押し込んできます。そして、セカンドボール争いで見せるハイプレス。

20161023讃岐

わかってはいたものの、熊本もお付き合いしてロングボールの応酬。ただし10分。清武の落とし。讃岐のクリアが小さいところを拾った村上の左45度からのミドルシュート。これはポストに嫌われてしまう。

この試合。本当に惜しいと思ったシーンは、この時と、後半9分の園田のクロスに中央の清武がヘッドで合わせたシーンぐらいでしたか。あとは、トップの清武がボールを持って”溜め”を作ろうとしても讃岐の素早い潰しが入る。仮にキープが出来たとしても、なかなか味方が上がってこない。

ボールホルダーを追い越す場面がない。PAに入っていく人数もいない。攻撃は清武、平繁、齋藤、嶋田の前4人に任せてしまって、あとはミドルを狙うような。重心は常に後ろにあるような戦い。

その間に、捨て身とも言える讃岐の攻勢に晒される。ただただ、讃岐のフィニッシュの精度に助けられているだけ。危ない危ない。

結局、なんとか零封には収めて、勝ち点1を分け合う。

相手の状況に合わせるように終わり、同じようにスコアレスドローの結果になった33節の山形戦のエントリーで、われわれは最後にこう書きました。
「残り試合数が少なくなって、リーグ残留を意識し、今の戦力の現状、これからの対戦相手を考えての戦略なのでしょうか。このあたり。指揮官のコメントだけでなく、その選手選考とシステム、選手交代と戦術。なにか決意していることもあるのかも知れないとも思わないでもない試合。そう感じました」と。

あの時は回りくどい書き方をしましたが、チームはこの状況下において、あの2013年の降格危機に直面した状況と同じ戦略を決意したのではないかと思ったのです。シーズン中盤の7月、降格圏との勝ち点差がわずか4のなか、吉田監督が途中退任して、池谷監督代行が緊急避難的に指揮を取った2013年。あのときの状況。あのときの合言葉が、「勝ち点1(引き分け)をベースにして勝ち点3(勝利)を狙う試合運び」でした。

降格圏という漆黒の闇を覗くような状況。今はまだ勝ち点差6があるけれど。あの年、最後は差”2”まで縮まったときとはまだ差があるにしても。この状況では、本当に勝ち点1すら積み上げるのが難しくなる。チームで一番大事なこと、それはなにより”リーグ残留”だということ。そのために、「勝ち点1を死守する」、そんなゲームプランが”発動”されたことは間違いないのではないかと…。

順位の近い相手には、相手に勝ち点を与えない。特に勝ち点3を…。それが、この終盤での戦略。それがまさしくこの讃岐戦ではなかったかと思わされます。

熊本はこの引き分けで勝ち点1を得て、トータル勝ち点40に乗りました。スカパーのアナウンサーは、その大台への到達を持って熊本残留への確信のようなコメントをする。確かに降格制度が始まったこの4年。勝ち点40での降格はなかったものの…。

監督や選手や。この試合に関しての色々なコメントがあるにせよ、今まさに熊本はこの”残留”という一点で次の5戦に向かっていくのだと思います。1点でも勝ち点を上積みして。あの2013年のように。

そのためには、あるときは全く”面白みのない”試合運びが試されるかも知れない。いや、もう面白いとか、面白くないとか言っている場合ではないでしょう。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/589-2b9ff3b6