2017.01.15 新年ご挨拶
たいへん遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。例年より早いチームの始動、新体制発表会の報道を受けて更新するつもりでしたが、新年会続きで結局週末になってしまいました。

新しいチーム体制の前に、契約満了の選手たちについて列記しておきたいと思います。()は移籍先。

清武功暉FW(千葉)鳥栖から完全移籍
若杉拓哉FW(退団)
髙柳一誠MF(山口)
キム テヨンMF(未定)
藏川洋平DF(未定)
森川泰臣DF(ヴ大分)
原 裕太郎GK(愛媛)
金井大樹GK(未定)
永井建成GK(京都)

鳥栖から期限付き移籍だった清武がいなくなることは、シーズン中からおおかた覚悟はできていたのですが、同カテゴリーの千葉になってしまいましたね。対戦が楽しみでもあり、嫌でもあり。夏場の過密日程で力になってくれた高柳やキムが満了になったのは驚きでした。新チーム編成のなかでの構想外ということなんでしょうか。残念でもあります。

ほかには、鈴木翔登DFが北九州、小牧成亘MFが沼津に期限付き移籍となりました。震災の影響で練習試合が組めず、サブ組の底上げができないままで、なかなか公式戦に絡めませんでした。大卒選手としては正念場となります。

続いて新加入選手の顔ぶれ。()は前年の所属チーム。

アン・ビョンジュンFW(金沢)川崎から完全移籍
グスタボFW(名古屋)ECバイーアから期限付き移籍
田中達也FW(岐阜)期限付き移籍から復帰
林 祥太FW(国士舘大)
上里一将MF(札幌)
イム ジンウDF(嶺南大)
ヤン サンジュンDF(韓国外国語大)
光永祐也DF(沼津)福岡から完全移籍
三鬼 海DF(元町田)
野村 政孝GK(秋田)名古屋から完全移籍

ほかには、C大阪から期限付き移籍していた小谷 祐喜DFが完全移籍。そして何より北嶋秀朗コーチの復帰は嬉しく頼もしいニュースでした。

こうやって見ると、札幌から移籍のMF上里は実力十分ですが、あと公式戦に絡んでいた実績という意味ではアン・ビョンジュンと田中ぐらいか。しかし、各々のプロフィールを探るとなかなかのポテンシャルのようで。実績や知名度よりも、潜在能力に期待して集めたという感じがします。もちろんチーム財政からすればこのやり方しかないわけですが。昨シーズン、チーム得点王だったエース清武だって、鳥栖では公式戦にほとんど絡めていませんでしたからね。

秘めたポテンシャルを、池谷社長の言う「日本一厳しいトレーニング」で引き出して、育てて戦う。ということでしょう。多くの主力級の選手の流出は免れ、そのうえでの上積みといえます。緊急避難的に固定がちにならざるを得なかった昨シーズンでしたが、もう一度小野監督時代のようにチーム内での競争を煽り、多くの選手が試合に絡むようなチーム作りに期待したいと思います。

池谷社長が発表した今季の目標も、これまでは「プレーオフ進出」というものだったのが、「J1昇格」という明確な表現に変わったのですから。2位以内、あるいはプレーオフを勝ち上がるというのは、相当なチーム力の底上げを意図しているわけで。

プレシーズンマッチが今年もあるようです。全試合放送で長らくJリーグを支えてくれたスカパーから放送権が移って、DAZNというネット配信になりますが、さてこちらのほうの実力のほども気になります。

今年もぼちぼちと更新してまいりますのでお付き合いください。よろしくお願いいたします。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/597-726ff43d