赤い軌跡
赤い軌跡 ロッソ熊本の戦歴データ

2007年 JFL2年目

 2007年、JFL2年目のロッソは元日本代表のDF上村や、ベテランJリーガーの喜名、有村、熊本出身の小森田、JFL昨期得点ランキング2位の小林陽介(横河)、3位の北川(北陸)などを積極補強。今期で昇格しなければチーム消滅の覚悟もただようロッソ。エース高橋の活躍もあり、門番ホンダをアウェーで破るなど快進撃。前期を2位で折り返すが、また夏場から失速。しかし、選手層の厚さやベテランの頑張りもあり、後期14節のFC琉球戦で昇格条件の4位以内を確保。最終的には2位に収まり、12月3日のJリーグ理事会で、念願のJリーグ参入が認められた。

2007年ロッソ熊本登録選手
2007年JFL日程と結果
2007年JFL最終順位表

2006年 JFL1年目

 2006年、JFLに昇格したロッソ熊本は、プレシーズンのテストマッチでJ2の横浜FCに快勝。リーグ開幕戦こそ前年2位のYKKAPに敗れるものの、その後は勝ち星を重ねJ入りの条件とされる2位に浮上。しかし首位攻防のホンダFC戦に1-2で敗戦。その後、天皇杯3回戦でJ2仙台に接戦を演じ、復調かと思われたが、守備の要、福王を欠くDFラインが安定せず、大事なところで勝ち点を取りこぼした。自力3位がかかった最終戦の佐川大阪にも敗れ、終わってみれば20勝6分け8敗で5位の成績。JFL初年度としては健闘といえるものの、県民の夢であったJリーグ参入は却下された。

2006年ロッソ熊本登録選手
2006年JFL日程と結果
2006年JFL最終順位表
2006年JFL対戦成績表
2006年ロッソ熊本ニュース

2005年 九州リーグ時代

 2005年、「熊本にJリーグチームを!」という県民運動に後押しされ、九州リーグのアルエット熊本を引き継ぐ形でスタートしたロッソ熊本。九州リーグを破竹の開幕14連勝で飾ると、早々と地域リーグ決勝大会の出場権を獲得。その後はもたついたが、ライバルFC琉球を最終節で下してリーグ優勝も飾った。
 天皇杯では1回戦で敗れ去るが、社会人大会では控え選手中心でみごとに優勝(新日鐵大分と引き分け両者)。
 地域決勝大会予選ではファジアーノ岡山、グルージャ盛岡を下し、決勝ラウンドに駒を進める。決勝ラウンドでは初戦FC琉球に痛いPK負けを喫したが、続くバンディオンセ神戸を下し、最終戦ジェフユナイテッド・アマチュアに敗れるものの、総合3位の成績となり、愛媛FCのJ2昇格によってJFL昇格の枠数拡大措置により昇格が実った。

2005年ロッソ熊本登録選手
2005年九州リーグ日程と結果
2005年九州リーグ最終順位表
2005年ロッソ熊本ニュース

2004年
2004年ロッソ熊本が出来るまで



 

 

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/6-c68ade5d