3月12日(日)
【J2第3節】(えがおS)
熊本 1-1(前半0-1)山形
<得点者>
[熊]佐藤昭大(90分+2)
[山]瀬沼優司(30分)
<警告>
[熊]片山奨典(17分)、林祥太(57分)、グスタボ(86分)、上里一将(87分)
観衆:6,628人
主審:荒木友輔


いやはや。2試合連続で終了間際のドラマチックな同点劇です。しかも、今回も「決めたのは誰?」となって。大きなガッツポーズをしている緑色のユニフォームと大柄な体を見て、やっとGK佐藤だったんだと。われわれとしたことが、このCKの場面で上がっていたのさえ気づかなかった。

それにしても前節はCB。今節はなんとGKが上がってのリーグ的にも”実に珍しい”得点。今回もまた清川監督の指示があったわけではないという。

3月。晴天のえがお健康スタジアムに迎えるのは山形でした。互いに開幕から1勝1敗で5位に並ぶ。寒地・山形は、開幕からアウェー3連戦の最後の試合。朝方は雪だったという山形から駆けつけました。

熊本は先発を入れ替えてきました。前線には巻と八久保。右SHにはルーキーの林がJリーグデビュー。

20170312山形

その八久保が開始早々ドリブルで持ち上がり、思い切りのいいシュートはGKがセーブ。持ち前のスピードを披露すると、対する山形はシャドーに入っている 汰木が右45度からシュート。これもGK佐藤がセーブします。

アクシデントは20分でした。山形の左CK。ファーに飛んだボールに下がりながらジャンプした小谷。その後ろから山形・菅沼が覆いかぶさる。もんどりうつ小谷。後ろから腰に膝が入っていました。担架が入る。苦痛に顔をゆがめる小谷。一旦ピッチに戻ったものの、結局は光永との交代となります。

ニューイヤーカップでもCBを務めた光永。リーグ開幕からは、SHも務めた。若くして器用で安定感のある選手なのでしょう。この大事なときにポリバレント性が活かされます。

しかし30分でした。山形の右CK。ニアの瀬沼の高いヘディングはマークについていた巻の前。ゴール左隅に転がり込み先制点を奪います。

山形の素早いプレスに押し戻され、後列からの長いボールはセカンドが拾えないという悪循環。奪っても時間がかかると山形のプレスに合い、前につなげない。体力は奪われ、ストレスばかりが溜まる。

しかし諦めない。しぶとく粘り強く戦う熊本は徐々にテンポを得る。バイタルで回して上里のシュートはGKでしたが、前半の終盤は熊本の時間帯。この日も、追加点を許さず粘り強く戦った。試合前のインタビュー。「耐えて、我慢しながらやっていく」と宣言した清川監督の言葉どおり。そのことが、その後に繋がったといえましょう。

後半、またアクシデントが起こる。54分、ペナルティエリアに侵入した瀬沼を村上が倒すがファールはなし。しかしこのプレーで村上が痛む。一旦ピッチに戻ったものの、大事をとったのか、上村との交代になります。戦術的な交代ではないところで早くも2枚の交代カードを切ってしまった熊本。

ようやく戦術的なカードを切れたのは72分の八久保からグスタボへの交代でした。グスタボに前線でのキープと、裏への突破を託します。

しかし山形も対処していましたね。グスタボに入ると二人が囲んで前を向かせない。初めて観るグスタボのプレーは、確かに強くしなやかでしたが、山形の執拗なカバーに神経を尖らせ、いら立つグスタボ。激しいタックルでイエローを貰う。続いても、山形の果敢な仕掛けに耐え切れず上里が後ろから引っ掛けてイエローを貰うというなんだか悪循環の嫌なムード。まさに敗色濃厚。そこからのアディショナルタイムでした。

山形は時間を使い始める。この1点を守ろうという戦術。熊本は左サイドを崩すと、片山がえぐってクロス。ファーで林の前に入った山田がクリア。右CK。

その瞬間、上がってきたのはGK佐藤。キッカーの上里は「(上がってきた)佐藤君と目が合い。ここに蹴ってくれと伝わってきた」(熊日)のだという。その佐藤は「ドンピシャで来た。飛んだら頭に当たっただけ」。値千金の同点弾をものにします。

そこに蹴りこんだ上里の技量もすばらしければ、そこに上がってきた佐藤の判断も素晴らしい。

山形は勝利の直前で手から滑り落ちた勝ち点2を取りもどそうと終了間際まで攻めたてましたが、熊本も凌いで痛み分け。勝ち点1を分け合うことになりました。

山形の素早い圧力に大苦戦した試合でした。アクシデントで交代枠のうちの2枚を使ってしまって、戦術的交代はグスタボのみ。デビュー戦になった林などは、おかげで90分間走り続けなければならなかった選手の一人なのかと。ただ、それもまた貴重な経験になったのではないでしょうか。

2試合連続で、劇的な同点引き分けになりました。劇的ではあるが、もちろん勝ってはいない。けれど、前節もそうでしたが、失点したあとの粘り強さ、2点目を与えなかったことが、この結果を生んでいることは確か。指揮官の言う粘り強さ、うまくいかない流れをひたすら我慢。そして「最後まで諦めずに点を取りに行く」(DAZN)と言うとおりの結果。そして勝ち得た勝ち点1。順位は8位に落ちましたが、首位との勝ち点差はわずか2でしかありません。

ただ、怪我人の様子がちょっと心配です。どう工面して次節を迎えるのか。

なかなかのスタートであり、そして早くも正念場を迎えているとも思えます。次節はアウェーで福岡戦です。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/601-ffe58a28