3月19日(日)
【J2第4節】(レベスタ)
福岡 2-1(前半0-0)熊本
<得点者>
[福]冨安健洋(54分)、ウェリントン(76分)
[熊]巻誠一郎(66分)
<退場>
[熊]黒木晃平(73分)
<警告>
[福]石津大介(83分)
[熊]上里一将(68分)、グスタボ(83分)
観衆:9,008人
主審:廣瀬格


「自分の名前を呼ばれた時に福岡の皆さんも拍手していただいたので、すごく嬉しかったです」(熊本蹴球通信)。福岡の下部組織で育ちトップ昇格した光永にとって、この”古巣”との対戦は待ち望んでいたものだったでしょうが、けれど、まさか自分がCBというポジションでレベスタに立つとは思ってもいなかったでしょうね。しかし、緊急避難的とはいえなかなかどうして。ニューイヤーカップからの実戦経験もあってのことか、あの福岡のFWウェリントン相手に一歩も引かない堂々とした戦いぶり。そして、この日の熊本の得点の起点まで作りました。

戦前、「厳しいゲームになることは予想できる。どこまで身体を張れるかが勝負になる」(DAZN)と言っていた清川監督。序盤からそれを体現する熊本の選手たちの姿がありました。前から猛烈なプレッシング。後ろも連動した組織的な守備。そもそもこれが熊本の持ち味でしたが、開幕から3試合はこれが”はまらず”、課題を残していました。

しかし今日の熊本は見違えるほど出足が早い。二人、三人でボールホルダーに詰め寄る、奪う。奪いきる。J1を1年で降格してきた福岡も、今季はよりポゼッションを目指していますが、切り替えの早い熊本に手を焼きます。

前節と同じ布陣となった巻と八久保の2トップもはまっていました。巻が収める。頭で反らしたところに八久保や嶋田、林が飛び込む。そんな巻の存在感を、福岡のDF陣が煙たがっていたのは間違いないでしょう。

20170319福岡

12分頃だったでしょうか。中盤でのボールへの競い合い。頭で競りに行った巻に対して、福岡・岩下のハイキックが完璧に顔面に入ります。もんどりうった巻が動かない。目も開けていない。急きょ安とグスタボにアップが命じられます。

結局、巻は血の滲んだユニフォームを着替えて、ピッチに戻りますが、しかしこの岩下の危険きわまりない(ひょっとしたら巻の選手生命まで奪いかねない)プレーに対して、何のカードも示されなかったのは何故なのか。にこやかに試合を再開する廣瀬主審。理解に苦しみます。

前半から左SB・片山からの攻撃がいい。右サイドで粘って繋いで左に大きく展開。片山からのアーリークロスにファーの巻のヘディング。これはGKがセーブしますが、非常にいい展開。押し込む熊本。

40分には片山が上がって、アーリークロス。福岡DFのクリアが右へ。林が拾って、巻くように撃ったシュートはGKの手が届かない軌道。しかし、ゴールマウス直前でDF富安のヘッドに阻まれます。

逆に福岡は前半終了間際、石津からの右CKにウェリントンのヘッドが炸裂。しかし、これはバーに当たり難を逃れました。

「やろうとしていることはできた。後半それをより一層強めていきたい」(DAZN)と前半を振り返った清川監督でした。後半は、開始早々から攻守の切り替えが更に早い、見応えのある試合展開になります。

そんな中、福岡に与えた右CK。ファーのウェリントンに飛んだボールには対処したものの、そのヘディングが中央にいた富安に繋がる。フリーでヘディングできた富安。ゴール左ポストに当てるとボールはゴールに転がり込みます。福岡が均衡を破る。

熊本は八久保に代えて安を入れました。開幕戦で2得点の安は、臀部の負傷でここ2試合を欠場していた。満を持しての投入でした。対する福岡は松田をポッピにスウィッチ。

すると66分、ボール保持から左で光永が持ち上がっていきスルーパスを送る。「ボールを受けた時にプレッシャーに来る選手がいなかったので、顔を上げながら運べて、パスコースが見えました」(熊本蹴球通信)という光永。その先にいたのは片山。追いついてサイドをえぐる。柔らかいクロス。ファーで巻が動きなおす。福岡DFのブラインドからマイナスぎみになったクロスを頭を振ってゴール右に押し込みます。同点!

顔に入った岩下のキックによって、唇も顎も腫れていました。おそらく口の中も切っているに違いない。それでもこのチャンスに懸命に首を振った。ゴールのあとに片山としっかりと抱き合う。しかし痛みもあって、言葉を発せられなかったに違い有りません。

69分には逆転のチャンス。嶋田が右サイドの黒木に通すと、低くて早いシュート性のグラウンダーのクロス。誰かが触ればというところでしたが、抜けていきます。

同点にされた福岡は、ボランチ・ダニルソンに代えてFW坂田を入れる。熊本は殊勲の巻に代えてグスタボ。

しかしそのすぐ後、前がかりになっていた熊本。福岡の大きなキックに園田がかぶって、それを拾ってポッピが運ぼうとするところ。抜ければGKと1対1。横から黒木がスライディング。しかしこれが決定機会阻止として一発レッドカードが示されます。

一人少なくなった熊本。右SBには村上が下がり、中盤は上里を底辺にした3枚に。その直後、連続した福岡のリスタート。左CKのクリアを拾った福岡・石津がクロスを入れる。大外に構えていたのはウェリントン。高い打点のヘディングで押し込む。落ち着かないところを突いてきた、福岡の”勝負強さ”が感じられました。

熊本は嶋田に代えて齋藤を入れ、4-3-2に。アディッショナルタイムのFKのチャンスには、前節と同じようにGK佐藤も上がりましたが得点できず。敗戦の笛を聞きました。

いつも以上に悔しさがにじむ敗戦でした。それはバトルオブ九州だからということもありますが、手応えを感じる内容だったのにもかかわらず勝負には負けたこと。あるいは、あれほどの傷を負いながら同点弾を決めた巻の意地が報われなかったことか・・・。

しかし、敗戦のなかでは忘れ去られがちになる自チームの得点のなかで、今日の巻の得点だけは、きっとずっと忘れられないものになるだろうとも思いました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/602-7e75aa73