2017.04.25 連勝。金沢戦
4月23日(日)
【J2第9節】(石川西部)
金沢 0-2(前半0-0)熊本
<得点者>
[熊]グスタボ(70分)、嶋田慎太郎(87分)
<警告>
[熊]片山奨典(57分)
観衆:3,322人
主審:井上知大


「最初に風上を取ろうと話していたが、コイントスで取れなかったので前半は耐える展開になると予想していた。その前半を耐えられたことが勝利につながった」(熊日・GK佐藤談)。

一番後ろから見ていた、佐藤の冷静なコメントがこの日の試合内容を端的に表しているようで。それにしても、色々と難しいことの多かったこの試合を、よく勝利しました。

もちろん佐藤が言うように風下になった前半の難しさもあった。その風に乗じて金沢は前節の敗戦を挽回すべく、これまでホームでは無敗という自信をベースに出だしから勢いよく押し込んでくる。

一方の熊本は、前節”特別な日”の勝利で4連敗を止めた。しかし、これがひと仕事を終えた”達成感”になって、どことなくひと安心になってしまっていないか。そんな事情もあり、快勝のあとの指揮官の手綱さばきも、難しいものがあったと思うのです。

システムは互いに4-4-2。完全にミラーゲームですが、マンツーマンディフェンスを敷く金沢の方が、やり易さを感じていたでしょう。熊本の2トップは、前節初得点をあげたグスタボ。それに平繁。

20170423金沢

今節、日曜日最後の時間帯の試合であり、終了した他会場の結果を加味すると、金沢は20位、熊本は19位という対戦。互いに2勝2分4敗。今季から経験豊富な柳下監督が率いている。負けた方が20位に確定する。

セカンドボールを拾い、金沢のプレスをうまく剥いでボールを進める。それが清川・熊本の狙いでしたが、金沢の球際の強さに後手を踏む。セカンドは金沢に収まり、ボールを動かしてゴール前に運ぶ。熊本も村上のミドルや、嶋田のバー直撃のシュートなど惜しい場面を作りますが、やや防戦の雰囲気。

そして、この日のDAZNの中継。実況のアナウンサーや解説の佐藤悠介氏が、金沢の出来を誉めるに誉める。けれど、ホームとはいえ「これぐらいのプレーで、ここまで”手放し”で誉めるかなぁ」という違和感。そして、この二人がホーム金沢を誉めれば誉めるほど、何故か「勝機があるな」と思えてくるのでした。記憶は確かではありませんが、いつか栃木に勝ったときも、こんなちょっと偏った解説があったあとだったような気がして・・・。

そういう意味では、落ち着いて見ていたかも知れませんね。金沢がボール支配率は上回っていましたが、コースは切れて、枠は外れていた。唯一ヒヤリとしたのは前半終了間際、金沢が左サイドを抜けて入れたクロス。ニアでFW佐藤が角度を変えた。中央に走り込んだ大槻のタイミングはドンピシャ。しかしシュートは片山がブロックしました。

そんな前半を評して、柳下監督は「悪くはないけど、難しいゲームになると思う」と言って控え室に去る(DAZN)。試合展開の”臭い”を感じていたようです。

後半風上に立った熊本が押し込む。バックパスに球際厳しく金沢が行く。よくセカンドを拾って作り直している。

金沢のFW中美をべた褒めの解説・佐藤氏。「あとは得点だけ」。しかし柳下監督が、その中美を下げて山崎を入れると「中美はまだ出来た感じがしましたけどね」と。かみ合わない…。

熊本は平繁に代えて巻。このシーズン、巻の役割が際立っているような気がします。ターゲットとして前線に張るだけではない。中盤に落ちてきて、敵のCBやボランチを引き寄せ、潰れ役になってボールを繋ぐ。そしてそれがチャンスに繋がる。

先制点はカウンター攻撃でした。自陣深くから村上が出すと、巻がヘッドで繋ぐ。一旦金沢のDFにカットされますが、このバックパスにグスタボが追いつく。奪ってドリブルで運ぶと背走するのは廣井。グスタボはPAに侵入するや否や意表を突いて左足トゥキックのシュート。これが廣井の股を抜いて、ゴールニアサイドに突き刺さります。我慢に我慢を重ね、ワンチャンスをものにした先制点でした。

前節に続き連続得点で、その能力を見せ付けたグスタボでしたが、この1週間の練習では”心配”もありました。水曜日の練習では清川監督からの説教をくらいます。「気が緩んでいて、あまりによくなかったので練習を止めさせた。そのまま帰らそうかと思ったくらい。(トレーニング中の通訳を兼ねる)フィジカルコーチを通じて説教した」(くまにちコム・がんばれロアッソ熊本!)。
調子に乗ればどこまでも乗る。乗らない場合との波の激しいブラジル人気質。ここでも、ちょっと難しいマネジメントを清川監督がやっていたことがわかります。その結果が、この日の連続ゴールなのだと。

セカンドボールが熊本に収まり始める。それまで勢いのあった金沢がなんだかモタモタしてきた。熊本は黒木のところに小谷を入れた。怪我から復帰してきた小谷でしたが、右SBはぶっつけ本番。しかし、この起用に応えるように要所で金沢の攻撃の芽を摘む。非常に効いている。

この1点をなんとか守りきりたい。そう思っていた終了間際の87分。中盤で奪って嶋田がはたくようにグスタボへ渡す。グスタボは縦にドリブル。金沢のDFが慌てて背走すると、グスタボはエリアの前で追走してきた中央の嶋田へ折り返す。背後を抜けたパスに、回り込みなおした嶋田が冷静に左足で蹴りこむ。きっちりと追加点にします。さすがの解説の佐藤氏も、もう黙り込むしかありませんでした。

強引に撃つこともできたグスタボ。人を使うことも出来る視野を披露してアシストを付けました。

9節にしてアウェー初勝利。そして今シーズン初の連勝。それも2試合連続でのクリーンシートによる勝利。これは大きな自信になるに違いありません。それも、ピンチを凌いで凌いで、粘り強く戦って”勝機”を掴んだゲーム運びの勝利。順位はまだまだ17位ですが、中位はもちろん、上位もうかがえる状況です。

終了間際には、モルベッキも試せた。これから迎えるGWの連戦。総力戦のなか、多くのタレントの力が必要です。次はどの選手が活躍するのか。期待が膨らんできます。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/607-c8ba6c14