6月21日
第97回天皇杯全日本サッカー選手権【2回戦】
水戸 1-2(延長)熊本 [Ksスタ]
[水]伊藤槙人(10分)
[熊]上里一将(72分)、菅沼実(118分)


水戸には行けていません。twitterのタイムライン上で試合展開を追いかけ、あとは熊日を読んだだけなので多くは語れませんが、とても大切な勝利だったので感想を短く書き留めておきます。

リーグ残留を目下の目標に掲げて指揮官が交代した熊本にとって、天皇杯というカップ戦の位置づけは複雑なものでした。ファンのなかにも「カップ戦はそこそこに。体力を温存してリーグ戦に注力すべき」という意見もありました。ただ、前節、池谷新体制の初戦を落とした熊本。次節を迎える前にミッドウィークとはいえ、リーグ戦とは違ったカップ戦という公式戦を戦えることは”いい巡り合わせ”だな、とわれわれは思いました。

案の定、池谷監督はターンオーバーよろしくこの試合、これまで試合出場の少なかった(なかった)選手を中心にスタメンを組んだ。そして、もうひとつは、前節緊急避難的に途中から敷いた3バックを、試合当初から試した。いわば、選手のテストと、フォーメーションの本格的なテストを、J2という同カテゴリー(しかも好調の水戸)相手に実戦で試せたというのは、それだけでも貴重なゲームと言えました。

さらに、勝利という結果で終えて。

早々と失点して心配されましたが、「その後から内容が好転した」(熊日)といいます。三鬼が得たPKを上里が決めて同点としますが、90分では決着がつかず。しかし、必ず決着をつけるという天皇杯のレギュレーション。同点で終わってモヤモヤするより、延長戦の結果、菅沼の決勝弾で勝利に終わったという決着も、大いに自信を取り戻すことに繋がったと思います。

GK畑、DFイム、村上、米原、MF黒木、上村、上里、三鬼、FW中山、菅沼、巻という3-4-2-1という布陣は、相手とのミスマッチを生むだけでなく「自分たちで長くボールを保持し、守備に追われる時間が少なかったことが終盤まで走れた要因」(熊日)と上村。

「ゴールを取るためには、あと一工夫が必要」と、池谷監督は課題を明確に認識する。「自分自身のプレーはまだまだ良くなる」というのは決勝弾を決めた菅沼の台詞。出場が待望されていたベテランの確信めいた受け答えが、”決意”にも聞こえて頼もしい。

さぁ、この日の選手起用、フォーメーションテストが、次の日曜日のリーグ戦にどのように効果や影響を与えるのでしょうか。実に楽しみです。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/618-e60f54d8